Sponsored

これならほしい…! 普段使いもできるスマートな防災グッズ6選

「防災グッズを揃えなきゃ」と思いつつも、「使う機会が少ない割に場所を取るよなぁ…」とためらっている人も少なくないはず。そんな人におすすめの、普段使いもできるスマートな防災グッズをご紹介します!

①おしゃれな「電池式LEDキャンドル」

②シンプルなデザインの「電池式ラジオ」

③コンパクトな「カセットコンロ」

④カセットボンベをセットして使う「ガスストーブ」

⑤スタイリッシュで普段使いできる「レインポンチョ」

⑥味にもこだわった「備蓄用パン」

スマートな防災といえば、停電したときにも役立つスマートなクルマを知っていますか?

さらにトヨタは、LINE上で防災知識を発信中です!

トヨタは8月末から、LINE上で防災に役立つ豆知識や給電車の使い方の情報などが得られる、「防災給電サポーター」の取り組みをはじめました。

普段からスマートに防災知識を蓄えられれば、もしもの時にも安心です。

トヨタ 防災給電サポーターの取り組みについてはこちらの動画をチェック。

あなたもQRコードを読み込んで 「防災給電サポーター」になってみませんか? お友だち登録はこちら

停電時に役立つ「防災ハック」もあわせてチェック!▼

電気がなくても安心!防災ハック5選

他にも知っておきたい「防災ハック」を厳選してお届けしています。こちらの特集ページをぜひチェックしてみてください▼

(※)給電車は、あくまでも停電時の給電に役立つということであり、災害時にクルマで避難することは推奨していません。

■給電機能について

合計消費電力は1500W 以下でご使用ください。1500 Wを超えると保護機能が作動し、給電機能が停止します。

工場出荷時の電源周波数は車両によって異なります。車両の取扱説明書を確認し、電気製品の使用可能な周波数と車両の電源周波数が異なる場合は、販売店にご相談ください(工場出荷時は、50Hzに設定されています)。

一部自治体では駐車または停車中にエンジンを始動させた場合、条例にふれる可能性がありますのでご注意ください。

「スマートな防災グッズ」の監修:三原麻弓(防災備蓄収納マスタープランナー/防災士)

阪神淡路大震災の被災経験から、防災士として数々のセミナーに登壇。わかりやすい災害知識や自宅減災、プチプラ備蓄のススメのほか、片付けのプロとして日常を邪魔しない防災備蓄の収納なども伝えている。

「スマートな防災グッズ」の撮影: 木村心保