back to top

フェイクニュースと闘う味の素 ニューヨークから世界へ情報発信

「中華料理店シンドローム」信じている人、まだいませんか?

グルタミン酸ナトリウム、MSG(Mono Sodium Glutamate)、あるいはうま味調味料、そしてアンチの人にとっての呼び名は“化学調味料”。どれも、味の素(株)が売っている赤いキャップのあの製品のことです。あなたは、食べるのを避けますか? それとも気にしませんか?

「味の素」の正体は、グルタミン酸ナトリウム
味の素

「味の素」の正体は、グルタミン酸ナトリウム

科学的には、グルタミン酸ナトリウムを常識的に食べる量であれば安全とされています(食品安全委員会の資料「食べ物の基礎知識」参照)。

味覚障害を引き起こすとの説も、後述しますが根拠はあやふや。あり得ない、という見方が科学者の大勢です。なのに、消費者の中には嫌う人が多い。その現象は世界で見られ、アメリカでもno-MSGとパッケージに大きく書いた食品が売られています。どうして誤解されているのでしょうか?

味の素社がこの問題と正面から向き合い、世界へ正しい情報発信をしようと9月20、21日、ニューヨーク・マンハッタンのホテルでフォーラムを開きました。

シェフや栄養士、メディア関係者、それに世界各国の味の素現地法人から社員や協力者、オピニオンリーダーなど約200人が集まり、講演やパネルディスカッションが行われました。

日本企業が海外で開くこの手のイベントは、日本国内で「海外で開催しました」と言って箔を付けたい、という狙いのものが少なくなく、日本のメディア関係者をわんさかご招待し取材させて国内で報道させる、というのが通例です。

しかし、味の素社の今回のイベントは完全にグローバル向け。同社が金銭的な負担をして国内メディアを招聘、というやり方はとっておらず、私も自腹で聞きに行きましたよ。

えっ、なんでわざわざ? 日本企業が世界を相手にどのようにリスクコミュニケーションを展開し始めるのか、知りたかったのです。

参加してみていろいろ驚きました。味の素社の主催フォーラムなのに、社員はあまり登壇しません。アメリカのテレビではおなじみの有名シェフがホストを務め、アメリカ人識者がどんどん、話を掘り下げてゆくのです。

彼らにとってこのテーマは、一企業の話というよりもファクトチェックの問題でした。

さらに印象に残ったのは「アメリカ人のno-MSGという意識の裏側にはレイシズム(人種差別)があるのでは?」という指摘でした。

つまり、「アジアから来たわけのわからない調味料なんて、食べてもろくなことにならないに決まっている」という人種差別、偏見があった、とアメリカ人自身が言うのです。

実に刺激的な議論です。フォーラムがどんな様子だったのか、会場の反応はどうだったのか、そのエッセンスをお伝えしましょう。

食品には、多くのうま味が含まれる

オープニングでは、味の素の西井孝明社長が短いあいさつ。透明性を持って科学的に情報を伝えてゆく、と企業姿勢を明確にしました。

マンハッタンのコンラッドホテルで開催されたフォーラム
Waki Matsunaga

マンハッタンのコンラッドホテルで開催されたフォーラム

その後は、アメリカの料理研究者や大学教授らがまずは、うま味の説明をします。

味には塩味、甘味、酸味、苦味、うま味という5つの味があります。うま味の発見は1908年。東京帝国大学の池田菊苗教授が、昆布にグルタミン酸が多いことを見出しました。

昆布などの中性の食品の中では、グルタミン酸はナトリウムやカリウムなどと結合して存在し独特の味を持ちます。池田教授はそれを「うま味」と名付けました。

今では、チーズやトマトなどさまざまな食品中に、うま味が含まれていることがわかっています。

さまざまな食品にうま味成分であるグルタミン酸が含まれている
法人うま味インフォメーションセンター

さまざまな食品にうま味成分であるグルタミン酸が含まれている

グルタミン酸はアミノ酸の一種です。タンパク質の多い食品を発酵や熟成、乾燥などして加工すると、アミノ酸のつながったものであるタンパク質の一部は分解され、グルタミン酸が遊離し食品中のナトリウムやカリウムなどと結合してうま味となるのです。

チーズや味噌、醤油、熟成肉などさまざまな食品でこの現象が起きているからこそ、これらはおいしいのです。

発酵や熟成をして加工するとうま味成分は増える
食品安全委員会資料「食べ物の基礎知識」

発酵や熟成をして加工するとうま味成分は増える

自然のうま味とMSGは同じなのに、なぜMSGは嫌われる?

