• odekake badge

【箱根・大人の隠れ家旅館】全25室以下&客室温泉もアリ!人気の小ぢんまり宿でおこもり時間を満喫する

日本屈指の温泉地・箱根。さまざまに素敵な宿が集まりますが、特にプライベート感あふれる4つの大人旅館を厳選しました。しつらえや食事も素晴らしいですよ!

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いいたします。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

\紹介するのはここ/
【1】いちい亭
【2】箱根強羅 白檀
【3】箱根湯宿 然-ZEN
【4】金乃竹 塔ノ澤

【1】全6室! 大人の美食温泉宿「料亭旅館 いちい亭」

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「箱根ガラスの森美術館」や「ポーラ美術館」など、仙石原の美術館が集まるエリアから車で約5分の「料亭旅館 いちい亭」。わずか6室のみ、1室の平均的な広さは20畳。ゆったりと別荘感覚で過ごせるところも魅力のお宿です。すべてのプランがお部屋食というのにも惹かれて、お邪魔しました。

温かな和のしつらえ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

庭からの光が射し込む廊下を歩き、お部屋へ。客室は和室が中心ですが、全6室のうち1室のみ、洋室もあります(別棟)。

客室玄関を入って…。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ほっとする照明が照らす畳のお部屋。お風呂はもちろん、流し台なども付いていて、まさに別荘感覚でプライベートな時間が過ごせます。家族二代など大人数での旅行にもぴったりです。

泊まったのは「宴」のお部屋。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

本日利用したのは「【絶景客室】箱根連山と庭園の眺望を愉しみながら春夏秋冬を五感で味わう本格懐石【お部屋食】」(1人3万8900円~税サ込、平日料金※2名利用時)プランです。こちらの8畳和室に…。

12畳の居間が。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

お庭に面した窓辺は、ついお昼寝したくなる気持ちよさ。

気持ちいい陽射しに癒やされる。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

遠くに山々がそびえます(お庭には出られません)。

男性も余裕で足を伸ばせるサイズの内風呂に…。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

シャワースペースもゆったりめ。

客室露天では、姥子温泉を源泉かけ流しで。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

肩こりなどにいいと言われている姥子温泉。肌触りいい透明の湯は、体を芯から温めてくれます。かけ流しで味わえる贅沢さよ…!

スキンケアもいろいろ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

洗顔などは、お肌へのやさしさにこだわるマーガレットジョセフィン! ポーチュガルのシェイブローションなど、メンズアメニティも充実していました。

夕朝食ともに、ザ・日本のお料理が味わえます。

料亭旅館 いちい亭

旬のものによる懐石です。写真は9月のもの。

夕食後は大浴場へ。

料亭旅館 いちい亭

古代檜で造られた半露天風呂は、ふんわりとした檜の香りに包まれます。自然の空気を楽しみながら、たっぷりやわらかな温泉を味わうという贅沢。雨の日でも風情がありそうですよね〜。このほか2つの無料貸切風呂があるので(こちらも温泉です)、カップルや家族で楽しみたい人は、ぜひそちらも。

夜は観光や美術館巡りの計画を立てましょう!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

玄関先に美術館や観光地のパンフレットもそろっていました。旅のプランを考えつつ、眠りにつきます。

時間を忘れてまったり過ごした1泊でした。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「料亭旅館 いちい亭では、さまざまな新型コロナウイルス対策を行っておりますので、ゆったりお過ごしいただけますとうれしいです。みなさまのお越しを、お待ちしております」(料亭旅館 いちい亭)。

宿の情報&予約はコチラから👇
「料亭旅館 いちい亭」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原高原1246-431

アクセス:箱根登山バス仙石高原バス停より徒歩10分

部屋数:6室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、くし・ブラシ、ナイトウエア、カミソリ、ボディスポンジ、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、Wi-Fiあり、宿泊した部屋のコンセント6つ

予算:2万5000円(税込)〜

【2】全室露天風呂付き! 白檀の香りとともに、極上の癒やしステイを「箱根強羅 白檀」

Wako Kanashiro / BuzzFeed

心身をおだやかにする白檀の香り。そのリラックス効果を体験できる宿として造られたのがここ「箱根強羅 白檀」です。本日は最寄りの小涌谷駅から無料送迎車を利用。館内に入ると、ふんわりと白檀の香りが迎えてくれました。

