Sponsored

こんなに違うの…関東と関西の「食文化」を比較してみた

あなたが食べているのはどっち?

1. たまごサンド

関東のたまごサンドはゆで卵をつぶしてマヨネーズをあえたものが主流です。関西でもこのタイプのたまごサンドは食べられていますが、厚焼きたまごやスクランブルエッグを挟んだたまごサンドを見かけることも珍しくありません。

関東のたまごサンドはゆで卵をつぶしてマヨネーズをあえたものが主流です。関西でもこのタイプのたまごサンドは食べられていますが、厚焼きたまごやスクランブルエッグを挟んだたまごサンドを見かけることも珍しくありません。

関東のたまごサンドはゆで卵をつぶしてマヨネーズをあえたものが主流です。関西でもこのタイプのたまごサンドは食べられていますが、厚焼きたまごやスクランブルエッグを挟んだたまごサンドを見かけることも珍しくありません。

2. お餅

関東では角餅、関西では丸餅が主流。大昔は全国共通で丸餅が主流だったのですが、江戸時代以降、餅を大量生産する方法として大きくのした餅を切り分ける角餅が生み出されました。ただ、角餅は切り口からカビが生えやすいため、温暖な気候の西日本では広まらなかったそうです。

関東では角餅、関西では丸餅が主流。大昔は全国共通で丸餅が主流だったのですが、江戸時代以降、餅を大量生産する方法として大きくのした餅を切り分ける角餅が生み出されました。ただ、角餅は切り口からカビが生えやすいため、温暖な気候の西日本では広まらなかったそうです。

関東では角餅、関西では丸餅が主流。大昔は全国共通で丸餅が主流だったのですが、江戸時代以降、餅を大量生産する方法として大きくのした餅を切り分ける角餅が生み出されました。ただ、角餅は切り口からカビが生えやすいため、温暖な気候の西日本では広まらなかったそうです。

3. ぜんざい

関東の「ぜんざい」は汁気のない甘味なのに対し、関西の「ぜんざい」は粒あんを使った汁気のある甘味を指します。ちなみに「おしるこ」は、関西では汁気のある甘味にこしあんを使ったもの、関東では汁気のある甘味すべてを指します。

関東の「ぜんざい」は汁気のない甘味なのに対し、関西の「ぜんざい」は粒あんを使った汁気のある甘味を指します。ちなみに「おしるこ」は、関西では汁気のある甘味にこしあんを使ったもの、関東では汁気のある甘味すべてを指します。

関東の「ぜんざい」は汁気のない甘味なのに対し、関西の「ぜんざい」は粒あんを使った汁気のある甘味を指します。ちなみに「おしるこ」は、関西では汁気のある甘味にこしあんを使ったもの、関東では汁気のある甘味すべてを指します。

4. 桜餅

関東の「桜餅」は、クレープ状にした小麦粉の生地で餡(あん)を包み、桜の葉でくるんだものです。一方、関西では「道明寺粉」という粉を蒸してまんじゅうの形にし、餡を包んで桜の葉でくるんだものを「桜餅」と呼んでいます。

関東の「桜餅」は、クレープ状にした小麦粉の生地で餡(あん)を包み、桜の葉でくるんだものです。一方、関西では「道明寺粉」という粉を蒸してまんじゅうの形にし、餡を包んで桜の葉でくるんだものを「桜餅」と呼んでいます。

関東の「桜餅」は、クレープ状にした小麦粉の生地で餡(あん)を包み、桜の葉でくるんだものです。一方、関西では「道明寺粉」という粉を蒸してまんじゅうの形にし、餡を包んで桜の葉でくるんだものを「桜餅」と呼んでいます。

5. いなり寿司

関東では俵型、関西では三角形と形が違います。中のご飯に関しても、関東では白い酢飯が主流なのに対し、関西では具が入っていることが多いです。

関東では俵型、関西では三角形と形が違います。中のご飯に関しても、関東では白い酢飯が主流なのに対し、関西では具が入っていることが多いです。

関東では俵型、関西では三角形と形が違います。中のご飯に関しても、関東では白い酢飯が主流なのに対し、関西では具が入っていることが多いです。

6. 食パン

関東では「6枚切り」や「8枚切り」などの薄い食パンが好まれるのに対し、関西では「4枚切り」や「5枚切り」といった厚めのものが好まれています。そのため、トーストしたときは、関東はカリカリ、関西はふかふかな食感が楽しめます。

関東では「6枚切り」や「8枚切り」などの薄い食パンが好まれるのに対し、関西では「4枚切り」や「5枚切り」といった厚めのものが好まれています。そのため、トーストしたときは、関東はカリカリ、関西はふかふかな食感が楽しめます。

関東では「6枚切り」や「8枚切り」などの薄い食パンが好まれるのに対し、関西では「4枚切り」や「5枚切り」といった厚めのものが好まれています。そのため、トーストしたときは、関東はカリカリ、関西はふかふかな食感が楽しめます。

7. ヤクルト

関東・関西に限らず、全国の食卓で愛されている、そんな商品もあるのではないでしょうか。その1つが、「ヤクルト」。

スーパーやコンビニなどお店でも、自動販売機でも、また、ご家庭やオフィスにお届けするヤクルトレディからなど、全国どこでも商品を購入することができます。

関東・関西に限らず、全国の食卓で愛されている、そんな商品もあるのではないでしょうか。その1つが、「ヤクルト」。

スーパーやコンビニなどお店でも、自動販売機でも、また、ご家庭やオフィスにお届けするヤクルトレディからなど、全国どこでも商品を購入することができます。

関東・関西に限らず、全国の食卓で愛されている、そんな商品もあるのではないでしょうか。その1つが、「ヤクルト」。

スーパーやコンビニなどお店でも、自動販売機でも、また、ご家庭やオフィスにお届けするヤクルトレディからなど、全国どこでも商品を購入することができます。

ヤクルトは、関東・関西、全国どこでも変わらず、すこやかな食卓を支えています。

「ヤクルト届けてネット」で、全国どこでも(一部エリア除く)インターネットからヤクルト商品を注文できるようになりました。おなかの調子を整えるトクホの「ヤクルト400」や「ヤクルト400LT」(宅配専用商品)などを送料無料でお届けしています。

クレジットカード支払いもでき、日中ご不在でも保冷受箱にお届け可能です。みなさんのすこやかな毎日のために、さっそくはじめてみませんか?

イラスト:Nozomi Shiya