うま味は、人類にとってタンパク質摂取のシグナルでもあるのでは、と考えられています。

食品を口にしてうま味を舌で感じたら「この食品はタンパク質が多い」ということを意味します。タンパク質は、人の体にとって極めて重要な栄養素なので、「この食品は、たくさん食べた方がよいぞ」と教えてくれるのです。

日本人にとってうま味はおなじみ。発酵や熟成で食品にうま味が増す、というのも常識です。しかし、アメリカ人は、うま味を意識しないまま食べています。そのためフォーラムでは、自然の食品にうま味が大量に含まれていることやその生理的な役割の解説に、かなりの時間が割かれました。

そして、MSGは、食品中に含まれるうま味と同じものであることが伝えられます。現在、MSGは発酵法で糖蜜などから作られていますが、できる化学物質は、食品に自然に含まれるものとまったく同じ。「なのに、どうしてMSGだけを嫌うの?」というわけです。

世界にあるうま味たっぷりの伝統食品
NPO法人うま味インフォメーションセンター

世界にあるうま味たっぷりの伝統食品

アメリカにおけるMSGの歴史も紹介されました。味の素は1909年の創業ですが、1920年代にはアメリカへの輸出を始めています。

しかし、アメリカ社会に一気に普及したのは、第二次世界大戦後。陸軍が、兵隊たちに配る缶詰の食品、いわゆる「ミリメシ」の不評に困り、改善策を模索した中で浮上したのがMSGでした。MSG使用により味が劇的によくなったのです。その後、市販の加工食品や外食でも使われるようになります。

ところが、1968年、大事件が勃発します。アメリカの医師が、MSGを大量に食べたことが原因で頭痛や顔のほてりなどが起きたとして、「中華料理店シンドローム」と名付けて権威ある学術誌「New England Journal of Medicine」で報告したのです。

これを契機に、MSGの評判は一気に下降。動物の腹腔にMSGを大量に注射するような無理な実験で出た症状も、MSGは悪い、とする根拠となりました。

その後、多くの実験・研究が行われ、1987年にはFAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)が安全だと認め、EUやアメリカ食品医薬品局(FDA)なども同様の判断を示しました。しかし、風評は収まらず今に至っています。

アメリカでは、食品加工に添加した場合には原材料として表示することが定められていますが、「no-MSG」「NO ADDED MSG(MSG不使用)」などとパッケージに大きく表示している製品もあります。

ちなみに日本では、MSGの多用が味覚障害につながっている、という主張があります。しかし、科学的な根拠は示されません。食品には自然由来のうま味が大量に含まれており、人の体重の2%はグルタミン酸です。母乳にも非常に多く含まれています。なのに、MSGだけ味覚障害の原因に、というのは理屈に合いません。

日清食品のカップヌードルは、NO ADDED MSG(MSG 不使用)と大きく表示してある。ただし、その下に小さく「自然由来のグルタミン酸を含む」と書いてある。分析では、添加したMSGと自然由来のグルタミン酸は区別できない
Waki Matsunaga

日清食品のカップヌードルは、NO ADDED MSG(MSG 不使用)と大きく表示してある。ただし、その下に小さく「自然由来のグルタミン酸を含む」と書いてある。分析では、添加したMSGと自然由来のグルタミン酸は区別できない

アメリカ人作家が、レイシズムだと指摘

「Eight Flavors:The Untold Story of American Cuisine」という著書を2016年に出版した作家、Sarah Lohmanさんは、浜辺を歩いていて、商品名に大きく「with MSG」と入った調味料の古いビンを拾ったことを契機にMSGを調べ始めたエピソードを交え、MSGに対するアメリカ人の意識の変遷を語りました。

企業が商品名に入れるほどのプラスイメージを持っていたMSGが、学術誌への掲載を契機に一気に評価が下落し、回復できないでいるのです。

彼女も最初はMSGを悪いと思い込んでいましたが、さまざまな角度から調べた結果、うま味は食品中に普通にありMSGは問題ない、という結論となったそうです。

アメリカでこれほど劇的に誤解が広がった背景にあるのは、1962年に発表された小説「沈黙の春」をはじめとする科学への批判、反発、ほかの人工的な添加物が発がん性などを理由に使用禁止となった事件などから産まれた添加物忌避の感情。

そして、「アメリカ人の意識の中にレイシズムがあった。今こそ変わるべきだ」と彼女は熱く語りました。

会場の聴衆の中には、同意する意見をツイッターやインスタグラムに書き込む人もいました。

減塩や唾液分泌を促す効果も

また、MSGの便益(ベネフィット)に関する情報も提供されました。シェフが「料理に使うとおいしくなる」と説明し、The Glutamate Association(グルタミン酸協会)の職員がMSGを上手に用いると料理の塩分を減らすことができたり、唾液の分泌を促したりする効果があると説明しました。