温泉露天風呂付き客室で、まったりプライベートタイムが過ごせます。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

自然と同居する美しいしつらえに、全室が露天風呂付きというのも人気の理由。内装の異なる全16室は、一間と二間のタイプに分かれます。お邪魔したのは一間約35平米の「嶮(けん)」。プランは「【スタンダード】2016年7月開業!全室源泉掛け流し露天風呂と至極の懐石料理を堪能」(2名1室7万4800円〜、税サ込)。

洗面台も広々。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

洗面台の奥はシャワーブース。そこから露天風呂があるデッキに出られます。

アメニティも贅沢です。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

女性用はミキモトコスメティックス、メンズはマーガレットジョセフィンです。右はオリジナルのオーガニック石鹸。

あると便利な充電器!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

木箱のなかには、スマートフォンなどに使える充電器が。こうしたちょっとした気遣い、うれしいですね〜。

ここならではのお香セットも。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

日本の四季をイメージした花や香木など、6種の香りが楽しめるお香セットもこちらの醍醐味。簡単に炊ける電気香炉で、それぞれロビーのショップでも販売しています(電気香炉は2万5000円、お香はセットで3000円、各税抜)。

おもてなしはまだまだ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

お茶セットや自家製のところてんも置いてありました。なんでもこのところてん、名水100選である柿田川の水で仕立てたもので、種類は10以上! 追加オーダーも可能なので(お部屋に置いてある味はランダム)、ほかの味が気になったらスタッフの方に聞いてみてくださいね。この日は酢醤油と玄米黒酢でした。

自然と調和する露天風呂がたまらん。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

デッキはもともと生えていた松の木をいかしたデザイン。ミネラル豊富な自家源泉を、掛け流しでたっぷり味わえますよ〜。贅沢だなぁ〜。

浴衣や傘帽子も。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

陽射しが強い日や小雨が降ったときにも活躍しそう!

大浴場にもぜひ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「箱根強羅 白檀」の自家源泉は、強羅のなかでも有数の黄金色をした弱アルカリ性ナトリウム塩化物泉。お肌はもちろん、冷え性や関節痛にも効果が期待できるとされています。お風呂後は、湯上がり処の日替わりアイスサービスも見逃さずに!

夜は地元食材を使った本格懐石です。

箱根強羅 白檀

食事は地元・真鶴(まなづる)町や箱根伊豆で採れた旬の懐石。先付けから始まる約13品は、美しい盛りつけにも目を見張ります。ダシや和素材を引き立てる日本酒や国産ワインなど、お酒のラインナップもなかなか。翌朝の和朝食も楽しみ!

朝も旬のものをたっぷりと。

箱根強羅 白檀

各部屋ごとに土鍋炊きのご飯が付きます。

癒やしの香りを持ち帰ろう。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

白檀の香りに包まれながら過ごした時間は、おうちでの空間作りのヒントにもなりました。館内で焚かれている白檀のお香(800円〜、税抜)も買うことができるので、気に入ったら持ち帰ってください。

日常のなかで、ふと恋しくなりそうなお宿でした。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「スタッフ間の健康管理の徹底や飛沫防止、チェックイン時のお客様への検温実施&マスク配布や各所への消毒液設置、館内施設の人数制限など、さまざまに新型コロナウイルス対策を実施しております。少しでもお客様のご不安をなくし、安全快適にお過ごしいただけるよう努めて参ります。こんな時代だからこそ、静かな箱根で時間を忘れ、本来の自分自身を取り戻す…。そんな贅沢で穏やかなひとときを、ぜひどうぞ」(箱根強羅 白檀)。

宿の情報&予約はコチラから👇
「箱根強羅 白檀」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297番5

アクセス:小涌谷駅より車で5分

部屋数:16室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、くし・ブラシ、ナイトウエア、カミソリ、ボディスポンジ、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、Wi-Fiあり、宿泊した部屋のコンセント6つ

予算:7万4800円〜(税サ込、2名1室)

