安達祐実、榎本加奈子の今が正直信じられん……――家なき子から25年

    美しい。ただただ美しい。

    「同情するなら金をくれ!」で一世を風靡したドラマ『家なき子』。放映されたのは1994年です。つまり……25年前!

    時事通信

    家庭内暴力に苦しむ少女、すずが理不尽な状況にも負けず力強く生きていく様を描いたドラマ。

    当時12歳の安達祐実さんは……

    こんなにお美しくなりました。

    お酒を飲む姿も素敵です。

    クリスマスパーティーには手料理を……。

    キャラものも着こなす37歳です。国宝!

    おちゃめな面も兼ね備えた……

    大人のお姉さま。

    へええ! みなさんと同級生なの!? やば…

    『家なき子』といえば、「絵里花がたとえてあげる」の榎本加奈子さんも忘れてはなりません。

    時事通信

    すずをいじめるお嬢様、絵里花。

    絵里花がビーナスなら、あなたはただのナス

    絵里花がフランス料理なら、貴女はそうね、ねこまんま

    なかなかパンチの効いた台詞を言う役でした。

    絵里花を演じた榎本加奈子さんは、元プロ野球選手の佐々木主浩さんと結婚し、4児の母として家庭を支えています。

    旦那様と一緒に釣りを楽しんだり

    競馬を楽しんだり

    夫婦でお店でご飯を食べることも。

    お顔、小さい……。美しい。

    はい、可愛い〜〜。