これらのベネフィットについては、学術論文も出ています。

ただし、グルタミン酸協会のメインスポンサーは味の素社なので、ベネフィットのプレゼンテーションについて私は、その点を考慮しながら聞きました。

21日に行われたパネルディスカッションでも、アメリカの生化学者や歴史学者、メディア関係者等が、なぜMSGが誤解されているのか、客観的に語り合いました。「myth(神話)」と「fact(事実)」を提示し、感情と事実を区別すること、教育の重要性などが指摘されました。

行動科学の研究者は、心理学の二重過程理論を紹介しました。

パネルディスカッションの議論の内容が、ボードにまとめられた
Waki Matsunaga

パネルディスカッションの議論の内容が、ボードにまとめられた

人はどうしても、すばやく自動的、直感的に、昔から言われてきた流れに沿って判断しがちであり、これは「システム1」と呼ばれます。調査し情報を集め総合的に判断するのは「システム2」ですが、人はこのメカニズムを動かすのが苦手。

心理学、行動経済学の分野でよく語られる説です。そして、うま味、MSG反対派は、うまく消費者の直感に働きかけ、システム1を喚起し、運動を展開している、というのです。

MSG批判が、工業化への反発と自然への回帰、という人の感情にマッチしていることも語られました。

以上が、2日間のフォーラムでの概要です。このほか、うま味を味わう料理が昼食や夕食で提供され、味の素グローバルコミュニケーション部上席理事の二宮くみ子さんのリードで、野菜スープにMSGを混ぜることによってどのように味が変わるかを参加者に体験してもらう時間もありました。

Waki Matsunaga

味の素グローバルコミュニケーション部の二宮くみ子上席理事が、うま味のテイスティングとトレーニングを解説。参加者は、野菜スープと、MSGを添加した野菜スープを口にして、味の違いを実感した。この後、二宮さんは、参加者や講演者らからUmami Momというニックネームで呼ばれていた

1企業の問題ではなく、ファクトチェックの話だった

全体を通して、講演者が、味の素という一企業の利害ではなく、氾濫するフェイクニュースとファクトチェック、「感情vs事実」、という観点から、この問題を見ていることがよくわかりました。

2日間の議論を牽引したのは、Andrew Zimmern氏。アメリカ人にはテレビでおなじみの有名シェフです。この人がとにかく本気。さまざまな料理に含まれるうま味を紹介し、シェフとして料理も実演し、「僕は料理にMSGを使うよ」 と明言し、「MSG排除は感情的。ファクトで判断しないとね」と熱弁を振るうのです。

味の素社は2日目の朝、メディアを集めた説明会を開いたのですが、それにも同席し、自らMSGも用いて調理したサーモンを振る舞い、記者から同社に質問が向けられると、同社の回答の後にわざわざ補足説明を買って出るほど。

味の素社が2日間のギャラに相応の額を払ったのは間違いないところですが、でも、彼がお仕事ではなく真からレイシズムに怒りを感じ、このイベントをアメリカ人の誤解を正すスタートラインにしたい、と願っているのが、言葉と行動の端々からうかがえました。

味の素社の記者会見なのに、シェフのAndrew Zimmern氏が熱弁を振るう
Waki Matsunaga

味の素社の記者会見なのに、シェフのAndrew Zimmern氏が熱弁を振るう

では、聴衆の反応は? 栄養士、料理研究家などに少しインタビューしてみましたが、多くはある程度は知識があって参加しているようで、極端に意見が変わった、という感じはありませんでした。

ただし、「こんなに私たちは日常的にうま味を食べ、MSGのエビデンスがたくさんあるのか、改めてよくわかった。イベント自体も楽しかった」という感想が複数の人から聞かれました。SNSで発信している人もいました。

味の素社は、情報発信へ大きく姿勢を転換

同社は昨年、グロバールコミュニケーション部を立ち上げて、国際的なコミュニケーション活動に力を入れ始めています。ニュースレターを日本語、英語以外にも8カ国語で発行。もう10号を出しています。

ニュースレター第4号では、味の素が当初から根拠なき風評に苦しんできたことを紹介した。これは、味の素が蛇からできている、とした大正時代の風刺画
味の素

ニュースレター第4号では、味の素が当初から根拠なき風評に苦しんできたことを紹介した。これは、味の素が蛇からできている、とした大正時代の風刺画

実は同社は、MSGの情報の是正にこれまで熱心とは言えませんでした。批判され萎縮し、中華料理店シンドロームへの反論などとんでもない、という感じ。「寝た子を起こすな」というのが社の雰囲気だった、と2000年からうま味の広報活動に関わってきた二宮さん自身が言うのです。

