ブルーボトル流、家でも美味しいコーヒーを作る方法

    混雑しているブルーボトルの"攻略法"も聞いてきました。

    「家でコーヒーを飲む人をもっと増やしたい」

    Yui Kashima / BuzzFeed

    そう語るのは、ブルーボトルコーヒー・ジャパンのPRマネジャー齋藤友香さん。

    ブルーボトルでは、自宅でもお店の味が再現できるようワークショップを開催したり、ドリッパーを開発しています。

    「家でコーヒーを淹れるには、腕はないし、時間はかかるし…」と思っていたら、2分ほどでおいしいコーヒーにありつけました。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    コーヒーを出してくれたのは、ブルーボトルのトレーナー/ バリスタである藤岡響さん。100名以上いるバリスタの「先生」である藤岡さんに豆の選び方からコーヒーの淹れ方まで教わってきました。

    コーヒー豆は、買ってから2〜3日後がおいしい。

    ブルーボトルでは、豆の賞味期限を2週間と設定しており、また、購入後2〜3日後がおいしいと勧めているそうです。

    「豆からガスが出て、味が変化していくので賞味期限を設けています。とはいえ、フレッシュすぎると味が出ない。人間と一緒ですね」

    豆を保管するのは、冷暗所がベスト。

    「長期保存の際に冷凍庫や冷蔵庫を使用される方もいらっしゃいますが、コーヒー豆は周りの香りを吸う性質ももっています。なので、冷蔵庫はおすすめしていません。豆が結露してしまうこともあります。新鮮なまま使い切っていただく方が良いと思います」

    コーヒーの味に最も大きく影響するのが「挽き方」。

    左:粗め / 右:中粗挽き / Yui Kashima / BuzzFeed

    同じ豆でも挽き方によって濃くも薄くもなると言う藤岡さん。

    「ドリップコーヒーは中細挽きがオススメですが、コーヒー豆のエキスが効率よく出るのが細かいもの。エスプレッソなどは細かく挽きます」

    ブルーボトル秘伝のレシピ

    Yui Kashima / BuzzFeed

    用意するのは、粉を30g、お湯を350ml。

    「コーヒーは2倍の水分を吸うので、出来上がりは290mlくらいになります」

    これくらいの量だと、温度による味の変化も楽しめるのだそう。

    気をつける点は以下のとおり。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    1)お湯はだいたい90度前後(ブルーボトルでは92度に統一)

    2)お湯は、外側から内側に。均一に広がるように注ぎ入れる

    3)8〜12秒かけて回し入れる。これを4回繰り返す

    ガスが出て、膨らんでくる。落ち着いたら再びお湯を注ぎいれる。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    回数を分けるのは、コーヒーの旨味を引き出すため。

    「豆がずっとお湯に浸かっていると、苦味が出てきてしまいます。甘みを引き出すのが大事です」

    コーヒーの味わいは、酸味→甘み→苦味の順番で出てくる。

    Rodrigo Arangua / AFP / Getty Images

    コーヒーはもともとフルーツです。「苦味を引き出すということは意図されていません」と藤岡さん。

    「一方、酸っぱいだけだと食べづらい。レモンをそのままかじる人はあまりいませんよね。レモンに甘みが加わったのが、オレンジやグレープフルーツ。コーヒーも同じで甘みを引き出すことが理想です」

    Yui Kashima / BuzzFeed

    必要なものは意外と少なく、時間もあまりかからない。ゆっくり抽出すると渋くなってしまうくらい。案外、ハンドドリップは敷居が低いのかもしれません。

    おまけ:ブルーボトルコーヒーはいつ行けば並ばずにすむの?

    中目黒 / Yui Kashima / BuzzFeed

    ――店舗によって混雑時間は違うのですか?

    違いますね。新宿と品川はテナントに入っているので多くの人に来ていただいてます。とはいえ、品川はオフィス街なので週末だと少しゆとりがあります。

    Takumi Ota

    青山は、海外のアジア圏の観光客の方が多く、観光シーズンは特に混雑していますね。

    中目黒は、週末は混雑している日も多いですが、平日は地域の方が多く、週末に比べるとゆったりとしてますね。ここはコーヒーを体験してもらうことをベースに設計しているので、イベント開催時は多くの方で賑わいます。

    六本木はビジネスワーカーのリズムで混雑します。平日の朝、ランチ直後…など以外は比較的ゆったりと過ごしていただけます。緑も見える立地なので休日、美術館の帰りなどにゆっくりコーヒーを飲みにお立ち寄りいただければと思います。