• 100yenstore badge

幸せの塊じゃん。ダイソーの「うさぎグッズ」にめちゃくちゃ癒やされた…。

ダイソーの「立体ごはん」が簡単で可愛い〜!型にご飯をつめるだけで、きれいなウサちゃんご飯が出来ちゃうんです。お子さんのお弁当にオススメですよ〜!

「土日ってあっという間だよな〜」という気持ちを、

BuzzFeed

カレーで表現してみました。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

「ずっと寝ていたい…」という表情をうまく出せたと思います。

ウサギを型どったのはダイソー商品なんです。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

価格はもちろん110円。

ご飯の型と、パーツの型がセットになっています。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

使い方はいたってシンプル。

濡らした型にご飯を入れて、

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

ひっくり返して\ポンッ/とすれば、

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

この通り!

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

正直、

「どうせご飯が上手く落ちないんだろうな」

と思っていたのですが、プッチンプリンばりに上手くいきました。

パーツ型は、ハムやチーズに使います。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

その他できそうな食材だったらなんでもOK。

残念ながら海苔はNGでした。

慎重に外します。コレが意外と難しい。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

なるべく端の方で型どるのがポイントですね。

今回は耳だけつけて完成。目は海苔を切りました。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

さらに、

同じくダイソーの「レンジで簡単 薄焼きたまご」を使えば、

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

たまごお布団の完成です。ね、寝ている…!

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

あまりに気持ち良さそうに寝ているので、食べるのが申し訳なくなります…!

ラップを使えば、より早く作れるかな?と思い実験。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

その結果、

形がいびつになった上、ご飯の取れやすさも変わりませんでした。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

ラップは使わなくても良さそうです。

ウサちゃん弁当が簡単に作れます。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

目鼻は黒くした方が可愛いけど、忙しい朝に海苔をチョキチョキしてる時間はありませんよね。

目が赤いウサちゃんもいるし、ハムで十分可愛い!

ネコとイヌもありました。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

お子さんのお弁当はもちろん、一人でレトルトカレーを食べるときにもオススメです。ちょっとだけ、一日が楽しくなります♪

可愛さ ★★★★☆

手軽さ ★★★★☆

コスパ ★★★★☆

ファミマに売っている「食べマス すみっコぐらし」も癒される…。これ、和菓子なんです!

BuzzFeed

まるで置物のような完成度ですよね!

製造は「バンダイ」のキャンディ事業部が手がけています。

和菓子としてもクオリティが高くて驚きました。

BuzzFeed

中の餡がとっても優しい味わいで、気づいたらパクパク食べてしまっています。

左の「しろくま」はミルク味で、右の「とんかつ」はいちご味。

価格は2つセットで税込398円です。

味 ★★★★☆

可愛さ ★★★★★

コスパ ★★★★☆