どうして今まで思いつかなかったの…!? お香なマッチがTwitterで話題

    職人同士が生み出したアイディア商品

    お香の歴史上、最大のアップデートがきました。

    Annarise / Getty Images

    飛鳥時代に日本に入ってきたと言われるお香。火をつけて、軸に灯す。これが一連の流れです。

    ※この記事から商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元される場合があります。

    パッと見ると、マッチに見えるこれ。お香なんです。

    hibi

    先端部分がマッチ、軸がお香として作られた「hibi」。

    マッチを擦るように火をつければ、柔らかな香りが立ち上ります。

    hibi

    この斬新なアイディアがTwitterでも話題になりました。

    日本の職人さんが作ったマッチ・・・なんだけど、軸の部分はお香になっています。受け皿付き。 これはすごいアイデア商品だと思う。 北島富作商店で販売中。

    どうして今まで思いつかなかったんだろう…? 盲点を解決する感じがすごい。

    地場産業のコラボで生まれた「hibi

    hibi

    正直マッチって使いますか?

    需要が少なくなってきている中、神戸マッチの嵯峨山社長は「売れなくても、マッチの着火機能を残せれば…」と考えている中で、あることをひらめきます。

    「マッチ機能がついたお香を作ってみたい」

    そこで、お香のメーカーである大発の下村社長に、嵯峨山社長自ら話しをもちかけて生まれたのが「hibi」でした。

    マッチもお香も姫路〜淡路島を中心にした地場産業。マッチは全国の9割、お香は全国の7割を占めています。

    hibi

    お香は力を加えるとパキンと折れてしまう。でも、固くすると火が燃え移らない…。

    「普通のマッチと変わらないようにしたい」と、試作を繰り返して、今のカタチになりました。

    hibi / Via youtu.be

    マッチみたいに火をおこせるお香なら、気軽に香りが楽しめますね。

    hibi / Via goo.gl

    価格は700円ほど。ちょっとしたギフトにもちょうどよさそうですね。

    調べてみると他にも変わったお香がたくさんありました👀バニラ風の香りが漂う紙のお香

    Yahoo!ショッピング / Via store.shopping.yahoo.co.jp

    森の香りが楽しめるひのきのお香

    Yahoo!ショッピング / Via store.shopping.yahoo.co.jp

    不二家のネクターの香りを再現したお線香も✨

    Yahoo!ショッピング / Via store.shopping.yahoo.co.jp, Via goo.gl

    お菓子を再現したお線香はサクマドロップス不二家ミルキーなどがあります。

    ぜひ自分の好みに合うお香を探してみてくださいね。

    ※この記事から商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元される場合があります。