• odekake badge

【口コミ絶賛】箱根で絶対にハズさない人気ホテル特集

宿選びの際に、やっぱり気になるのが口コミですよね。今回はYahoo!トラベル、一休ともに総合ポイント4.5以上のホテルに絞り、箱根エリアにある4軒にお邪魔しました。各ホテルとも個性あふれ、お部屋や温泉、サービス、すべて感動しきりだった…!※お出かけの際は十分なご留意と感染対策にご配慮をお願いいたします。

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いいたします。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

\紹介するのはここ/

【1】箱根エレカーサ ホテル&スパ

【2】箱根湯本温泉 マイユクール祥月

【3】箱根本箱

【4】箱根 月の宿 紗ら

【1】ご褒美や記念日にすすめたい! 麗しき美食の宿「箱根エレカーサ ホテル&スパ」

Wako Kanashiro / BuzzFeed

最寄りの強羅駅から送迎車で約10分、「箱根エレカーサ ホテル&スパ」に到着。結婚式場としても人気のこちらは、リピーター率が30パーセントにものぼるそう。「お部屋もとてもきれいで、夕食・朝食も大変満足致しました」「食事もお部屋もお風呂も、もちろんサービス・心配りにも、すべてに癒やされました。ありがとう」と、口コミからその評判の高さが伺えます。

ウエルカムドリンクお供にチェックイン。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

シェフ手作りの日替わりお菓子(今日はアーモンドクッキー)とウエルカムドリンクを手に、着いて早々贅沢な気持ちに。「とにかく、お料理がとてもおいしい」という口コミも多かったので、食いしんぼうのわたくし、わくわくが止まりません。

こちらのバーラウンジ、ウイスキーやカクテルなども飲めます。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

落ち着いた雰囲気のなかでの一杯、よいですね〜。

館内はスタイリッシュながら落ち着く空間。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ナチュラルな色使いの内装やインテリアが、大人の癒やし空間を演出します。「エレガントなカーサ(邸宅)」といった由来のとおり、この空間にいると自然とリラックスモードに入れるから不思議。

半露天風呂付きのスーペリアルームへ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

プランは「エレカーサステイプラン 1泊2食付」(1人1室2万6000円〜、税サ込)。32平米あるこちらのお部屋は、シモンズ社製ベッドに源泉掛け流しの温泉がそろう贅沢な仕様。

メイクはもちろん、PC作業がしやすいデスクも。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

旅中、仕事は忘れたいところですが、こうしたデスクがあると助かります。

ヘアアイロンまで!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

全室共通で、ドライヤーのほかヘアアイロンがあるのも親切(結構荷物の幅取りますからね…!)。使い捨てスリッパもふかふか素材でうれしい。

本を読んだりお酒を飲むときはここで。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

さまざまに過ごしやすいお部屋の造りは、長期滞在にもおすすめしたい。

お風呂はというと…!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

お部屋によってカラーやデザインが異なるお風呂もお楽しみ。こちらはイタリア製の大理石で造られた浴槽でした。品のある色味と柔らかな照明がマッチして、ほっと落ち着きます。ちなみに館内には、予約制と自由に使えるプライベートバス(計2つ)もありますよ〜!

浴槽からの視点はこんな感じ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

窓が自由に開閉できるのもいいところ。源泉掛け流しの温泉は、肌にやさしいナトリウム・塩化物炭酸水素塩線、弱食塩泉。お肌うるおうメタケイ酸も豊富かつ疲労回復や冷え性にもよいとされているだけあって、おうちのお風呂とは温まりかたが違う! お肌もつやつやしっとり。さすが美肌の湯です。

洗面台はこちら。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

アメニティも充実していますよ!

