親から、親戚から、先生から…。「性的に不適切な発言」を最初に受けたときの話

    「12歳でした。両親が開いたBBQパーティーでのこと」

    警告:この記事には、セクシュアルハラスメントに該当する言動が含まれています。

    ネット掲示板Redditであるユーザーが質問を投げかけました。「女の子、女性に質問。性的に不適切な発言を初めて受けたのは、あなたが何歳のときだった?」

    ITV Studios Global Entertainment / Warner Bros. Television Distribution / Via giphy.com

    「そのときあなたはどう反応した? そしてその出来事は、あなたの自己評価や行動にどんな影響を与えた?」

    スレッドに、続々と書き込みがありました。

    幼少期に性的に見られた経験についてたくさんの女性が書き込んでいますが、家族や知り合い、学校で接する人からの発言も意外と多いんです。

    投稿の一部をまとめました。

    1. 「私が12歳のとき、両親が開いたBBQパーティーでのことです。プールがあったので水着姿でした」

    「父親の友だちの友だちが、奥さんをここに置いていって、代わりに私を連れて帰りたいと言ったんです」

    「ものすごく恥ずかしくなって、何も言いませんでした。洋服に着替え、パーティーが終わるまで自分の部屋にいました。他にその発言を聞いていた大人もいて、その男はパーティーから追い出されたけど」

