• odekake badge

箱根エリアのグルメな温泉宿をご案内。極上の「食」と「温泉」を楽しむならここ!

クオリティの高いブッフェからシェフこだわりのグリルまで、箱根には食通をもうならせるお宿がたくさんありました。お腹も心も満たされるおすすめ4軒をご案内します。※お出かけの際は十分なご留意と感染対策にご配慮をお願いいたします。

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

箱根湯本温泉 天成園

\紹介するのはここ/

【1】ホテルインディゴ箱根強羅

【2】箱根・芦ノ湖 はなをり

【3】ホテルグリーンプラザ箱根

【4】箱根湯本温泉 天成園

【1】2020年1月にオープンした注目宿。好奇心がくすぐられる「ホテルインディゴ箱根強羅」

Wako Kanashiro / BuzzFeed

世界15か国以上で展開する「ホテルインディゴ」による、日本初進出のお宿が強羅にオープンしました。内装や地元素材を使った食事が早くも評判を呼んでいる「ホテルインディゴ箱根強羅」。いったいどんな体験が待っているのでしょうか。

日本や強羅の伝統にインスパイアされたしつらえ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「ホテルインディゴ」は展開する各国各地のカルチャーを取り入れるホテル作りで知られますが、ここ「ホテルインディゴ箱根強羅」も日本と箱根(強羅)に根付く文化が随所にあしらわれています。現代のエッセンスもあわさった内装は、ユニークかつセンスが光ります。

フロント横には水をテーマにしたバーラウンジが。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

小田原みかんを使った「みかんのミモザ」や、ここオリジナルのカクテルも。夜はぐっと大人の雰囲気が漂いますよ〜。洋風の造りに見えながら、日本らしい道具が並んでいるのもおもしろい。

地元の足柄茶を飲みながらチェックイン待ちです。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

天井や盆には、箱根の伝統工芸品として知られる寄木細工が。「ホテルインディゴ箱根強羅」が提案するのは、その土地ならではの「ネイバーフッドストーリー」。空間やサービスには、そんな同ホテルらしいさり気ないローカル体験が込められています。

日本らしさあふれるアットホーム空間。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

囲炉裏をイメージしたレセプションには、日本の遊び道具たちが飾られていました(懐かしい!)。また天井の梁(はり)とホテル入り口の扉は京都の古民家から持ってきたもので、日本らしい素材も随所に使われているんです。ちなみにレセプション後ろのアートは、岩と川辺の蛍をイメージしているそう。

お部屋はリバーサイド!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

川沿いに建つ「ホテルインディゴ箱根強羅」は、リバーサイドとヒルサイドの客室を用意。今日は食を存分に楽しむべく「ベストフレキシブルレート【朝食付き】」(1名1室2万775円〜、税サ込)で、露天風呂付きのデラックスツインリバーサイドルームに宿泊しました! コンテンポラリーなデザインに和の要素が加わった内装にわくわく。

収納もユニークです。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

壁には昭和のころの強羅の写真が。強羅にあるスタジオ・カフェ・シマの方々が代々撮りためた写真に、現代らしいアートが加えられています。よ〜く見ると…ドローンが飛んでいたり、セルカ棒を持つ人の姿も。探してみてください!

アメニティも素敵!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ふわふわの使い捨てスリッパもうれしい。カーペットは川の流れをイメージしたデザインです。

ダイニングスペースも機能的です。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

テーブルは手と同じ高さにも、物を置ける仕様。ドリンクやフードをつまむときに便利ですね!

バーのラインナップもおもしろい!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

冷蔵庫にはオリジナルのクラフトビール「インディ五」(700円、税抜)と小田原の梅サイダー(300円、税抜)も。

お茶セットは南部鉄器の急須というこだわりよう。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

地元の文化やその地に根付く伝統に触れながらの滞在、贅沢です…!

部屋風呂は眼下に川を望む半露天。風が気持ちいい〜。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

お部屋のお風呂も天然温泉! 川沿いの涼しい風を感じていると、いつまでも浸かっていられる〜。

アメニティ類は風呂桶の中に。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ふろしきはホテルの備品ですが、シュシュは持ち帰ってOK! 華やかなデザインがかわいらしい♪

オリジナルデザインのシュシュ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ステイ中はもちろん、旅の途中も大活躍してくれました〜。

大浴場もすごいんです。

ホテルインディゴ箱根強羅

混浴の大浴場は、水着を着て楽しむスタイルです。特筆すべきは、迫力ある温泉デジタルアート。箱根の火と水、岩をコンセプトにしたダイナミックな世界観に引き込まれます。浴場内にはベンチやラウンドカウチが配されているほか、横になれるジェットバスや立ち湯など、リラックスできるお風呂も。

レストランでは、薪グリルや地元素材を使った贅沢な食体験を。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

料理は海外ホテルで活躍した、モリスシェフによるもの。ホテルのご担当いわく「地域が育てた食材とボーダレスな感性のハーモニーが自慢です。近隣のお客様にも、また来たい!とご好評いただいています」とのこと。どんなお料理が楽しめるかな、わくわく…!

