本当にR15でいいの? グロ・下ネタ満載の映画『ソーセージ・パーティー』に不安の声

    恋人と行っちゃダメ!

    今年の夏にアメリカで公開され話題を呼んだ映画『ソーセージ・パーティー』が、ついに日本で上映を開始します。

    グロすぎる予告動画

    ソーセージ・パーティーはすべての食べ物を擬人化したコメディー映画。

    Sony Pictures Japan / Via giphy.com

    スーパーマーケットに並ぶ食材たちは、外の世界に連れ出されることを夢見ています。

    Sony Pictures Japan / Via giphy.com

    外の世界には楽園があると信じていますが…。

    Sony Pictures Japan / Via giphy.com
    Sony Pictures Japan / Via giphy.com

    人間によってズタズタにされてしまう食材たち。

    Sony Pictures Japan / Via youtu.be

    かわいいピクサー風のビジュアルですが、グロテスクな表現や下ネタが満載。15歳以上が鑑賞可能なR15+指定となっています。

    観に行く人を選ぶ映画

    映画を観た人からは「狂ってる!」「頭おかしい!」「やばすぎる!」などの反響が寄せられています。

    ソーセージパーティーみてきた! 海外の空気感で見るから許せるけどこれR指定でも日本だといろいろやばそうだなwwww

    映画「ソーセージパーティー」、間違いなく今まで観た映画の中で一番狂ってる。

    Sony Pictures Japan / Via giphy.com

    ソーセージパーティーもっと可愛い映画かと思ったら内容ぶっとびすぎててとにかくクレイジーでもうラストとか下ネタオンパレードでまじでやばい

    ソーセージパーティーやばすぎ笑 R18でもいんじゃないかってくらい笑 エヴァとかまどまぎとかで見慣れてたら見れるか

    Sony Pictures Japan / Via giphy.com

    ソーセージパーティー面白そうって話題になってるけど後半は本当にR18すぎてみた人と気まずくなると思うからみないほうがいい、面白いけどオススメはしない、日本人にはキツい

    Via youtu.be

    先日試写会で【ソーセージ・パーティー】を鑑賞。加工品であるソーセージがしゃべる時点で何でもありのブラックユーモア作品という事がわかるがとにかくあまりにも独創的な世界観でコラコラ…と言いたくなるシーンや意外な展開も多いので新しい感覚の中で笑える作品を求めてる方にはお薦めです。

    Sony Pictures Japan / Via giphy.com

    ソーセージ・パーティー日本公開とか頭おかしすぎるよ!!(いい意味で)何考えてるんだよ!!(いい意味で)観るかよ!そんな映画!!(いい意味で) ありがとう。

    『SAUSAGE PARTY』全編ひどいんだけど、ラストがもうひどすぎるw(褒め言葉)

    Sony Pictures Japan / Via giphy.com

    「ソーセージ・パーティー」試写。セス・ローゲン、クリステン・ウィグ、ジョナ・ヒル、ジェームズ・フランコ、ポール・ラッド、エドワード・ノートン、サルマ・ハエックなどなど豪華声優陣だけど、ソーセージたちがたどり着く“結末”が予想以上に大人向けだったので清い乙女は絶対に見ちゃダメw

    ソーセージパーティー 下ネタが好きな奴が作った下ネタ好きのための下ネタ映画。言葉はクソ汚ねぇは下ネタに薬にグロに色々やってくれたな、大好きだぞ私は!口から内臓が飛び出すほど笑った!ラストにはアニメだからギリ許せる限界シーン、こんな… https://t.co/Mg0CPuqwEi

    Via youtu.be
    Sony Pictures Japan / Via youtu.be

    ソーセージ・パーティ、楽園を信じる食物達の極限サバイバル戦争映画であり、ロマンティックコメディでもあるという嵐のような作品だった。世界一頭の良い人達が全力でふざけて作った料理に言葉が出ない。後半は笑いすぎてスクリーンが観れなかった!

    『ソーセージ・パーティー』試写。楽しすぎる衝撃のR15指定アニメ。スーパーの棚に並ぶ食品たちがキャラクター。いつか合体したいと願うソーセージとパン(笑)。しかし、自分たちが調理されることを知らないとは!卑猥さよりブラックな描写の方が目立つし、思ったより下品じゃない。何より可愛い!

    Sony Pictures Japan / Via youtu.be

    監督は『きかんしゃトーマス』のグレッグ・ティアナンと『マダガスカル3』のコンラッド・ヴァーノン。

    音楽は『美女と野獣』などのディズニー作品を手がけたアラン・メンケンが担当しています。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    先に海外で観た人からは「日本で公開したらヤバそう」との声が多いこの映画。

    配給元のソニー・ピクチャーズエンタテインメントは「勇気を振り絞って公開します!!」とコメントしています。

    とにかく不安しかありません…。

    ソーセージ・パーティ見に来たけど隣が若い女の子4人組で大丈夫かこれ きっと隣のおっさんも同じこと思ってる