• 100yenstore badge

なんて優秀なんだ…!ダイソーで“シリアルバー”を作れるアイテム見つけた!

ダイソーで発見した「レンジで簡単シリアルバー」が超優秀でした。なんと、オリジナルのシリアルバーが簡単に作れちゃうんです。小腹が空いた時にサッと食べられるので、外出先での食費が浮くこと間違いなし!

バータイプのナッツ食品って、手軽・美味しい・栄養豊富で最高ですよね。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

でも…

毎日は食べられませんよね…。

いらすとや

1本あたりだいたい100〜150円。べらぼうに高いわけではありませんが、積み重なるとイタい…。

そんなことを思っていたら、

ダイソーで出会ってしまったんです…!

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

こちらの商品は…!

レンジでシリアルバーを自作できるキットなんです〜!

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

レンジでチンして混ぜるだけ?

めんどくさがりの私もできそうだと思い、購入しました。

価格はもちろん110円。

ダイソーはどこまで優秀なの…。

まずは完成品をご覧ください。すごくないですか…?

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

見た目も味も完璧!思った以上に商品っぽくできました。

それではチョコレートバーの作り方を紹介します。

材料はこの3つだけ。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

グラノーラはお好みのもので構いません。

マシュマロはグラノーラをくっつける接着剤の役割を果たしてくれます(製品だと水あめ)。

チョコレートは、グラノーラの甘みを加味してブラックにしました。これが大正解でした!

まずグラノーラを40g入れます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

「え゛、はかり持ってないんだけど…」という方。大丈夫です。

箱に40gの目安が書いてあります。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

使うグラノーラによって重さが変わるため、あくまで目安です。

チョコレート30g、マシュマロ20gを投入。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

全部で90gです。

フタが閉まれば問題ないので、分量はお好み&適当でいいと思います。

レンジで加熱します。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

500Wで1分、600Wで40秒です。

マシュマロがトロトロになるので素早く混ぜます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

マシュマロに粘り気が出る上に容器が小さいこともあって、なかなか混ぜづらいです。

あまりにも混ぜづらい時は追加加熱をしましょう。

表面を平らにしたらフタをします。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

フタの突起がグラノーラを分割してくれます。

この時…

留め具がなかなか留まらなかった…。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

格闘しました(笑)

ぐっぐっ!とフタを丁寧に閉めていけば留まります。頑張りましょう。

冷蔵庫で一時間程度冷やして、完成。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

右はプレーン。上記の作り方からチョコを抜くだけで出来ます。

うわ、絶品だ。外出先に持っていくつもりが、家で完食してしまうほど(笑)

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

コーヒーとの相性が最高すぎる…。

要するにグラノーラが美味しいのですが、バーにすることでより一層美味しく感じます。

ベタベタしているのでアルミホイルが必要です。

仕事中の小腹対策に最適。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

お昼ご飯はこれでOKですね。

ダイソーブランドの商品ではないので、他の100均にもあるかも?

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

SNSでは「セリアで買った」という人もチラホラいました。

便利さ★★★☆☆

難易度★★★☆☆

コスパ ★★★★☆

ダイソーのレンジ調理器具といえば…

「炊飯マグ」もオススメです。

BuzzFeed

なんと電子レンジでご飯が炊けるという優れモノです。

便利すぎて「一人暮らしならもう炊飯器いらないやん」と思いました。

研いだお米と水をレンチンするだけで…

BuzzFeed

“かまどで炊いたの!?”ってくらい美味しいご飯が炊き上がります!

BuzzFeed

炊飯器よりも香ばしく炊き上がるんです。

ただし吸水時間30分+レンジ7分+蒸らし15分=52分なので、かかる時間は炊飯器とそこまで変わりません。

これから一人暮らしをする友人には「炊飯器いらないから炊飯マグ買え」とゴリ押ししています。

便利さ★★★★☆

使いやすさ★★★★☆

コスパ ★★★★☆