「避難所は全員受け入れが望ましい」安倍首相、ホームレス受け入れ拒否問題で答弁

    台東区が台風で設置した避難所にホームレスを受け入れなかった問題。安倍首相は「避難所は全員受け入れるのが望ましい」と国会で答弁した。

    by ,

    台風19号で開設された東京都台東区の避難所で、ホームレスの人々が受け入れを拒否された問題。

    安倍晋三首相は10月15日、国会で「避難所は、すべての避難者を受け入れるのが望ましい」と答弁し、台東区に事実関係を問い合わせる考えを示した。

    時事通信

    10月15日の参院予算委で答弁する安倍首相

    安倍首相はこの日の参議院予算委員会で、国民民主党の森ゆうこ議員(新潟選挙区)の「今回のホームレス受け入れ拒否の問題をどう思うか」という質問に答弁した。

    「避難所は、災害発生時に身体生命を保護するために設置される。すべての避難者を受け入れるのが望ましい」と語った。

    そのうえで、「関係自治体に確認し、適切な対応をしていきたい」と述べた。

    防災相「台東区に確認し対処」

    武田良太・防災担当相も答弁に立ち、「昨日の報道によるものと承知している。人命第一。人命を守るために全力を尽くさねばならないと考えている」と発言。

    武田氏も避難所について「すべての避難者を適切に受け入れるべき」という認識を示し、「関係自治体に情報を確認して適切に対応したい」と述べた。

    ホームレス受け入れ拒否問題とは

    台風は12日夜に東京にもっとも大きな影響を与えると予想されていたため、複数の路上生活者・労働者支援団体などが、台東区でも見回りを行なっていた。

    一般社団法人あじいるによると、ボランティアらが上野駅周辺にいる路上生活者に、避難所の場所を示すビラなどを配り、避難を呼びかけていた。しかし実際に路上生活者が避難所に行くと、利用を断られたという。

    ボランティアが台東区役所に確認すると、「区内に住所がない」などを理由に、路上生活者の自主避難所利用を断っていたということが判明した。

    台東区「避難所は区民の施設なので」

    台東区災害対策本部は13日、BuzzFeedの取材に対し、路上生活者の自主避難所利用を断った事実を認め、次のように述べた。

    「自主避難所では入り口で避難所カードに名前や住所をご記入いただいています。そこでいらっしゃった住所不定者の方が『住所がないんです』とおっしゃり、避難所は区民の方への施設ということで、お断りをさせて頂きました」

    担当者によると、区内に住所がない路上生活者が避難所を利用できないという判断は、「区の決定」で「災害対策本部の事務局が判断した」という。

    Sumireko Tomita/BuzzFeed

    上野公園の樹木も台風で倒れた。

    上野公園で寝泊まりするホームレスの男性は13日、BuzzFeed Newsの取材に、「避難所に行こうか話し合ったけど、たぶんダメだろうと一人が言い出した。話し合っているうちに、上野公園から一番近い自主避難所の小学校まで歩いて行った仲間が『ダメだった。断られた』と帰って来た」と語った。

    災害対策基本法などでは、自治体が避難所で受け入れるのは、「居住者、滞在者、その他の者」としており、住民登録の有無に関係なく避難できる規定となっている。


    Contact Kando, Yoshihiro at yoshihiro.kando@buzzfeed.com.

    Contact Sumireko Tomita at sumireko.tomita@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here