• stayhomejp badge
Posted on 2020年5月26日

在宅勤務に飽きてきたので、1週間バチバチにキメた服装で挑んだ結果

どこにも行く予定はないけど…おしゃれすると気分は上がる?

by ,

みなさん、こんにちは!BuzzFeedスタッフのイザベルとヴァレーザです。もう何週間も在宅で仕事をしています。でも正直なところ、毎日らくちんレギンス+ゆったりTシャツでいる生活にかなり飽きてきました。

Isabel Daly and Valeza Bakoli / Via Buzzfeed

こちらはロックダウンに入るだいぶ前の二人。左がヴァレーザ、右がイザベル。

ちなみに、在宅勤務の服装は二人ともこんな感じ。

Valeza Bakolli / Via BuzzFeed
Isabel Daly / Via Buzfeed

ロックダウン生活では、普段なら何てことないスーパーへの買いものが「今週のビッグイベント」だったりします。それをめいっぱい楽しんでいる人たちがいると知って、私たちは刺激を受けました。例えば、ゴージャスなドレスを着てスーパーへ繰り出したこちらの女性。

そこで5日間、ふだん着ではなく思いっきりいい服を着て在宅勤務に挑戦してみることにしました。おしゃれすると気分が上がるのか、やる気が出るのか、あるいはちょっと気分転換になるのかどうか、実験してみます!

Eleven Film / Via giphy.com

さよなら、部屋着生活。今日からはフォーマルドレスで在宅勤務!

✨ 月曜日 ✨

Valeza Bakolli / BuzzFeed, 20th Century Fox

ヴァレーザ:

週の始まり、仕事モードに入るために選んだのは、ワタシ的パワースーツ。

『ザ・シンプソンズ』でお母さんのマージがボタン付きのピンクのシャネルスーツを着るんだけど、あれにちょっと似ている大好きなパンツスーツです。

初日にこれなら「やりすぎ感」も出すぎないし、ゆったりしたフィット感がパジャマ感覚で着られていいかな、と。

Valeza Bakolli / Via BuzzFeed

ところで、パンツスーツとフルメーク姿で昼休みのHIIT(高強度インターバルトレーニング)をやるのは、汗だくになるしキツいと判明。

プランクならまだスーツでもいけるかもしれないけど、ジャンピングジャックは完全にムリ!とりあえず今週のワークアウトは、仕事時間外にやることにします…。

Isabel Daly / Via Buzzfeed

イザベル:

賢人の考えは同じ!私も週初めはパワースーツでスタート。

イメージは、「Speak now」のテイラー・スウィフトが80年代のキャリアウーマンだったら着そうなスーツ。これを着たら1日楽しくてしかたなかった。

何かと理由をつくっては鏡に映る自分を見にいったりして。何週間ぶりかで元気がわいてきました。

1日ブラをつけてるのも全然気にならない。いいスタート!

Isabel Daly / Via Buzzfeed

あと、パンツスーツで運動するのは間違いなくキツいです。やらなきゃよかった。

✨ 火曜日 ✨

Isabel Daly / Via Buzzfeed

イザベル:

初日は楽しかったけど、火曜日はさらにフォーマル路線でいこうと選んだのが…イブニングドレス!

月曜より大変でした。ジュニアプロムのときのドレスを物置から掘り出してきて、スチームでしわを伸ばして、髪をストレートにブローして(これがめちゃくちゃ時間かかる)、ナチュラル風メイクをする。

この壮大な努力のために、いつもよりなんと2時間も早起き!普段の朝の私は仕事が始まる2分前に起きて、ベッドわきのテーブルからラップトップを出してくるのがお決まり。朝起きるのが辛かった…。

ところが、いざドレスを着てみるとすごくいい気分!これを着ているとプロムで楽しかったことを思い出します。今の状況が落ち着いて、友だちに会うのが楽しみになりました。

仕事を終えた後はSpotifyのプレイリストで昔の曲をかけて、2014年に戻った気分でひとり盛り上がりました。

Valeza Bakolli / Via BuzzFeed

ヴァレーザ:

今日は「マリリン・モンロー風ロングドレス」をチョイス。

これを着るのはほんのちょっっとだけ恥ずかしい気持ちはあったものの、早起きしたイザベルに対して私が準備にかけた時間はわずか!

