• odekake badge

もふもふ心を満たせるウサギの楽園に行くと、その裏にある歴史もいっぱい勉強できたよ。

瀬戸内海に浮かぶウサギの楽園が、世界的な話題です。行ってみました。

海に浮かぶウサギの楽園、ご存じですか?

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

右を向いても左を向いてもウサギ。

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

ベンチの下も、日陰で涼むウサギのむれ。

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

ここは瀬戸内海に浮かぶ、広島県竹原市の大久野島です。島に渡る船の切符売り場も、この通り。

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

大久野島はもともと、ウサギが多いことで地元では知られていました。近年は海外のSNSや英BBC放送で取り上げられ、知名度が世界的に高まっています。

YouTubeでこの動画を見る

BBC / Via youtube.com

大久野島を紹介する英BBCの番組。200万回以上再生されています。

大久野島には、竹原市の忠海港から船で渡ります。

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

忠海港はJR呉線忠海駅から徒歩数分。駐車場もあります。

この港からは、写真の小型客船とフェリーが1時間に計1〜2本のペースで運行されています。

乗船時間は15分ほどで、あっという間につきます。フェリーは忠海港から大久野島を経由して大三島(愛媛県)盛港との間を往復しているため、盛港から大久野島に向かうこともできます。

詳しいアクセス方法はこちらに。

島でウサギさんと遊びたいなら、忠海港でエサを買うことを忘れずに。

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

出港し、客船の座席に据え付けられたウサギの関するQ&Aを読んでいると....

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

大久野島から忠海に向かうフェリーとすれ違いました。

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

フェリーは前後が完全に対称になっています。Uターンせずに入港し、そのまま出港できる仕組みです。

瀬戸内の海はとても穏やか。海面が鏡のようです。

15分で大久野島に!

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

桟橋からは、宿泊施設やレストランのある「休暇村大久野」島までの無料送迎バスもあります。徒歩でも10分程度のため、今回はてくてく歩くことにしました。

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

島は周囲4キロ程度。休暇村のレンタサイクルを使えば30分ほどで一周できる大きさです。島内に民家はなく、休暇村の宿舎やキャンプ場などが点在しています。

島内は一般車両は走行禁止で、フェリーで車を持ち込んだ場合、桟橋近くの駐車場に止めることになります。忠海港か盛港に止めて、徒歩で乗船する方が良いかもしれません。

桟橋前の乗船切符売り場に、いきなりウサギ!

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

おっ!

テンションが上がります!

ベンチの下にもウサギ!

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

島の至る所にウサギ。エサを手にすると近寄ってきます。

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

海が綺麗!

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

海水浴場もあります。夏はサイコー。

あれ。ウサギを追っていくと、こんな残骸のようなものが。

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

毒ガスの貯蔵庫?!

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

そう。大久野島は戦前から戦時中にかけて、日本軍が毒ガス(化学兵器)を製造する工場として使われていたのです。

秘密保持のため、戦時中は地図から大久野島が削除され、「地図にない島」とも呼ばれました。

毒ガス関連施設は戦後、米軍などの手で破壊され、のちに海水浴やキャンプ、ホテルでの宿泊などを楽しめる「休暇村」として整備されました。

なお、日本政府は現在も、中国大陸に遺棄された旧軍の化学兵器の処理作業を続けています

いまでは平和なウサギの島に、こんな歴史もあるのです。

島内には毒ガス資料館があり、その歴史と被害の実態を学ぶことができます。

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

大久野島毒ガス資料館です。

毒ガスの製造に徴用された地元の人々の間にも、不十分な防備体制の中で多くの犠牲者が出ました。戦後も肺などの後遺症に苦しむ人が相次ぎ、2000人を超える人々が毒ガスによる障害と認定されています。

毒ガス製造の歴史を巡るスタディツアーで学ぶ子供たちも。

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

周囲の海で採れるタコをいかした料理もおいしい!

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

休暇村大久野島」では、宿泊だけでなく温泉の日帰り入浴、ランチもできます。

ぷりっぷりのタコが入った炊き込みご飯がおいしい!

今はすっかり平和な島でウサギさんはのんびり

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

もふもふ。

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

いかがです?ウサギの楽園への旅。

最後に、注意点が2つ!

Yoshihiro Kando/BuzzFeed

ウサギの島に行くにあたって、注意点が二つあります。

まず、ウサギを追いかけ回したり、抱っこしたりしないこと。これらは客船内にも案内のプレートがありますから、じっくり読んでください。

もう一つは、船に関することです。

船の定員数が少なく、週末や連休の時期にお客さんが乗り切れないことがあるのです。そうなると、次の便まで待つことになります。

早めの便を目指したうえで、早めに港に着くのが肝心です。

では、ウサギさんたちと楽しい旅を!