【3】全9室のプライベート旅館。各観光地へのアクセス抜群な「箱根湯宿 然-ZEN-」

Wako Kanashiro / BuzzFeed

大涌谷駅から車で約5分の「箱根湯宿 然-ZEN-」は、美術館が集まる箱根観光の定番エリア(強羅・仙石原&元箱根)のちょうど中間あたりに位置。車なら仙石原エリアへは約8分、芦ノ湖のある元箱根までも約20分と、各地へのアクセスも抜群です。自然のなかでおこもりしつつ、昼間はがっつり観光や美術館巡りをしたい!という人にもってこいなお宿です。

山道を登って着いた先は、自然しかない贅沢な場所でした。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

全9室というプライベート感あふれる造りもこちらの魅力。このあたりは仙石原きっての別荘地で、周りに自然しかない静かな環境も醍醐味です。

ウエルカムドリンクをいただきながらチェックイン。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

Yahoo!トラベルでの口コミ評価も4.70(取材時点)。「実際に宿泊してさらに感動しました!!」「居心地も料理も露天風呂も最高でした」とのコメントに期待も高まります。本日は「<富士山・箱根外輪山眺望>スタンダードプラン!何もしない贅沢を・・・【然満喫プラン】」(1人1室3万4000円〜、税サ込)を予約。

バーでお酒も楽しめます。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

昼〜夜と、顔を変える景色を眺めながら一杯やるのもいいですね。

本日は富士山や箱根外輪山側のお部屋に。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

晴れた日には富士山も望む和洋室です。「箱根湯宿 然-ZEN-」には私がお邪魔した富士山・箱根外輪山に加え、森側のお部屋もあります。山々の景色が広がるこちらに対し、森側の部屋は緑あふれるリラックス空間。それぞれに魅力があるので、おこもりのほか観光旅行など、シーンによって使い分けてみてください。

ベッドはセミダブルツイン。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

寝転んだ先には、雄大な眺めが広がります。畳敷きの小上がりもあり、さまざまなスタイルで過ごせるのもいいですね。

オリジナルのお茶菓子も。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

くるみに、黒ごまや緑茶を砂糖と絡めたお菓子。緑茶とコーヒー・紅茶ともマッチしておいしい(ポリポリ)。

シンプルなデスクは機能性抜群。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ライト付きのミラーやタブレットに接続も可能なスピーカーなど、あるとうれしい設備も。

サービスドリンクも充実。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

Illyのエスプレッソマシンをはじめ、冷蔵庫には無料のビールやジュースが!

館内着もかわいらしい!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

下駄形のスリッパ、疲れた足やお風呂上がりにもうれしい〜(そしてかわいい)。

洗面スペースも和のしつらえ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

温かな照明もいい。

アメニティもひと通りそろっています。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

シャンプーなどのバスアメニティはシアバターやモリンガオイルを配合したナゴーデシアのもの。

ではでは、お風呂へ!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

こちらは大浴場ではなく、お部屋でゆったり源泉掛け流しを楽しむスタイルというのもうれしい。お湯は筋肉痛や冷え性にもよいとされる強羅温泉。メタケイ酸も豊富に含む、とろんとした美人の湯です。

シャワースペースとひと続き。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

横はシャワースペースです。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

食事はすべて個室というのもうれしいところ。

各個室のスペースもゆったり!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

夜は地元食材を使った創作会席です!

厳選食材をコースで。

箱根湯宿 然-ZEN-

相模湾・駿河湾の魚介や箱根周辺で採れたお野菜など、山海の幸が一挙に楽しめます。

朝ごはんも華やか。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

豆乳蒸しやお刺身などが並び、ボリュームも満点。1日遊び倒したあと、お部屋でそのまま温泉に浸かれて、ゆっくり個室で食事ができる。まるで家に帰ってきたような心地のよさでした。

器のセンスも素敵でした。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「全室光触媒除菌脱臭空気清浄機の設置、ロビーに次亜塩素酸水噴霧器設置など、さまざまに対策をしております。安心とくつろぎのお時間をお過ごしください」(箱根湯宿 然-ZEN-)。

宿の情報&予約はコチラから👇
「箱根湯宿 然-ZEN-」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1245-96

アクセス:箱根登山バスパレスホテル 前バス停より無料送迎車で3分

部屋数:9室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、くし・ブラシ、ナイトウエア、カミソリ、ボディスポンジ、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、Wi-Fiあり、宿泊した部屋のコンセント6つ

予算:2万7000円(税込)〜

【4】プライベートな大人旅に人気のお宿「金乃竹 塔ノ澤」

Wako Kanashiro / BuzzFeed

森のなかにたたずむ「金乃竹 塔ノ澤」は、仙石原にある大人の隠れリゾート。窓が広くとられた館内や仕切りの少ない客室と、その立地をいかして造られた開放感あふれる空間が魅力です。さらには、全室露天風呂付きというのもうれしいところ!