女性専用アメニティも。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

プランによっては女性限定でフェイスパックが付くそう(紹介したエレカーサプランには付きます)。ローションなどは、男性用&女性用が置いてあります。

冷蔵庫のドリンクはサービス!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

イタリアのブランド・illyのコーヒーメーカーをはじめ、冷蔵庫にはイタリアを代表するビールモレッティやYOGAフルーツジュースも。お酒好きの人は、有料で追加オーダーも可能です。

食事前にバンブーテラスへ寄ってみました。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

さやさやと吹く風が気持ちいい「バンブーテラス」では、湯上がりに一杯飲んだり、昼間にゆったり読書するゲストも多いそう。鳥たちの声や笹の葉の揺れる音は、最高のBGMです。

玄関外には、隠れ家ソファも!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

こちらも自由に過ごせる場所です。奥に見えるのはチャペル。緑に囲まれてのウエディング、いいですなぁ。

さぁ、お待ちかねのディナーですよ!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

箱根内輪山を見渡すダイニング「カーサミーア」は、お天気がよい日は富士山の姿も見られます。お邪魔した日は少し曇っていましたが、雄大な景色は高台に建つここだからこそ。夜景も絶景です!

地元の食材を使ったイタリア料理のコース。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

お料理はイタリア・シチリアで修業したシェフが、その日に入った食材で仕立てるそう。相模湾や駿河湾で採れた魚介をはじめ、地元農家さんから仕入れるみずみずしいお野菜と、どの品も素材の味がいきいき。

メインは静岡そだちの和牛サーロインのグリルでした。

最後の一品・スカモルツァチーズのリゾットは、事前に好みの量を聞いてくださいました。

デザートも絶品。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

この日はヨーグルトのパンナコッタと桃のコンポート。季節をも感じるコース、おいしかったです。ごちそうさまでした。

朝食は和洋を選べます。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

私が食べた和朝食は、お漬物からしゃぶしゃぶ、自家製のできたてのお豆腐など、30品目の食材を使用。野菜中心の洋食メニューも選べます。

デザートとお茶でひと息ついて…。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

名残惜しいですが、チェックアウトの時間です。温かなサービスや食事と、口コミ通り魅力あふれる「箱根エレカーサ ホテル&スパ」。記念日などの特別な日はもちろん、自分を労るご褒美旅に訪れてみてはいかがでしょうか?

明日からまたがんばろう!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「スタッフは業務開始前に検温を行い、アルコール消毒や館内各所の換気・アルコール消毒液の設置、レストランテーブル数の間引きや座席の対面配置の廃止など、さまざまな新型コロナウイルス感染症対策を行なっております。みなさまのご来館をお待ちしております」(箱根エレカーサ ホテル&スパ)。

宿の情報&予約はコチラから👇

「箱根エレカーサ ホテル&スパ 」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら

※一休のプランはこちら

住所:神奈川県足柄下郡箱根町宮城野1362-16

アクセス:強羅駅より車で10分

部屋数:14室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、くし・ブラシ、ナイトウエア、カミソリ、ボディスポンジ、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、Wi-Fiあり、宿泊した部屋のコンセント6つ

予算:1万3500円(税込)〜(素泊まり含む、ふだんその宿に泊まれる通常プランの最安値。キャンペーンプランなどは除く)

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

【2】インテリア&食好きも! 「箱根本箱」が提案する本と暮らす時間

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「本との出合い、本に囲まれた暮らし」を掲げ、2018年にオープンした「箱根本箱」。本好きな人だけでなく、ファミリーや女子旅、ひとり旅など、幅広い層から「おこもり宿として最適でとても気に入りました。リピート確定です」、「お部屋、設備がとてもシンプルで部屋作りの参考にしたいと思いました」など、空間や心地よさに関する口コミも集まっていたことに注目しました。

1.2万冊の本が出迎えてくれました。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「箱根本箱」は出版流通会社・日本出版販売株式会社と、食・宿泊施設などクリエイティブで多彩な提案を届ける自遊人(じゆうじん)との共同企画で生まれた場所。ブックディレクションブランド「YOURS BOOK STORE」による選書をはじめ、センスいいインテリアや温泉、食と、さまざまに居心地のよさが追求されています。