MSGの安全性等に関する広報は、主に企業名の出ない別団体名で行ってきました。

しかし、インターネットの普及、情報の氾濫を背景に、「説明しコミュニケーションを図る姿勢をしっかりと見せて行く」と方針転換しました。

SNSやウェブメディアでは、「中華料理店シンドローム」などの古い情報のみが抜き出されて伝えられたり、根拠のない味覚障害などの思い込みが絶え間なく発信されていたりします。

「企業として透明性を確保し、どんな質問にも答え信頼獲得を目指すべきだ」と西井社長は強い意思を抱いている、と社員は口を揃えます。

昨年度から3カ年の計画で、うま味について説明しMSGにかんする正しい理解を世界に求めてゆく「うま味プロジェクト」を展開しています。予算は10億円です。

昨年12月には、学術誌「Nature」を発行するSpringer Nature社と共に、ロンドンでサイエンスカフェを開き、オクスフォード大教授で著名なJohn Krebs卿らを招いてMSGを巡る誤解について語り合いました。

今回、ニューヨーク・マンハッタンのコンラッドホテルという一流ホテルでフォーラムを開催したのは「世界に情報を発信するためのキックオフイベントという位置づけ」と二宮さんは話します。

研究開発統括を務める木村毅・取締役常務執行役員は、今回のイベントの評価に一喜一憂するのではなく、「重要なのは今後の情報発信、コミュニケーションの継続とその内容だ」と強調します。

木村さんは1990年代の反対運動が激しい時期にアメリカに赴任しており、アンチグループと直接対峙した経験も持っています。それだけに、これから甘くはないよという気持ちと、Andrew Zimmern氏らが率先して誤解を解くべく奮闘していることへの感謝とが交錯しているようでした。

トランプ政権以来、情報を疑う機運が生まれている

それにしてもなぜ今、味の素社は世界のフェイクニュース、そして誤解と偏見に闘いを挑むのか。味の素アメリカの稲森哲・上席役員の言葉が印象に残ります。

「アメリカは今、トランプ政権を巡る様々な情報氾濫を背景に、どんな情報も鵜呑みにはせず、まず疑うベースができてきたように思います。とくに若い人たちは、自分たちの新しい視点でさまざまな情報を集めて自分たちで判断したい、という気持ちが強くなっている。だからこそ、科学的に適切な情報をしっかりと提供する流れを作りたいのです」

MSGに限らず、添加物は嫌われものです。アメリカでも日本でも。9月29日、アメリカ・マクドナルド社がハンバーガーやビックマックなどから保存料や着色料などの人工添加物を排除する方針をとったことがニュースで流れました。

健康志向の消費者を取り込むのが狙いだとか。日本マクドナルドも同じ方針、と報じられています。しかし、添加物はリスク評価され、問題がないと確認されて用いられています。人工だから悪い、という判断は科学的にはナンセンスの一語に尽きます。

そもそも、ハンバーガーなど栄養が偏った食品を大量に食べる生活が健康によくないのは明白です。結局、添加物排除が、企業の消費者に対する目くらましの方便にもなっているのが今の状況なのです。だからこそ、情報を吟味することが大事。あなたは、味の素の苦闘をどう考えますか?


【参考文献】

World umami forum(フォーラムの資料、写真、動画等が公開されているほか、うま味やMSGの安全性等の学術的根拠となる論文・報告へのリンク集なども)

WHO国際化学物質安全性計画・グルタミン酸塩

アメリカ食品医薬品局(FDA)・Questions and Answers on Monosodium glutamate (MSG)

欧州食品安全機関(EFSA)・EFSA reviews safety of glutamates added to food

うま味インフォメーションセンター(Umami Information Center)

The Glutamate Association(グルタミン酸協会)

食品安全委員会・食べ物の基礎知識

ロンドンで昨年開かれたサイエンスカフェTaste science, culture and communicationレポート

ITmediaビジネスオンライン・米マクドナルド、バーガー7種に人工保存料など使わず 日本も「可能な限り減らす」

【松永和紀(まつなが・わき)】 科学ジャーナリスト

京都大学大学院農学研究科修士課程修了(農芸化学専攻)。毎日新聞社に記者として10年間勤めたのち独立。食品の安全性や生産技術、環境影響等を主な専門領域として、執筆や講演活動などを続けている。「メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学」(光文社新書)で科学ジャーナリスト賞2008を受賞。新刊は「効かない健康食品 危ない天然・自然」(同)