チェックインがてら浴衣をチョイス。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

チェックイン時から、大人らしいステイのはじまり。ラウンジ併設のロビースペースでウエルカムドリンクを飲みながら、館内の案内をうかがいます。周辺の散策マップも置いてあるので、お部屋に持っていきましょう!

お部屋は約60平米の「雫」。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

全室に露天風呂が付いた客室は、ついおこもりしたくなる居心地のよさ。先ほど書いた通り、仕切りが少ないため開放感があるんですよね〜。

窓側から見るとこんな感じ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

この広さ、伝わりますでしょうか? 導線もゆとりがあってストレスフリー、桜の木を使ったフローリングも心地よさの秘密です。せっかくなので、本日は「国産黒毛和牛の陶板焼付き懐石料理に舌鼓<京懐石スタンダードプラン>」(2名1室8万5800円〜、税サ込)で、とことん滞在を満喫してまいります!

大人宿らしいサービスの数々…!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

コーヒーメーカーで淹れる無料のコーヒーのほか、冷蔵庫にはビールや日本酒もそろいます(有料)。そしてなんと、シャンパングラスまで常備されているんですよ…! ちなみに右の写真は、QRコードで読み取れる館内案内。スパ(タイの古式マッサージを取り入れたオールハンド!)やマッサージの予約、ルームサービス、ワインリストまで見られます。

テラスからは、絵画のような景色が。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

この景色を独り占めできるのも「金乃竹 塔ノ澤」の醍醐味! かけ流しで味わえる自家源泉は、美肌やストレス解消効果が期待できるアルカリ性。こちらの浴槽は御影石(みかげいし)ですが、青森檜葉(ひば)を使ったお部屋も用意されています。

浴槽からの景色をお楽しみください。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

吸い込まれるようなグリーンが美しい。

シャワーブースも付いています。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

バスアメニティはナチュラルオーガニックブランド「パンピューリ」のもの。愛用する高級スパも多数のブランドです。

しゃれた浴衣&湯かごもあります。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

バスローブも用意されているので、好みの部屋着でくつろぎましょう。

大浴場でも客室と同じ源泉が楽しめます。

金乃竹 塔ノ澤

なめらかなお湯に癒やされます。

風呂上がりはロビーラウンジで一杯。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

オーダーはラウンジカウンターで。シャンパン片手にテラスでたたずむゲストや、カクテルをお供にリラックスする人もちらほら。

レストランも素敵です。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

お昼間は写真のようにさわやかですが、夜はムードあふれる大人な雰囲気に。体にフィットするハイバックの椅子もおしゃれですね。

メニューは京料理懐石。

金乃竹 塔ノ澤

夜は旬の食材をふんだんに使った懐石! 盛り付けも美しいですね〜。内容は季節替わりです。

朝はさわやかな緑に囲まれながら。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

朝は和洋のメニューから選べます。緑を眺めながらの朝食は、また格別!

極上のおこもり空間は、自分へのご褒美旅行にもどうぞ。

金乃竹 塔ノ澤

「当館では、ご来館いただいた方々へのウイルス感染を防ぎ、安心してご利用いただけますよう最善の環境づくりに努めてまいります」(金乃竹 塔ノ澤)。

宿の情報&予約はコチラから👇
「金乃竹 塔ノ澤」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:神奈川県足柄下郡箱根町塔之沢191

アクセス:箱根湯本駅よりタクシーで5分

部屋数:23室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、くし・ブラシ、ナイトウエア、カミソリ、ボディスポンジ、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、Wi-Fiあり、宿泊した部屋のコンセント6つ

予算:6万8640円〜(税サ込)

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。

※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。

参考記事👉【丁寧に解説】Go To トラベルキャンペーンとは?旅行会社の特典も比較