「小学生の頃に戻りたい」が叶うよ。“エモいおやつ”がファミマに売ってた。

    ファミマで発見した「ブタジャーキー」に癒されました。なんと、あの国民食ブタメンのジャーキーおつまみなんです。牛ではなく豚で作られたジャーキーが意外にも肉の旨味たっぷりで美味しい。ブタメンに入れると懐かしさが爆発します。

    はぁ〜〜今日も疲れた…。

    いらすとや

    なんか美味いもの食いてぇ〜〜。

    ファミマでなんか買おう。

    BuzzFeed

    ビールとファミチキでも買おうかな。

    何気なくお菓子コーナーに目をやると…

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    え、なにこれ?ブタメンのジャーキー?

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    ブタメンの味がするのかな?

    ちょっと気になる…。

    買ってみました。

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    お値段205円。結構高い…。

    「牛じゃなくて豚だブー!」とのことで、豚肉で作ったジャーキーのようです。

    「ブタメンの味を再現したものではありません」とのこと。まじか〜…。

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    ちょっと残念ですね。

    それでも、豚のジャーキーは食べたことがないので楽しみです。

    それでは…

    オープン!

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    ベーコンのような見た目です。脂身もあって美味しそう…。

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    厚さはまばらで、かたまりのような部位もありました。

    ひとついただいてみます。パクッ。

    ビーフジャーキーに引けを取らない“肉肉しさ”で美味しい!

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    「牛じゃないから大したことないかもな」と思っていましたが、十分に美味しいです。

    醤油が効いていて、ビーフジャーキーとチャーシューの中間と行った感じ。これはビールに合います。

    と、ここで…

    ブタメンに入れたら美味しいのか?を実験。

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    なんとなく、ダシが出ることを期待してお湯と同じタイミング入れます。ワクワク♪

    なんだか、やってることが小学生みたいで楽しくなってきました(笑)

    結果は…!

    かすかに豚のダシが出て美味しいかも!ジャーキーも柔らかくなって◎

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    基本のブタメンが美味しいので、劇的な変化は感じられませんでしたが相性は悪くありません。

    ジャーキーは柔らかくなる代わりに旨味が溶け込んでしまうので、入れるのは2、3枚くらいにしておくのがいいかも。

    放課後のお菓子タイムに戻ってストレス発散。

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    ブタメンの懐かしい味が、仕事の疲れを忘れさせてくれました。

    味 ★★★★☆

    おつまみ ★★★★★

    コスパ ★★☆☆☆

    リピート ★★★☆☆

    ローソンで売っている「とんかつロール」も懐かしくてオススメです。

    BuzzFeed

    どこが懐かしいのかというと…

    カツの厚みが実家の弁当みたいなんです。

    BuzzFeed

    「午後練もガンバレよ!」というお母さんの声が聞こえてきそうな厚さ。

    BuzzFeed

    ジューシーさはあまりありません。でも、その感じが弁当っぽくて良い。

    温めるよりも”あの頃の冷めた美味しさ”で食べるのがオススメ。

    味 ★★★★☆

    分厚さ ★★★★★

    コスパ ★★★☆☆

    リピート ★★★☆☆