メインはグリル料理です。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

こちらのウリは、炭火を使った薪のグリルで焼いた肉野菜!

まずはランチから…!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

シェフのおすすめをオーダーしてみました。アメリカ産のチェダーチーズにスモークベーコン、柚子のタルタルで香りを添えた「リバーサイドダブルビーフバーガー」(2450円、税抜)は、ボリューミーながら飽きずに食べられる一皿。

サラダやパンも。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「ウェッジサラダ」(1000円、税抜)とフリーのパン。パンはここ名物の海苔バターでいただきます。ふんわりと海苔の旨味が広がる不思議なお味!

デザートもいただきました。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「アイスクリーム三種盛り」(1200円、税抜)は、シェアするのもおすすめ。

食後はテラスの足湯でリラックス。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

奥のカウンター下が足湯になっていますよ〜! さて、お次は…。

待っていました、ディナータイムです!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

まずはオリジナルのクラフトビール「インディ五」(850円、税抜)で乾杯!

野菜の味が生きた箱根野菜のサラダから。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

夜もシェフのおすすめを伺って、「箱根サラダ-地元の採れたて野菜、トリュフドレッシング」(1200円、税抜)からスタート。トリュフが香るドレッシングと、味わいがしっかりとした箱根野菜とのバランスが◎。

メインは薪のグリルで仕立てる足柄牛のグリル!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

おいしい〜。お肉料理はいくつかありますが、地元の「足柄牛フィレ180g」(9000円、税抜)にしました。やわらかでじゅわっと旨味あふれるお肉は、塩でシンプルに食べるのもおすすめしたい。

サイドディッシュも頼みました。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「アスパラガスのグリル-味噌フレーバー、鰹節」と「トウモロコシの炭火焼き-味噌と海苔のバター、唐辛子-」(各1000円、税抜)に。味噌や鰹節など、和素材での味付けが絶妙です。

スモーキーなオリジナルデザートはぜひとも!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ふんわりスモーキーな香り漂う「スモークチーズケーキ」(1500円、税抜)。濃厚ながら後味はあっさりしていて、意外にもぺろりでした。紅茶またはコーヒー付きです。

和洋が選べるモーニングも絶品。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

私は卵料理が選べる「リバーサイドセット」に。パンはクロワッサンをはじめ、数種のラインナップから食べ放題です! このほか、「ベネディクトセット」やお弁当スタイルの和食「リバーサイド弁当」などもありますよ。

センスあふれる食と空間に囲まれた充実時間。また泊まりたい…!

ホテルインディゴ箱根強羅

「インターコンチネンタルホテルズグループの徹底した衛生基準を導入し、安全なご滞在のための取り組みを行っています。安心してリフレッシュしてください!」(ホテルインディゴ箱根強羅)。

情報&予約はコチラから👇

「ホテルインディゴ箱根強羅」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:神奈川県足柄下郡箱根町木賀924-1

アクセス:強羅駅より徒歩10分

部屋数:98室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、くし・ブラシ、ナイトウエア、カミソリ、ボディスポンジ、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、Wi-Fiあり、宿泊した部屋のコンセント4つ

予算:1室1人1万6917円〜(税サ込)

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

【2】かわいらしい小鉢のブッフェ!「箱根・芦ノ湖 はなをり」

Wako Kanashiro / BuzzFeed

目の前に芦ノ湖を望む「箱根・芦ノ湖 はなをり」は、特に女性の人気も高いお宿です。和洋があわさったしつらえは、ほっと落ち着く癒やし空間。本日は「【1泊2食付】季節の味覚を味わう“はなをりブッフェ”プラン」(2名1室4万6500円〜、税サ込)でお邪魔しました。

ロビーからは芦ノ湖を一望!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

テラスにも出られますよ! この日はあいにくのお天気でしたが、雄大な山々に引き込まれます。

スタンダードルームでこの広さ!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

お部屋は芦ノ湖の風が心地いい湖畔側に。約31平米の空間は、ぬくもりあるインテリアが配され、ゆったりくつろげる造り。

収納もシンプルでおしゃれ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

収納の下が冷蔵庫になっています。

シャワーブースやかわいらしいアメニティも。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

コップは大人数で泊まっても、誰のものか分かりやすいカラー分け!