選書は「衣・食・住・遊・休・知」を中心に。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

異なるしつらえの全18室は、すべて温泉露天風呂付きというのもうれしいところ。さらに、さまざまな分野で活躍する「本を愛する人々」による選書もこちらの醍醐味です(詳細は客室にて)。

そうそう! この本、ぜんぶ買えるんです。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「箱根本箱」は本を実際に「買える」ことにこだわったホテル。館内の本を自由に読めるのはもちろん、そのまま購入もできる仕組みです。写真のようなおこもり空間など、さまざまなシチュエーションで本が楽しめます! ホテルステイをしながらの思わぬ出合い、そんなわくわく感もこちらの魅力なんですね。

お邪魔したのはマウンテンビューのお部屋。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

客室は全18室、すべてインテリアが違います。いずれもテラス、温泉露天風呂に「あの人の本箱」付き。先ほどの事前情報だけでも心躍っていましたが、お部屋に入った瞬間、ため息が出ました…! 本日は「セール! 自然派ワインをお得に楽しむプラン【1泊2食】」(1人1室2万6188円〜、税サ込※2名利用時)で、隅々まで楽しんでまいります!

著名人による本棚「あの人の本箱」とは?

Wako Kanashiro / BuzzFeed

左の本棚にあるのが、先ほど触れた「あの人の本箱」。80名以上の方々が自ら選書した本棚で、館内各所や客室に設置されています。作家・江國香織さんをはじめ、美術家の横尾忠則さんなどそうそうたるメンバーが名を連ねています(客室にどなたの本箱があるかはお楽しみ)。また、客室にテレビがないというのもここならでは。本と過ごす時間をとことんエンジョイしようと思います。

さっと羽織れるガウンやレターセットも。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

素朴なレターセットも置いてありました。

ベッド周りも本との同居が考えられた造りです。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ブックライトやコンセントなど、設備もばっちり。

楽チンなセパレートの館内着&おみやげになるトート!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

滞在中、部屋に持っていく本やお財布などを入れられるトートは、持ち帰ってOK。カゴに入ったバスローブ類は、おうちでの収納の参考になりました(我が家、掛けるところがなくて…)。

ひとまず檜の温泉露天風呂へ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

客室露天風呂は、肌触りいい強羅温泉。

洗面台周りはこんな感じ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

客室内のシャンプーとボディソープはTHE PUBLIC ORGANIC。ハンドソープは肌にやさしいSTOP THE WATER WHILE USING ME!でした(写真)。ハチミツが配合されており、手元をしっとり仕上げてくれます。

アメニティのスナック類も充実!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

バルミューダのケトルのほか、自遊人プロデュースのスナック(無料)がたくさん! 化学調味料や保存料を使わない、素材にこだわったおかきたちです。

冷蔵庫内のドリンクやお茶は無料サービスです。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

同じく自遊人による温州みかんジュースも置いてありました(おかきと共に、ロビー横のショップで購入できます)。ではひと息ついたところで、大浴場にも行ってみましょうか。

大浴場では2種のお湯を。

箱根本箱

大涌谷(おおわくだに)の白濁した硫黄泉と、お部屋と同じ強羅温泉が楽しめます。

帰りはシアターへ立ち寄り。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

大浴場と同じフロアにあるシアターでは、季節のテーマに沿ったショートフィルムを上映中。

ディナーは地元素材による自然派イタリアン。

Wako Kanashiro / BuzzFeed, 箱根本箱

お食事は地元産の旬の新鮮お野菜をたくさん使い、身体にも優しい鮮やかなお料理の数々に大満足でした!!」と、お料理もなかなか高評価だった「箱根本箱」。夜は自然派イタリアンのコース。レストランではミラノで修業した佐々木祐治(ゆうじ)シェフが、箱根の素材を使ってローカルガストロノミーを表現します。そして朝食は、洋食のセットをオープンキッチンのカウンターまたは個室で食べられます。

