お母さんがいなくなった。お父さんの苦労は、子どもに伝わっている

父が娘に隠していること。

夫婦のどちらかが、何らかの理由でいなくなったとき、残された家族はどうすごすのでしょうか? たとえば、父と娘で生きていくことになったとき、どうなるか。

高校3年生のみどり(@pikatiro3)さんのTweetが話題になりました。それは、高校に通う3年間、毎日お弁当を作り続けたお父さんへの感謝の気持ち。

今日は高校生活最後のお弁当 🍱 派手に泣かされました。 ほんとに感動しちゃった。 素敵なパパだなって改めて思った パパがわたしのパパでよかった ☺️ 大好きです、3年間おつかれさま! パパのお弁当はせかいいち。

みどりさんのお母さんは彼女が中学二年生のときに、家を出ていきました。

「正直ショックというか、ぽっかり穴が空いたかんじだった。見捨てられちゃったとか、そんなことまで思っちゃって毎日 情緒不安定でわけもわからず涙が出ていた」

と当時を振りかえります。一人っ子だったみどりさんは、その日からお父さんとの二人三脚の生活をすることになりました。

「ご飯を作れなかったパパ」。できあいのごはんを買ってきていた当初。お弁当にも苦労していた…。

高校入学時、はじめてのお弁当 / @pikatiro3

日常的に料理をしたことがない父親。まだ自立するには早すぎる子ども。でも食事は摂らなくてはなりません。

できあいのものでなんとか食事を整えても、どうしても栄養が偏ってしまいます。そこで、みどりさんのお父さんは少しずつ料理を作るようになっていきました。

みどりさん自身も、掃除や洗濯、洗い物などの家事を覚えていったそうです。しかし「ママの仕事って思ったより大変」だと痛感したと語ります。

「それから4年が経った今、パパは料理がとてもうまくなった」

みどりさん、高校最後のお弁当 / @pikatiro3

きれいに盛り付けられた色とりどりのお弁当は、愛情たっぷり。今ではクックパッドに料理を載せてコメントをもらうまでになりました。

慣れない家事と仕事。どうやって両立させていたのでしょうか? ここには秘密がありました。

「仕事も家事をしやすいように早く上がれる小さな会社に変えているのを実は知っています😌 お父さんからは言わないんですけどね」

お父さんは転職していたのです。

「仕事を犠牲にしてまで家族をまもれる父の強さってすごいですよね」

家から出ていったお母さんへ思うこと。

恵方巻き 👹👹 お互い沈黙がダメだから 笑いすぎてパパは鼻から イクラを出しました。 今年の恵方巻きおいしすぎた 🍙!

お父さんとは友だちのように仲がよく、将来の話も多く交わすみどりさん。では、お母さんについてはどういう想いを抱いているのでしょうか。母の日にこのようなツイートをしています。

「ママがいなくなってから、ママの大きさ、大切さ、がんばってたこといろんなところに気づけた」

「もう今じゃ遅いけど、もしまた会えたらたくさんのありがとうと、成長できたところをたくさんたくさん褒めてほしいし会えなかった空間をぎゅっとして埋めたい」