ではでは、館内着の作務衣と湯かごを持って…。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

湯かごにはタオルと必要なものを入れられる袋も入っています。

お風呂にしますか〜!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

大浴場前のスペースでは、色浴衣も選べます。私はお部屋で作務衣、館内散策は色浴衣と、分けて楽しみましたよ◎。

自然のなかに造られた大浴場。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

大浴場の湯は、筋肉痛や疲労を癒やしてくれる元箱根温泉です。外には寝そべりながら自然を満喫できる寝湯もある露天風呂と、さまざまにお風呂タイムを楽しめます。プライベートな時間を過ごしたい人は、半露天の貸切温泉風呂(40分3000円、税込)もおすすめです。

お待ちかねの夕食ブッフェがスタート!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ホテルの方より「旬の素材を吟味して、二十四節気による季節感を表現した新感覚のブッフェです」と伺っていたブッフェ。まずは各自のかごに八寸を盛りつけるスタイルからスタート。豆皿にのった前菜たち、かわいらしいですね〜!

盛り付けるとこんな感じ!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

八寸は無花果の生クリーム味噌や鴨ロース、おぼろ昆布など、食べていて楽しい工夫された内容(料理の参考にもなりそう!)。ソフトドリンクは無料、別途お酒も注文可能(有料)です。日本酒やカクテル(ノンアルもあり)などがそろうなか、私は箱根の地ビール・九頭龍生ビール(1200円、税込)をオーダー。

シェフによるできたて料理もあります。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ほかにも、シェフが目の前で作るステーキや魚料理も楽しめます。からあげやサラダなどおかずも充実していましたよ!

デザートもたくさん!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

旬のフルーツを使ったゼリーやケーキ類、アイスクリームなど、デザートも種類豊富! お腹の余裕は残しておきましょう!

朝の和洋ブッフェも魅力的。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

朝食は洋食と和食のほか、サラダコーナーやヨーグルト、フレッシュジュースなど、ヘルシーなメニューもいろいろ。焼きたてのクロワッサンは焼き上がる時間が分かって、文字通り焼きたてが楽しめます。泊まる際は、ぜひ夕食・朝食ともに体験してみてくださいね。

最後はロビー階の水盤テラスへ。

箱根・芦ノ湖 はなをり, Wako Kanashiro / BuzzFeed

お邪魔した際はあいにくの天気だったため、晴れた日の写真をどうぞ。開放感ある眺めに心身が癒やされますね。いつも浮いているわけではないようですが、私が宿泊した時は紫陽花柄のフラワーフロートが浮いていました。

まったりきゅんとしたグルメステイでした♪

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「すべてのお客さまに安心して安全にご利用いただけるよう、私たちは運営・サービス指針を策定し実践しています。さらに衛生強化を図ることを目的に、新たに『衛生管理推進責任者』を設置しております。ガイドラインや施設ごとの運用マニュアルが適切に実施されているかなどを日々監視・管理することに加え、全従業員にガイドライン等の教育や周知徹底を図ることで、安心・安全な施設運営とサービス向上に努めてまいります」(箱根・芦ノ湖 はなをり)。

情報&予約はコチラから👇

「箱根・芦ノ湖 はなをり」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根桃源台160

アクセス:桃源台バス停より徒歩2分

部屋数:154室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、くし・ブラシ、作務衣、カミソリ、ボディタオル、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、Wi-Fiあり、USBコンセント、宿泊した部屋のコンセント6つ

予算:2万3250円~(1泊2食付き、2名1室利用時1名料金)

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

【3】シェフによるライブキッチンもみどころ!「ホテルグリーンプラザ箱根」

ホテルグリーンプラザ箱根

2017年にメインレストランの改装を終えた「ホテルグリーンプラザ箱根」は、富士山を望む絶景とラインナップ豊富なブッフェが自慢のホテルです。

エレガントなロビーがお出迎え。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

落ち着きあるインテリアを配したロビーは、大人のリゾートを思わせます。こちらは和室や畳を構える和洋室、洋室など、ラインナップ豊富な客室も魅力。本日は「【当館スタンダード】食べ放題プラン!ローストビーフやお寿司が食べ放題!富士見露天を満喫【駐車場無料】」(1名1室1万2800円〜、税サ込)を利用してお邪魔しました。