お料理を食べながら、壁のブックアートも楽しんでください。

箱根本箱

ロシア出身・イタリア在住のアーティスト、エカテリーナ・パニカノーヴァさんの作品。本をモチーフにしたアートで知られる彼女の、日本初の展示作品です。古書をキャンバスにして描かれた細やかなアート、ぐっと引き込まれました。

美しい品々にうっとり。

Keisugimoto

相模湾・駿河湾の魚介に静岡の有機野菜など、生産者たちによる素材の味わいがいきいきと表現されています。イタリアや日本産を中心にそろえた自然派ワインとともに、ゆったり味わってください。その地を感じるこんな食体験にも「箱根本箱」らしさがあふれていました。

帰りはショップでお土産も。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

1階のライフスタイル&アルチザンショップでは、暮らしを彩るグッズやお菓子類、作家ものの作品がそろいます。さまざまな出合いが待っている「箱根本箱」。気ままにリラックスできるのはもちろん、発見とインスピレーションの宝庫でもありました。

1日じゃ足りない! 欲張りになってしまった。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「徹底した三密回避、館内の消毒や換気・衛生管理、チェックイン時の検温はもちろんのこと、“新しい生活様式”に基づく旅の形に対応した感染症対策を日々、行っています。詳細はホームページで公開しています。ぜひ、ご覧下さい」(箱根本箱)。

宿の情報&予約はコチラから👇

「箱根本箱」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-491

アクセス:中強羅駅より徒歩5分

部屋数:18室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、ヘアゴム、綿棒、コットン、ドライヤー、メイク落とし(Do organic)、化粧水(Do organic)、クリーム(Do organic)、くし・ブラシ、館内着、カミソリ、湯沸しポット、Wi-Fiあり

予算:1泊2食1万9688円~(2名1室利用時1名あたり、税別・サ込み)

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

【3】リピーター率高し! おもてなしあふれる「箱根湯本温泉 マイユクール祥月」

Wako Kanashiro / BuzzFeed

箱根湯本駅から徒歩10分の「マイユクール祥月」は、「ブランド物のアメニティを到着時に選べるのも良かった」、「お料理もおいしく、デザートも品数豊富でよかったです」、「何度でも行きたくなる、特に女性には色々な意味で素敵な宿だと思います」と、ハイクオリティなお料理やアメニティが話題。特に女性のリピーターが多いお宿です。

まずはお稲荷さまにご挨拶。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ホテル入り口には、お稲荷さまが祀られています。縁結びのご利益があると地元でも評判なのだそう。

さっそくチェックイン!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

冒頭にもありましたが、うれしいサービスの1つがアメニティセットのプレゼント。

選べます。

箱根湯本温泉 マイユクール祥月

1人につきワンセット、約4ブランドから選ぶことができます。天然のエッセンシャルオイルを配合したプロバンシアや、フランスの自然派ブランド・スンダリなどを用意。ステイ時間がワンランクアップするようなラインナップ、うれしい!

せっかくなので浴衣のレンタルはいかがですか?

Wako Kanashiro / BuzzFeed

浴衣と帯、草履も借りられます(セットで500円、税込)! そして、お部屋へ行く前に…。

枕を選びましょう。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

い草や低&高反発のものなど、7種をランナップ。枕によって熟睡度は格段に違うから、これはありがたい。試しにいつもとは違うものを選んでみてもよいかもしれませんね。

お部屋は二間!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

予約したのは「【女子旅におススメ!】美肌の湯と美食&女性に嬉しい特典付で箱根を満喫、祥月レディースプラン」(1人1室1万5300円〜、税サ込)。楽しみですね〜。総檜風呂がついたスウィートルームです。窓も大きく開放感抜群!

