日本で初めて発売されたiPhone、約10年の変化がエモすぎて涙腺が崩壊しそう

日本で初めて発売されたのは、iPhone 3G。数年ぶりに電源を入れてみると……懐かしいあの面々が。

でも、日本で最初に発売されたのはそれから約1年後の「iPhone 3G」でした。孫さん!

丸くて分厚い…。当時は、謎端末だった(あと電波が…)のでガラケーと2台持ちする人もいましたね。

Yui Kashima / BuzzFeed

ちなみにこの端末は8GB。iPhone 3Gの容量は、8GBと16GBだけでした。

iPhone 7は32GB、128GB、256GBです。ケタがひとつ増えてる。

充電して、電源を入れてみる。

Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed, Yui Kashima / BuzzFeed

「充電ケーブルの指す部分、大っきくない?」

「充電するときの電池マーク。これをアレンジする壁紙、流行ったよね! 」

電源をいれるときに出る「ロック解除」の文字がノスタルジー感を醸し出します。今は指紋認証だもの。

使ってみると、やや「もっさり」しているけれど、普通に使える。でもなんだかデザインが懐かしい。

Yui Kashima / BuzzFeed

「バン!ってやって連絡先交換するやつ〜〜!」

「bump!」

初対面の人同士で、これがうまくいかないと気まずくなりました。

写真を比べてみると…

Yui Kashima / BuzzFeed

左がiPhone 7、右がiPhone 3G。

正直、もっと違いが出ると思ったのですが、これは少し予想外。3Gもきれいに写真が撮れます。

よく見ると、iPhone 7の方が背景がボケていて、被写体がくっきりしている。

Yui Kashima / BuzzFeed

左がiPhone 7、右がiPhone 3G。

正直、もっと違いが出ると思ったのですが、これは少し予想外。3Gもきれいに写真が撮れます。

よく見ると、iPhone 7の方が背景がボケていて、被写体がくっきりしている。

← スライド →
Yui Kashima / BuzzFeed

左がiPhone 7、右がiPhone 3G。

正直、もっと違いが出ると思ったのですが、これは少し予想外。3Gもきれいに写真が撮れます。

よく見ると、iPhone 7の方が背景がボケていて、被写体がくっきりしている。

一番最後に同期した当時(2011年)のFacebookを見てみる。Twitterらしさしかない。

チェックインするfoursquareが流行った!

今や、結婚・出産・仕事といった【私事】を公に発表する場所となったFacebookも、昔は気軽なつぶやきが投稿されるアプリでした。

次にTwitter(2011年)を開いてみる。牧歌的で泣きそう。

「画像を上げると出る"twitpic"!」

「NHK_PRさんのアイコン!」

「Twitterがブームになった時、つぶやきシローがめっちゃ人気だったよね」

「引用するとき『""』とか『RT』『QT』ってつける文化があった! 連なりすぎることあったよね」

「naver_jpの『飲まねいばー』ってかけてるのかな」

「〜なぅ!」

懐かしさが溢れでます。

あまりに身近で忘れがちですが、いろんな生活をかえてきたiPhone。これからどんな風に私たちの生活を変えていくんでしょうね🍎