かわいらしいドアサインにも注目。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

美術系学校の学生さんたちによるドアサインは、全室異なるデザイン。こんなちょっとした楽しみも素敵ですね♪

本日は富士山を望む客室です!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

お邪魔したのは、2020年1月に改装した36平米の「富士見和洋室(プレミアルーム)」。取材時はあいにくのお天気でしたが、雄大な山々に癒やされる〜。晴れた日はテラスから富士山を一望できます。

寝転びながら見られる壁掛けテレビも。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

シモンズ社製のベッドは、ゆったりとしたセミダブルサイズです。

ベッド横の洗面台が、なにげに機能的!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

横にお茶菓子や食器なども置いてありますよ!

観光情報が見られるタブレットも。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

調べものもできるほか、館内案内も見られます。

ゆとりあるシャワーブースもあります!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

館内着の浴衣もおしゃれですね〜。

まずは大浴場でひとっ風呂!

ホテルグリーンプラザ箱根

仙石原温泉が味わえる露天風呂からは、男女ともに富士山が見られます。お湯は富士箱根国立公園内から湧き出る自家源泉。美肌によいとされるメタケイ酸がたっぷり含まれており、神経痛や筋肉痛にも効果的とされています。日帰り温泉(中学生以上1600円、小学生以上700円)としても利用可能。

夕食ブッフェに行ってみましょう!

ホテルグリーンプラザ箱根

箱根随一とも言える大型のライブキッチンには、約50種が並びます。あぁ何から食べよう…!と悩んでいたら「人気はローストビーフです」とホテルの方。なんでも「フレッシュハーブや地場産の野菜と、低温で3時間じっくり焼き上げます。やわらかな食感、口の中で広がるジューシーな旨味が大好評です!」とのこと。これは期待しかない…!

ホテルクオリティの洋食から…。

ホテルグリーンプラザ箱根

いい匂い…お腹がすいてきた!

シェフがその場で作るコーナーも。

ホテルグリーンプラザ箱根

鉄板焼きから天ぷら、パスタまで、できたてが味わえますよ〜! なかでもウリは、先ほど教えていただいた100%純血種のブラックアンガス牛によるローストビーフ。牛肉本来の旨味を活かすため、アドリア海の天日塩で下味を付けているそうです。特製オニオンソースや、かんきつ類を使ったお塩でいただきます。

個別盛りにしたオードブルもいろいろ。

ホテルグリーンプラザ箱根

旬のお刺身や前菜など、彩り豊かな品々に心が踊ります。

デザートもいろいろ!

ホテルグリーンプラザ箱根

スイーツも大充実なので、お腹のゆとりを残しておいてくださいね〜! ちなみに朝も、約30品がそろう和洋のブッフェが味わえますよ。

帰りはお土産も忘れずに。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

一番人気は、オリジナルブランドのオールインワンスキンケアクリーム「ミネラルQX10ウォータークリーム」(6100円、税込)! コエンザイムQ10などの美容成分もたっぷり配合され、洗顔後はこれ1本でOK&肌にすっとなじむテクスチャーが気持ちいい。お菓子類なら、クッキー生地でくるみやフルーツをブレンドしたヌガーを包む「くるみの森のコンサート」(1700円、税抜)がおすすめ。

お腹も心も満たされました〜♪

ホテルグリーンプラザ箱根

「お客様の安全を考慮して、検温、アルコール消毒、ソーシャルディスタンスのご協力をお願いしていますので、安心してお越しくださいませ」(ホテルグリーンプラザ箱根)。

情報&予約はコチラから👇

「ホテルグリーンプラザ箱根」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1244-2

アクセス:姥子駅より徒歩3分

部屋数:123室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、くし・ブラシ、ナイトウエア、カミソリ、ボディスポンジ、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、Wi-Fiあり、宿泊した部屋のコンセント6つ

予算:1万6300円〜(税サ込)

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

【4】朝夕ともに贅沢ブッフェ三昧「箱根湯本温泉 天成園」

箱根湯本温泉 天成園

日帰り温泉としても親しまれている「箱根湯本温泉 天成園」は、箱根湯本駅から約12分の場所に。川沿いに立つ自然あふれる立地はもちろん、充実したブッフェもリピーターが多い理由です。

まずはチェックイン。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

日帰り湯と宿泊でチェックインカウンターが分かれています。ちなみに日帰りプランは、浴衣とバスタオル・フェイスタオルのレンタル付きで大人2300円(税抜、時間により変動あり)! 絶景露天や施設内の庭園散歩など、見どころの多い館内は遊びごたえも抜群です。

浴衣を選びます。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

宿泊、日帰り入浴ともに好きな浴衣が選べますよ(写真は日帰りの受付カウンター)!