シモンズ社製のベッドです。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ふかふか〜。こちらに先ほど選んだ枕を合わせれば、熟睡間違いなし…!

さて、ちょっとくつろぎますか。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

そして、こちらのウリの1つが…

手作りのお菓子です。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

時期によって変わる、パティシエ手作りの焼き菓子&水菓子もこちらのこだわり。泊まった日は黒ごまのババロアとチョコレートのプチケーキでした。2種類もあるので、夕食までの小腹満たしや夜中のデザートにも困りませんね。

さらに、自家製ビネガードリンクも!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

普段はロビーでのウエルカムドリンクとして出されていますが、取材時はお部屋の冷蔵庫に。本日はりんご酢にマンゴーを加えたものです。疲れた体に染みる〜! ペパーミントが香る丈夫な使い捨ておしぼりもうれしかった。

さわやかな緑とともに部屋風呂タイム。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

檜の香りに心落ち着きます。ちょっと窓を開けて、外の風を感じながらの入浴。

館内着は2種類!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

肌触りいいパジャマタイプと浴衣を用意。アメニティ袋には、基本のアメニティと持ち帰りOKなタオルやたび形ソックスも入っていました。

これを持って、大浴場へも向かいます!

箱根湯本温泉 マイユクール祥月

内風呂はゆったり首まで浸かれる、少し深めの造り。美肌や筋肉痛に効果が期待できるとされる弱アルカリ性単純温泉です。ほかにも日本庭園を望む露天風呂やジャグジー付きの露天など、お風呂のバラエティも豊か。男女入れ替え制なので、滞在中に両方入ることもできます。食事後にもう一回来ようかな。

彩り豊かな夕食にも心躍る。

箱根湯本温泉 マイユクール祥月

和食をベースにした創作コースは、器使いも素敵。アラカルトからデザートを順番に出してくださいます。

和洋が合わさった贅沢な内容。

箱根湯本温泉 マイユクール祥月

そして、パティシエによるデザートもお楽しみの1つ。

一口サイズのデザートにきゅんとする。

箱根湯本温泉 マイユクール祥月

デザートは、一口サイズのものを好きなだけ選べるスタイルです。種類も多いため、お腹の余裕を残しておきましょう♪ ちなみに朝は和洋折衷のお料理がバイキングで楽しめますよ(取材時は時間が5部制に分かれていました)。

食に温泉、さまざまなおもてなしでパワーチャージ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ロビーフロアの売店でお土産を見て帰りましょう!

大満足なステイ時間でした。帰りには、お稲荷さんに願掛けもぜひ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「入館時の検温やスタッフの体調管理の徹底、マスクの着用、館内の定期的な消毒など、さまざまな対策を行いお出迎えしております。またバイキングの際は、レーンに入る際にマスクとビニール手袋の着用をお願いし、人数制限を設けるなどの対策を行っております。人気の季節の会席料理と美肌の湯をぜひお楽しみくださいませ」(箱根湯本温泉 マイユクール祥月)。

宿の情報&予約はコチラから👇

「箱根湯本温泉 マイユクール祥月」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら

住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本468-1

アクセス:箱根湯本駅より徒歩12分

部屋数:38室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、くし・ブラシ、ナイトウエア、カミソリ、ボディスポンジ、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、Wi-Fiあり、宿泊した部屋のコンセント6つ

予算:5670円(税込)〜(素泊まり含む、ふだんその宿に泊まれる通常プランの最安値。キャンペーンプランなどは除く)

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

【4】箱根観光の拠点にも! 女子旅やカップルなら「箱根 月の宿 紗ら」へ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

箱根 月の宿 紗ら」が提案するのは、箱根らしい和モダンなデザインと居心地のいい滞在。Yahoo!トラベルの口コミでも「気を遣わず自宅にいるかのように快適に過ごす事が出来ました」、「お食事が、とてもおいしくいただけました。品数も多くて、何が出てくるのか楽しみながらいただく事ができました」と、お部屋や食事に関しても高評価のようです。

箱根湯本駅からゆったり歩くこと10分!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ロビーの天井やレストランには箱根の伝統工芸・寄木細工をあしらっているほか、月をモチーフにした「箱根 月の宿 紗ら」ならではのデザインが散りばめられています。

滞在中はいつでもフリードリンクが楽しめます。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

コーヒーやソフトドリンクをフリーで。お部屋へ持ち帰ってもOKです!