    —u/sassylittlespoon

    2. 「最初に性の対象になったのは、11歳か12歳のとき。クリスマス用に、黒くて柔らかい生地のタイトなブラウスを買ってもらい、教会へ着ていきました」

    「教会の入り口でジャケットを脱いだとき、父親が仰天して、私を家へ連れ帰りました。私の乳首の形がもろに分かって、父親が大騒ぎしたんです」

    「その日のうちに、父は母に、私用のトレーニングブラを買いに行かせました」

    「思春期を迎える前、何度か意味が分からないことを言われたことがありましたが、記憶にある限りこれが最初のことでした」

    「いま私は31歳なのですが、人前で乳首が見えていたらと考えるといまだに恐ろしいです。あの日の父との言い合いは、一生涯のこる影響を私に与えました」

    —u/Jefauver

    NBCUniversal Television Distribution / Via giphy.com

    3. 「10歳くらいでした。もう大きくなっていた私の胸を見て、家族の男友達が冗談でこう言いました。『妻の授乳を手伝ってくれよ』」

    「私は泣き叫びました。両親が謝らせましたが、まだはっきりと覚えています。その人とはもう友人関係ではありません」

    —u/Bubbly_Cranberry5790

    20th Television / Via giphy.com

    4. 「義理の従兄弟に、何色の下着をはいているのか聞かれました。6歳くらいでした」

    「あとは、15歳のときにウエイトレスをしていたら、給仕していた男にこう言われました」

    「『あんたについて考えたことで、ムショに入れられちゃうよ』って。あのときのことは、忘れられません」

    —u/meatmama

    5. 「いま16歳です。膝をついてリュックに荷物を詰めていたら、先生がこう言ったんです。『ああ、俺はひざまずいてもらうのがいちばん好きだ』」

    「みんな、私のことをじっと見ていて、当惑しました。なんでそんなことを言われたのか、いまだに分かりません」

    「いちばん最初に言われた言葉ではありませんが、ものすごく居心地が悪く感じた言葉でした」

    —u/Silly-Tone5708

    Hulu / Via giphy.com

    6. 「10歳でした。従姉妹や友だちよりも、私は早く成長しました」

    「毎年、独立記念日に開催している親族のBBQパーティーでのことでした」

    「子どもたちはみんな、水着姿で走り回っていました。叔父に腕を掴まれ、立ち止まりました。叔父は私をじろじろ見て、咳払いをし、みんなの注目を集めました」

    「そしてこう言ったんです。『この子はもう女みたいだ。男はみんな、この体に夢中になる』って」

    「この言葉で、10歳の私は、体がよければ男はどんなことがあっても自分を愛すると信じてしまいました」

    「いまでは考えが変わり始めましたが、それまで何年もかかりました」

    —u/butyourhonour

    Bounce TV / Swirl Films / Via giphy.com

    7. 「11歳か12歳のときにバナナを食べていたら、『娼婦みたいな食べ方をするな』と父親に言われました」

    「ものすごく当惑したけれど、バナナと男性器の関連を理解したのは、何年もあとのことでした」

    —u/Idk_whats_real

    20th Television

    8. 「11歳でした。結婚披露宴でのことでした」

    「私の年齢の話題になって、私の母親がすぐそこに立っているのに、花嫁の父親がこう言ったんです」

    「『11歳だってよ。俺が11のときは、あんな風じゃなかったよ』って、いやらしい目をしながら」

    「悲しいのは、誰かが私に不適切なことを言った最初が、祝いの場での出来事だったこと。でも、最初に変なふうに触られたのは、4歳か5歳のときでした」

    —u/TheMadVixen

    9. 「6年生、11歳か12歳でした。発育が早く、転校生でした。クラスの男子にたくさんのことを言われました」

    「先生に言いつけましたが、『男子だから』とはねのけられました」

    「ずっと無視していたのですが、ある男子が私のブラのフックをはずそうとしました」

    「おっとりした性格の私でも、触られると話は別。そいつの前髪を掴み、頭を壁に打ちつけて、理解させてやりました」

    「教頭室に呼び出されたので、事情を説明しました。嫌がらせが続いて、実力行使に出たこと、先生が取り合ってくれなかったこと。その子は停学になり、私は無罪放免でした」

    —u/Karbar049

    Warner Bros. Domestic Television Distribution / HBO Enterprises

    10. 「8年生(中2)のとき、暑かったのでショートパンツをはいていました」

    「隣の席の男子が、私の右肩を触ってこう言ったんです。『レイプって、右肩に触ってから始まるって知ってた?』『君のふとももってムチムチしてるね。勃起しちゃう』」

    「いつも無視していましたが、いま17歳になってようやくそれがセクハラだと分かるようになりました」

    —u/lolrazzledazzle

    Universal Pictures / Via giphy.com

    11. 「7歳くらいのときに、近所の人が、家に友人を招いていました。私の知らない男でした」

    「その男は『カエルの口にキスをするのと、ウサギの耳の間にキスをするの、どっちがいい?』と私に尋ねました」

    「『ウサギの耳の間』と私が答えると、男はジーンズの両ポケットから内側の白い布を引き出し、外側に向けて引っ張り上げ、下半身をウサギに見立てました」

    「そして腰を前に突き出して、こう言ったんです。『ほら、キスしろよ』」

    「そのときは意味がよく分かりませんでしたが、不適切なことだとは分かりました」

    —u/greenhouse5

    12. 「7歳のとき、変な男からプールの女子更衣室を見せてと言われました。幸い、私には先生を呼びに行く判断力がありました」

    —u/BerriesAndMe

    Netflix Streaming Services / Via giphy.com

    13. 「13歳か14歳でした。20代前半の男に、処女かどうか尋ねられました。彼は処女としかデートしないと言うのです」

    「内気で臆病な私は、男を見つめるだけで、返事ができず…。その場で動けなくなってしまいました」

    —u/Countess_Yiffy

    NBCUniversal Television Distribution / Via giphy.com

    14. 「5歳でした。近所に9歳の男の子がいて、その子には4歳の弟がいました。性的に不適切なことを言われたり、頼まれたりした最初の体験でした」

    「9歳の男の子の部屋で、私と弟と3人でよく遊んだのですが、ある日彼は私に毛布をかけて、セックスしたいかと尋ねました」

    「彼はセックスが何か、5歳の女の子に頼むのがどんなことかも知っていました」

    「ふたりは私に女性の体に関する本を見せたり、女性器について話したり、私のバービー人形に油性ペンで乳首を描いたりしました」

    「ふたりは性的なものを見過ぎていたに違いありません。不安を感じたのを覚えています。私の最初の不安体験です。そして、ものすごい罪悪感。自分が汚らしく、間違っているように感じました」

    —u/Dread_Wolf_TakeMe

    性犯罪・性暴力の被害に遭い、困っている場合は…

    ひとりで抱え込まず、誰かに相談しましょう。

    ・性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター「#8891」

    ・各都道府県警察の性犯罪被害相談窓口につながる全国共通番号「#8103」

    ・DV相談+「0120-279-889」

    私たちは2021年の日本をどう生きる?

    BuzzFeed

    新型コロナウイルスの影響で暮らしが大きく変わった今だからこそ、じっくり考えたい「ジェンダー」「環境」「働き方」のこと。

    BuzzFeed Japanは3月6日(土)と3月7日(日)の2日間、イベント「私たちは2021年の日本をどう生きる?」をYouTubeでライブ配信します。

    ゲストは、バービーさん(お笑い芸人)、ミチさん(モデル)、犬山紙子さん(エッセイスト)、みたらし加奈さん(臨床心理士)、辻愛沙子さん(arca CEO)、仁禮彩香さん(TimeLeap代表)、林輝幸さん(クイズ王)、横山由依さん(AKB48)、マリエさん(デザイナー)、りゅうちぇるさん(タレント)ほか多数!

    両日とも14時から配信。参加(視聴)は無料です。こちらから事前登録をお願いします!

    備考:内容は一部、読みやすさのために編集してあります。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:五十川勇気 / 編集:BuzzFeed Japan