本日は洋室のお部屋にしました。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

本日はスタンダードな「洋室Aタイプ」のお部屋を選びました。予約したのは「<スタンダード>和洋中バイキング&ライブキッチンで大満足!1泊2食付プラン」(2名1室1万4850~、税サ込)です。

広さは22平米!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

シンプルな洋室や和室など、多彩な部屋タイプがそろう「箱根湯本温泉 天成園」ですが、こちらはツインベッドを構えるすっきりとした間取り。洗面台には、メイク落としなどのアメニティも。

お茶セットでひと息ついたら…。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

泉質はもちろん、絶景が評判の天空露天風呂へ行ってみましょう!

男性は7階、女性は6階です。

箱根湯本温泉 天成園

男女共に最上階に位置する「天空大露天風呂」は、四季折々の自然を味わえる開放的な造り。奥のあずま屋には、掛け流しの石風呂もあります。さらに12の貸切風呂(チェックイン後フロントで予約可能。60分2000円、税抜)もあるので、ゆっくり過ごしたいときはぜひ予約を。

さぁ、お待ちかねのブッフェですよ〜!

箱根湯本温泉 天成園

和洋中のメニュー約50品がラインナップ。ホテルのご担当者におすすめを聞くと、「シェフが目の前で揚げるサクサクの天ぷらや握りたてのお寿司、鉄板焼など、できたてを召し上がっていただけるライブキッチンコーナー」という話。そして旬のメニューのほか、デザートも品数豊富とのこと。楽しみ!

会場は緑や滝を望むレストラン。

Wako Kanashiro / BuzzFeed, 箱根湯本温泉 天成園

窓からの眺めもなかなか。シェフが目の前で調理してくれるコーナーは、特に人気がありました。

小皿に盛られた旬の一品たち。

箱根湯本温泉 天成園

丁寧に仕立てられた小皿料理は、つい取りすぎちゃう。

こんな感じで並べられていました!

箱根湯本温泉 天成園

一つ一つ、盛り付けも美しい。そしてちょっと贅沢したい!という人は、1週間前までの予約で調理法を選べる伊勢海老やお刺身舟盛りなどをオプションオーダーすることも可能です。

デザートも大充実!

箱根湯本温泉 天成園

デザートコーナーには、季節のフルーツを使ったものやプチケーキなどが華やかに並びます。そして、2019年にリニューアルした朝食ブッフェもすごいんですよ!

朝は和洋ブッフェに加え、海鮮丼食べ放題が登場!

箱根湯本温泉 天成園

目玉は、いくらやエビなど4、5種類の具材を好きなだけ盛れる海鮮丼食べ放題。たまらん…。オムレツやフレンチトーストなどの洋食をはじめ、庭園からの湧き水で作る名物・たまだれ豆腐などの和食もそろっています。

帰りはオリジナルの絵馬を手に、敷地内の神社にお参りを。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

隣接する庭園には、箱根神社・九頭龍神社の分宮である「玉簾(たまだれ)神社」が鎮座。縁結びの神さまであるこちら、フロント横でここだけの「合わせ絵馬」(850円、税抜)やオリジナル「ぬくぬくさんおみくじ」(500円、税抜)も受けられるので、帰りがけにお参りしてくださいね。

泊まる際はぜひ、朝夕のブッフェ付きプランで!

箱根湯本温泉 天成園

「館内をご利用のお客様にはマスクの着用及び入口のサーモグラフィーで体温管理を行っております。お客様が心配なくご利用いただけるホテルを目指し、これからも精進してまいります」(箱根湯本温泉 天成園)。

情報&予約はコチラから👇

「箱根湯本温泉 天成園」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本682

アクセス:箱根湯本駅より徒歩12分

部屋数:198室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、くし・ブラシ、ナイトウエア、カミソリ、ボディスポンジ、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、Wi-Fiあり、宿泊した部屋のコンセント6つ

予算:1万2200円〜(税・サ込)

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。

※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。

参考記事👉【丁寧に解説】Go To トラベルキャンペーンとは?旅行会社の特典も比較