• sustainablejp badge

ほんの少しだけ地球に優しくなれる!19のシンプルなアイデア

生活が充実するし、オシャレになって楽しいよ🌱あなたにもできる!

1. ペットボトル入りの飲料水をやめる

Blyjak / Getty Images

アメリカでは毎年、500億本以上もの飲料水ボトルが購入されているそうです。私はこれを知って、ボトル入り飲料水を買うのをやめなければ、と確信しました。

今は、勤務先ではスウェルのウォーター・ボトル、外出で持ち歩くときはコンパクトなヘルシーヒューマンのウォーターボトルを使っています。

2. 量り売りのものを買う

Hispanolistic / Getty Images

オーガニックな食材が売られているお店に行くと、ナッツやシード、その他の食材がケースに入ったコーナーがありますよね?

こうした量り売りの商品は、プラスチック製のパッケージや輸送が不要なため、環境により良い選択肢といえます。

3. 食材の保存はポリ袋の代わりにメイソンジャーを使う

Westend61 / Getty Images

もちろん、お弁当箱として、そして食べ物の保存容器として、おしゃれなガラス製または金属製のタッパーにお金をかけることもできます。

でも、メイソンジャーを使ったり、キッチンのその辺に転がっている空き瓶を使ったりすることもできます。我が家の冷蔵庫を開ければいつでも、スープ、調理済みのキヌア、自家製のアイスティー、その他のもの(大抵は残り物)がメイソンジャーに入っています。

もしメイソンジャーはあまり好きじゃないという場合、ガラス製の保存容器、ブリキ製の容器、または再利用が可能なシリコンの袋などを保存容器として試してみてください。

4. エコバッグを常に持ち歩く

Mcininch / Getty Images

街を歩いていると、お得なものにいつ出会うか分かりません。買い物に行くと分かっている時に意図的に持っていくエコバッグとは別に、とても小さくたためるエコバッグをいつも持ち歩いています。

エコバッグを持ち歩く気にはなれませんか?では、世界中で毎年推定4兆枚のレジ袋が使われていると知ったら?気持ちは変わりませんか?

5. コーヒーや紅茶を買う時に紙コップを使わない

Joco Cups / Via jococups.com

私は自宅でも職場でも、ホットドリンクを自分でいれることが多いため、会社のデスクには再利用可能なカップが常に置いてあります。

私はコーヒーショップでドリンクを買うことはほとんどありませんが、もしあなたが頻繁にコーヒーを買う人なら、持参した再生利用可能なカップに飲み物を入れてくれるようバリスタさんにお願いすることもできます。

6. ステキな茶こしを買う

Atu Images / Getty Images

何年も前にカフェインの摂取を一切やめたとき、「お茶大好き人間」になりました。そして、当時私が買っていたティーパックに入ったお茶が、実は自分で簡単に作れると気付いてからは、「ハーブ大好き人間」になりました。

今は、うちのキッチンのあらゆるところにハーブが溢れていて(当然、メイソンジャーに入れて保管しています)、それを金属製の茶こしの中でブレンドします。

楽しいし環境にやさしいし、自分の好みの通りにお茶のブレンドを作ることができます。これ以上ないってくらい、お勧めです!

7. 外出先でのおやつ用にステンレス容器のセットを購入

U Konserve / Via ukonserve.com

いくつかのサイズがセットになっている容器を買えば、重ねて収納できるし、めちゃくちゃ便利です。

私は量り売りでナッツやシードを買うことが多いのですが、それをこういった容器に入れたものをバックパックに入れて持ち歩いています。

8. 食料品店には、繰り返し利用できる野菜用の袋を持参

Lotus Bags / Via amazon.com

私は新鮮な野菜や果物をたくさん買ってしまうことが多いのですが、あるとき、果物やハーブ、野菜を入れるための小さなレジ袋は、かなり意味がないことに気付きました。

袋をまったく使わずに買い物をしたいならそれもできますが、果物や野菜をしまっておくのに繰り返し使える野菜袋を何枚か買っておくのもいいと思います。

例えばきゅうり2本を買うくらいなら袋がなくてもいいやと思うのですが、芽キャベツ1袋やトマト数個となったら、袋が必要ですよね。

9. どのブランドにお金を使うかにこだわる

Thomas Barwick / Getty Images

再利用可能なマイバッグを持ってお店に行く…だけでなく、最近はお店選びにもこだわっています。

地元のお店で買うか、それとも大手小売店で買うか?洋服を買う際は、そのブランドが環境にやさしい生地を使っているか?そのブランドは地球にやさしいか、それとも地球の汚染の一因になっているか?

そのブランドで働く人たちの労働環境や労働条件はどんなものか?オンライン・ショッピングの場合、商品の配送方法は?過剰包装か?この商品は、古着でも買えるものか?そもそも、自分にとって本当に必要なものだろうか?

こうした疑問はすべて、私が一生懸命働いて稼いだお金を使う前にしっかりと考えるポイントです。あなたもぜひ考えてみてください!