イヤリングが良いアクセントになって、その他の欠点をカバーしてくれてます。名づけてゆるふわハイポニーテール。

初日の新鮮な気分はどうしても薄れてしまい、今朝起きるのはつらかった。と言いつつ、このドレスをまとってふわーっと優雅に階段を下りて朝ごはんを食べに行くのはかなりいい気分でした。

ディズニーのプリンセスみたい、ってママに言われたのも楽しかった。外はまぶしいくらい晴れていて、いい風も吹いてたので、この条件を利用して庭でマリリン・モンロー風ショットを撮ってみました。

撮影者は、クリエイティブな腕を発揮したうちのママです。

✨ 水曜日 ✨

Valeza Bakolli / Via BuzzFeed

ヴァレーザ:

今日は私が「シンデレラドレス✨」と呼んでいるドレス。

実は気持ちが沈んでいてアイメークなんてする気分ではなく、どこか暗い気持ちでした。

ちょうど去年の今ごろ、友人の結婚式にこれを着て行ったので、そのときのことを思い出してたのかもしれないし、現実を妙にリアルに感じてしまったのかも?

とにかく、朝ごはんのシリアルを食べながら1年前の自分の写真を見ていたら、考えこんでしまったのは確か。

それでもちゃんと髪を洗って、ドレスアップに合わせてまっすぐストレートにブローして、仕事が終わってからおばあちゃんとビデオ通話しました。おばあちゃんがうれしそうに笑ってくれたから、私も笑顔になりました😌

Isabel Daly / Via Buzzfeed

イザベル:

水曜日に選んだのはビンテージのカクテルドレス。なんとなく不調で、カジュアル寄りの格好をしたかったんです。

カクテルドレスなら、カジュアルでも今回のチャレンジのルール範囲内かなと思ってのチョイスです。

これは古着屋さんで見つけたのだけど、着るといつも『マッドメン』のエキストラになった気分になります。この日は晴れていたけど肌寒かったので、黒のトレンチコートを合わせてみました。

ヴァレーザと同じく、私も過去にこのドレスを着て出かけたときのことをどうしても思い出してしまいました。デート、パーティ、観劇…。

毎日こうしておしゃれするのは思った以上に楽しいけど、やっぱり出かけるイベントが何かあればいいのに、と考えてしまいます。

✨ 木曜日 ✨

Isabel Daly / Via Buzzfeed

イザベル:

残り2日。この日選んだのは、卒業式で着たドレスです。

このドレスは大好きなんだけど、いくつか問題が発生しました。まず、これに合わせて履いてた15センチヒールはもう手放してしまったので、すそが長すぎること。

あとネックラインが深く開いていて、ブラが見えないようにするのがほぼ不可能でした。

それから、親が二人とも日課のエクササイズに行ってしまったので、どうやって一人で撮影するか…。

Isabel Daly / Via Buzzfeed

「最高!!このモデルをみんな雑誌の表紙にするべき!」

なんとか写真を撮ってヴァレーザに送ると、絶賛してくれました!5日間でこの日の写真が1番のお気に入りです。

このチャレンジは誰かと一緒にやるからこそいいんだな、と確認できた木曜日でした。

Valeza Bakolli / Via BuzzFeed

ヴァレーザ:

イザベルの華麗であざやかなイエローのドレスから無意識のうちにエナジーを受け取ったのか、今日はかなりポジティブな気持ちに。

もちろん、レモンイエローのこのドレスのおかげでもあります。ラッフルが何層にもなっていて動くたびにさらさら音を立てるのが好きで、しょっちゅう家の中をくるくる回りながら踊ってました。

今日もいいお天気だったので、庭で2度目の撮影会。素材が薄手のニット生地なので着心地もよくて、家で仕事する日には絶対にまた着たいです。

意外なことに、カジュアルなサンダルと合ってたのもうれしい!