かわいらしいハリウッドツインのお部屋。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

全室に露天風呂が付くのも、こちらが人気の理由。本日は「※露天風呂付き客室※ゆったり寛ぐスタンダードプラン 一泊二食・飲み放題付」(1人1室2万5300円~、税サ込)プランでお邪魔しました。須雲川沿いに向いたスタンダードな客室です。

気の利いたドレッサーや水場も。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ベッドサイドのコンセントもそうですが、シンプルながら気の利いた造り。

こんなアメニティも。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

アクセサリーなどを入れられる小物皿、あるとうれしいですよね〜! お茶菓子も置いてありました。

ゆとりあるシャワールームも完備。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

こちらも和モダンなしつらえです。

アメニティは引き出しの中に。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ではさっそく、お部屋の露天風呂に入りましょうか!

川を眺めながらひとっ風呂。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

温泉ではありませんが、風情ある陶器の浴槽はゆったりリラックスできるサイズ感。あぁ〜疲れが取れてゆく〜。

露天風呂からの景色はこんな感じ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

眼下に川を望みます。それではお茶でも飲んで、大浴場へも行きますか。

湯かごも忘れずに!

箱根 月の宿 紗ら, Wako Kanashiro / BuzzFeed

しっかりマチのある大きめのかごもグッド。化粧品なども余裕で入ります。

心地いい畳敷きの内湯。

箱根 月の宿 紗ら

緑を眺めながら、じっくり箱根湯本温泉を味わいます。体の芯から温まる感覚は、やっぱり醍醐味ですね(浴場内の写真撮影はNGです)!

川のせせらぎに癒やされる露天も。

箱根 月の宿 紗ら

品のある露天風呂も◎。このほか、館内には2種の貸切風呂があるのですが、空いていればいつでも無料(!)で利用可能です。

そのうちの1つがこちら!

箱根 月の宿 紗ら

満月をイメージした浴槽と照明を配した「花天」。お湯は沸かし湯ですが、大浴場とはまた違った雰囲気が楽しいですよ!

夕食の時間。

箱根 月の宿 紗ら

食事は和牛すきやき、和牛or海鮮しゃぶしゃぶからメインが選べる会席(朝は和食膳)。日本料理にモダンな要素を加えた、料理長自慢のコースとのこと。ここらしい、三日月形のプレートも素敵ですね。

お土産も買って帰りましょう。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

オリジナルのお菓子や箱根らしい品々が並びます。

女性人気も納得な細やかさ!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「当館では館内の消毒など衛生管理はもちろん、お客様とスタッフの検温、体調管理を徹底しております。またお客様同士のソーシャルディスタンスを確保し3密防止を徹底しておりますため、安心してご来館ください」(箱根 月の宿 紗ら)。

宿の情報&予約はコチラから👇

「箱根 月の宿 紗ら」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら

※一休のプランはこちら

住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本588-1

アクセス:箱根湯本駅より徒歩10分

部屋数:56室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、くし・ブラシ、ナイトウエア、カミソリ、ボディスポンジ、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、Wi-Fiあり、宿泊した部屋のコンセント6つ

予算:1万2100円(税込)〜(素泊まり含む、ふだんその宿に泊まれる通常プランの最安値。キャンペーンプランなどは除く)※8月末時点での、Yahoo!トラベルからの予約の場合

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。

※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。

参考記事👉【丁寧に解説】Go To トラベルキャンペーンとは?旅行会社の特典も比較