職人が握るお寿司が70分食べ放題…!都立大にこの世の天国があった

    こんなに幸せになれるなんて。

    カウンターのお寿司が食べ放題のお店があるんです!

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    都立大学駅から徒歩7分の「すし処 新田中」というお店。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    男性は4100円、女性は3670円で70分間お寿司が食べ放題になります。

    平日の夜、店内は超満員。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    水曜日の8時半に入りましたが、L字カウンターの14席すべてが埋まっていました。予約は必須です。

    約70種類から好きなネタを頼めます。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    定番の握りから、わさび巻や山芋巻などのめずらしいお寿司まで、充実のラインナップです。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    「値段を気にせず寿司屋に来て欲しい」との思いから食べ放題サービスを続けているそう。

    最初にトロと鮪づけが出てきて、食べ放題がスタート!

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    口の中でトロが溶けていく…。

    どんどん頼んでいきます!

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    金目鯛とぶり。どのネタも新鮮で美味しい。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    サーモン。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    カンパチ。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    さより。

    ほとんどの人が頼む、名物の煮穴子。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    塩とタレでいただきます。ふっくらしていて美味しい。

    いかは三種類を食べ比べ。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    やりいか、しみいか、あおりいかの三種類。それぞれ弾力が違います。

    活車海老を頼むと、水槽から生きた海老が!

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    殻をむいて、すぐに握りにしてくれます。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    新鮮すぎてピクピク動きます!甘みと弾力がケタ違いです。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    こちらはボイルした海老。口の中に優しい甘みが広がります。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    焼いた顔も出してくれました。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    中トロとさざえ。

    途中であら汁がでてきます。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    ほっと一息…染みます。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    いくらとうに。うにはミョウバン臭くなく、無限に食べられそうです。

    お腹がきつくなってきたので、ここからは1貫ずつに。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    たらときす。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    生たこ。

    あっという間にフィニッシュです。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    最後は黒むつと石鯛でした。

    デザートにスイカが。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    冬に食べるスイカも美味しい。ごちそうさまでした。

    お腹いっぱいお寿司を食べるとこんなにも満たされるのですね。