✨ 金曜日✨

Valeza Bakolli / Via BuzzFeed

ヴァレーザ:

いよいよ最終日!クレープ地でフィット感のあるこのドレスは大好きな1着です。

今日は気がつけばすそをなびかせて家の中を動き回っていました。

午前中に荷物が届いたとき、イブニングドレス姿で登場して配達のお兄さんを驚かせちゃいました。

Valeza Bakolli / Via BuzzFeed

昼間、お菓子を焼こうと思い立って(自慢のドレスの全体像を見せたいがために)料理中のショットを何枚も撮影しました。

これも、終日着っぱなしでも驚くほど快適でした。

気づいたこと:私が持っている服のほとんどは(おしゃれ着でも)、家でずっと着ていても楽なものばかりだと判明しました!今までは家でお出かけ着を着るのを避けていたけど、これを機に解消されそう!

Isabel Daly / Via Buzzfeed

イザベル:

私のフィナーレを飾るのは、ジャージー素材のピンクのドレス。1年近く着ていなくて、実は数日前まで存在すら忘れていました…。

「さあ、私のために神殿を建て、ヤギをいけにえに捧げよ!」――これを着ていると気分はギリシャ神話の女神。

この日の朝、生理が始まったので、本当はスウェット着てソファでごろごろしながらNetflixで『ペーパー・ハウス』でも見てたいところでした。でもヴァレーザと、BuzzFeedと、そして自分と約束していたので、やらなければ。

というわけで気乗りしないけどスウェットを脱いで、痛み止めを飲んで、のろのろとドレスに着替えました。で、ソファでごろごろして『ペーパー・ハウス』を見たのでした。

ヴァレーザも言っていたけど、私も意外にらくちんな服が多かったのが驚きでした。このドレスも、1日着ていても問題なしでした。

ソフトでストレッチが効いた素材だし、サイドにスリットが入っていて動きづらさもなし。ゴージャスな気分で、しかも快適!この2つ、意外にも両立できるんですね。

✨ まとめ ✨

Isabel Daly / Via Buzzfeed

イザベル:

多少の波はあったけど、心から楽しんだ5日間でした。ぜひみなさんにもやってみてほしい!

おしゃれして気分が上がるよさは、早起きしたり1日ブラをつけたりしなきゃならなくても余りあると思います。

家にいる5日間、ドレスアップで元気がわいたらいいなと思ってやってみたわけですが、まさにそのとおりの結果になりました!

私が最近無気力になっていたのは、変化がなくて行き詰まってたのが大きな原因だったと思います。同じ部屋に閉じこもり、変化のないルーティンをこなし、毎日同じスウェットを着て過ごす。

ファンシーなドレスを着ることは、単調だった私のロックダウン生活に風穴を開けてくれました。

Isabel Daly / Via Buzzfeed

パンデミックに見舞われている今はどうしても「制限されていること」、「できなくなってしまったこと」に目を向けがちです。

今回のチャレンジでは「今もできること」があるんだと気づかされました。

私は世界を思いどおりにはできないけれど、自分の着るものは好きなように選べます。

どうでもいいことみたいだけど、大好きなかわいい服をいつでも着られるんだと思うと、楽しい気持ちになりました!

Valeza Bakolli / Via BuzzFeed

ヴァレーザ:

このチャレンジを通じて、元気とモチベーションがわいて、怖いものなしのスーパーウーマンみたいになれるかな、と始める前は考えていました。

5日間やってみた結果、それとはまったく違う、もっと面白いことを学んだ気がします。私はここしばらく、深刻なくらい創造力もモチベーションも失ってしまっていました。

普通ではない状況にある今、同じような悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

いつもと違うファッションを5日間試してみて、その状況が必ずしも変わったとは言えません。でもこの1週間を、あとで振り返って懐かしく笑える時間にできたのは確かです。

Valeza Bakolli / Via BuzzFeed

さっそうとキメてごみ出しに行ったのがもうすでに懐かしくーー友達や家族や近所の人と笑い合ったことも、早起きして知った郵便屋さんの存在も、こわばり気味のウエストラインも、静電気で広がりっぱなしの髪も、みんなかけがえのない大切な経験になりました!

もちろん、スキンケアやエクササイズ、好きなTVシリーズの一気見もいいセルフケアだと思っています。

でも今回のチャレンジは、ちょっとだけ自分に好き放題させて、間違いなくおバカで、今私たちが経験してる特殊な状況にぴったり合っていて、私にとってちょっと違ったタイプのセルフケアだった気がします。

この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:石垣賀子 / 編集:BuzzFeed Japan

BuzzFeed Daily

Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

Newsletter signup form