10. 木ではなく持続可能な竹から作られたトイレットペーパーを使う

amazon.com

私は自然が大好き。なので、文字通りお尻を拭くために木から作られた紙を使うなんて、正直言って失礼な気がしていました。そのため、インターネットで検索してみたら、代替え用品がたくさんネットに溢れているのを知って嬉しくなりました。

その多くは、竹から作られています。なぜ竹が木の代替えとして優れているかというと、竹はまるで雑草みたいに、育てるのが簡単だし成長のスピードも速いからです。

あなたも、このアイデアが気に入ってくれたなら、竹ペーパータオル、竹ティッシュ……日常的に使う紙製品をぜ〜んぶ、竹にしてはいかがでしょうか?

11. シャワーでは固形せっけんを使う

Jiunnlin Chen / Getty Images

せっけんやシャンプー、コンディショナーを固形のものにすれば、プラスチックの使用を減らすことができます。

12. 照明はLEDと電球型の蛍光灯だけを使う

Douglas Sacha / Getty Images

白熱ランプはあまり実用的ではありません。電球の中で作られたエネルギーの90%近くは熱(光じゃないんです!)。

それに、環境にやさしいLEDや電球型蛍光灯と比べ、もっと速いペースでの交換が必要になります。

13. カミソリだって環境に優しいものを選ぶ

Preserve / Via amazon.com

カミソリを使用中にヘッド部分が落ちるようになったら交換時。もっとも環境にやさしいものを探してみました。

そしてプリザーブ(Preserve)という商品のカミソリを見つけました。このカミソリには、海から回収されたプラスチックをリサイクルして作られた商品と、ヨーグルト・カップをリサイクルして作られた商品があります。

14. ヘアゴムはプラスチック不使用かつ生分解性のものを

Terra Ties / Via amazon.com

私は髪が多いので、常になんとかして抑える必要があります。ヘアゴムを使う人なら、ヘアゴムがすぐにどこかに消えてしまうことを知っていますよね。

そこで、環境保全の意識が高い人はどうするでしょう?私は、ヘアゴムの代わりにテラ・タイズ(Terra Ties)を買うようになりました。見かけや手触り、使い勝手はこれまで使ってきたヘアゴムとまったく変わりありません。

15. ストローは再利用可能なものだけを使用

Jennifer A Smith / Getty Images

運良く、プラスチック・ストローの反対運動は世界を席巻。金属や紙、さらにはパスタまで使った再利用可能な選択肢が簡単に手に入るようになりました。

他の選択肢としてはもちろん、ストローそのものを拒否するという方法もあります。何を選ぶかは、皆さんにお任せしますね!

16. スプレーや制汗剤などの美容製品は自作してガラス容器に

aaron007 / Getty Images

こうすることで、プラスチックを使った製品を繰り返し買わずに済むようになるだけでなく、とても安上がりになります!自作するためのレシピは、インターネットで簡単に検索できますよ。

17. リサイクルにこだわる人になる

Jacobs Stock Photography Ltd / Getty Images

まずは、アメリカのリサイクル制度は私たちの期待に応えていないという事実について触れておく必要があります。リサイクルに出されたものの大部分が、実際はリサイクルできずにゴミ廃棄場に送られているのです。

私はこれを念頭に、使い終わったら簡単に別の目的用に再利用できるものや、リサイクルされた原料から作られたもの、もしくは実際にリサイクルできると分かっているものを買うようにしています。

購入を考えるときは、原材料だけでなく、商品そのものについても見るようにしています。

これはプラスチックかな?そうか、じゃあ買うのやめようかな。ガラス製品かな?いいね!じゃあ買おう。ピクルスが入っていた容器は花瓶として使おう。これはリサイクルされた原材料から作られているかな?それならば、買って花マルあげるしハグしちゃう。

あなたが今使っている品物の中でどれだけ多くのものが、実はコップやメイソンジャー、保存用容器として代用できるか知ったらあなたはきっと驚くと思います!

18. 月経カップを使う

Bsip / Universal Images Group via Getty

生理の経血を吸わせるためにコットンを山ほど使うなんて、なんだか無駄です。なので、他の選択肢を見てみなければと思いました。

私が月経カップを使うようになって2年以上たちました。もう後戻りなんて考えられません!

19. 食生活を考え直す

Maximilian Stock Ltd. / Getty Images

私の場合は、ヴィーガンになりました。肉の消費量の削減は、それがどの程度の量であれ、将来的にカーボンフットプリントを減らし、大気への温室効果ガスの排出を減らすことに繋がります

完全なヴィーガンにならなくても、「月曜日は肉を食べない」という世界的なキャンペーン「ミートレス・マンデー 」に参加したり、どんな方法であれ自分ができる形でむやみやたらに肉を食べないよう、少しだけ心がけたりすれば、大きな力になります。

この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:松丸さとみ / 編集:BuzzFeed Japan