羨ましい…労働者にめちゃくちゃ優しい海外の制度

    フィカしたーい!

    1. スウェーデンの習慣「フィカ」。1人で過ごしたり、同僚と過ごしたりするコーヒーブレイクの時間。

    @mat_stockholm / Via instagram.com

    The Little Book of Fikaによれば、スウェーデンのオフィスでは午前と午後に12分ずつフィカの時間がある。

    就業時間の合間に、落ち着いてゆったりと考える時間となっている。

    2. フランスは勤務時間外は「オフラインになる権利」を2017年に合法化。

    @sweetsandsoirees / Via instagram.com

    50人以上の従業員を抱える会社に、就業時間外のメールのやり取りのガイドラインを新たに作る法律が成立した。

    フランスの労働大臣は「休暇時間の尊重を保証する」手段であるとともに、ワークライフバランスの充実を後押ししたいと述べた。

    3. フィンランドでは赤ちゃんが生まれる7ヶ月前から産前休暇を取れて、産後は出産前の給料を満額もらいながら1年間休暇を取れる。

    akindesignstudio.com

    フィンランドは学校に通う子供と過ごす時間が父親の方が母親よりも長い、唯一の国。

    父親のための育児休暇の政策が功を奏している。

    4. ノルウェーでは通勤時間も勤務時間に加えることができる。

    @martinfonne / Via instagram.com

    オフィス外でもメールのチェックはできる。つまり、オフィスから離れてても仕事はできる。

    5. 週で9時間以上の残業は認められていない。残業代は1.5倍の賃金が支払われる。

    http://@kiki.doyoulovemeee / Via instagram.com

    週末に働く場合は、2倍の賃金が支払われるか平日に休むことができる。

    法定休日に働く場合は3倍の賃金が支払われる。

    6. デンマークでは自分で就業時間を決めること出来て、さらに家で働く選択肢もある。

    @carolinagamar / Via instagram.com

    仕事時間が長いと答えたのはたった2%の社員だけだ。彼らは1日の3分の2を睡眠、食事、趣味の充実などに費やしている。

    7. オーストラリアの最低賃金は世界最高の額となっている。例えば21歳の労働者の最低賃金は時給1242円だ。

    @_dailykale / Via instagram.com

    税金の負荷が軽く、十分な賃金が支払われる。

    8. ドイツの人々は家族の世話をするために週の労働時間を35時間から28時間に減らす権利を得た。

    @onwsberlin / Via instagram.com

    ドイツ人は平均して年間1363時間働いている。週に換算すると26時間。

    9. ルクセンブルグでは5週間の年次休暇をもらえる。

    @angielipeco / Via instagram.com

    さらに12日以上の国が定めた休日がある。

    10. オーストリアでは午前8時から午後5時まで働く人が多いが、金曜は午後3時に退社することが奨励されている。

    @smallerbiggerlife / Via instagram.com

    ちなみにニュージーランドのある会社では週4日の勤務で5日分の給料を支払う取り組みを試した。

    @arcturusstudiointeriors / Via instagram.com

    研究者によると、空いた時間で恋人と過ごしたり、庭やジム、キッチンで楽しんだりとプライベートの時間を充実させただけでなく、仕事も生産的になったという。

    時間に正確になり、創造性も増したため、会社はこのまま取り組み続けていきたいと望んでいる。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:藤原哲哉