のどごしが全然違う…! ワンランク上の“高級そうめん”が絶品すぎた

    無限に食べられそう…

    ※BuzzFeedがオススメする商品です。リンク先でお買い物をすると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    こんにちは!『特級』の揖保乃糸です!

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    通常のものとは価格帯が違う「高級そうめん」って販売している店舗が少ないので、なかなか食べる機会がありませんよね。

    ランクの高いそうめんは普通のそうめんとどれくらい味が違うのでしょうか?実際に食べ比べてみました。

    スーパーでよく販売している揖保乃糸は『上級』の赤帯、それよりランクが高い『特級』は黒帯になります。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    特級品』は上質の原料小麦粉を使用して、厳寒期(12月〜翌年2月)につくられる逸品。

    製造は組合が選抜指定した熟練製造者に限定されています。箱に入っている説明書きには、責任者の押印がありました。

    さっそくゆでてみます。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    ゆで時間は1分30秒〜2分になります。

    冷水でもみ洗いしたそうめんがこちら。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    モッチリつやつや食感で、のどごしが最高!

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    これは美味しい…のどごしがいいのでスルスル食べられます。もちもちした歯ごたえも心地よい。

    つぎは三輪山本の手延べそうめん『白龍』です。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    白龍」は創業300年の老舗「三輪そうめん山本」が、代々技に磨きをかけた細延技法で造りあげられた逸品。

    小麦粉、塩、水、少量の綿実油を、気温や湿度に合わせて配合。熟練のそうめん師が、約36時間かけて細いそうめんに仕上げています。

    直径役0.6mmの極細麺。折れやすいので一束ごとに箱に入っています。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    ゆで時間は1分。すぐにゆで上がります。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    “コシの強さ”に衝撃…!噛むほどに美味しい!

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    口当たりは絹のように滑らかですが、噛むとコシの強さに驚きます。ここまでコシが強いそうめんは食べたことがありません。

    テレビで紹介され話題になった小豆島の『オリーブそうめん

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    そうめんにオリーブが練り込まれています。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    瀬戸内の海に浮かぶ小豆島で、およそ400年にわたり受け継がれてきた「手延べそうめん」に、小豆島特産のオリーブがふんだんに練り込まれています。

    ゆでると色合いが鮮やかに。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    オリーブのほのかな味と香りが美味しい。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    オリーブの香りにより、口の中が爽やかになりました。普通のそうめんよりも太く、食べごたえがあります。

    いつもの揖保乃糸(上級)も食べてみます!

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed
    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    上級品も伝統製法を活かし、製品になるまで熟成と延ばしを繰り返しながら造りあげています。

    安定の味…!普通(上級)の揖保乃糸もやっぱり美味しい!

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    コシの強い『白龍』の食感は衝撃でした!夏が終わる前にリピートしたいと思います✨他にも色々なそうめんがあるので、ぜひ食べ比べてみてくださいね😋

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。