• animaljp badge
  • Wow badge

「オスは働かない」「針を失うと死ぬ」ミツバチの知られざる生態16選

一匹のハチが一生で集める蜂蜜の量、知ってる?

ミツバチは素晴らしい生き物、その理由を知ってほしい!

Getty Images

世界の食糧供給の1/3は蜂の受粉によるものと言われています。小さな体で大きな役目をこなす蜂。蜂群崩壊症候群と呼ばれる蜂失踪問題は、人間にとって大きな脅威です。蜂のこと、もっと知ろう!

1. 働き蜂が生涯集める蜜の量は、わずか小さじ1/12杯ほど。

Getty Images

2. ミツバチの平均寿命は約6週間

Getty Images

これは花の蜜がある季節の場合。

3. 1ポンド(約450グラム)のハチミツを集めるのに、蜂の集団が巡る花の数は200万本

Getty Images

飛行距離は約8万9000キロ!

4. 人間の食べ物を生産する昆虫は蜂だけ。

5. 1億5000万年もの間、同じ方法で蜜を集め続けている。

6. 針をもつのはメスの蜂のみ。これは、針が産卵管になるため。

Getty Images

ミツバチは3種類、働き蜂の雌蜂、ドローンと呼ばれる雄蜂、そして女王蜂。

7. 1度針で刺すと死ぬ

giphy.com

人間が刺された場合、針は人間の皮膚に残ります。針を失うことで、蜂は死に至ります。

8. 雄蜂は、蜜も花粉も集めない

Getty Images

雄蜂の存在意義は女王蜂と交尾することだけ。交尾すると一生を終えます。

9. 女王蜂は幼虫の性別を決めることができる。

Getty Images

10. 動物が関わる人間の死因で最も多いのが(ミツバチ、スズメバチなど)。

Getty Images

熊よりもワニよりも蜂が怖い。2001年から2013年の間、米国における蜂関連の年間死亡件数は58件。熊やワニは1件ほど。

11. 蜂は人間を見分けられる

Getty Images

ゴマほどの大きさの脳で、蜂は人間を個人で見分けることができる。蜂には優しくしよう!

12. 「ぶーん」という音は、羽を毎分1万1000回動かすことでうまれる。

Getty Images

13. 航空学的に蜂は飛べる形状ではないとされてきたが、近年その羽の独特の形と動きによって飛行が可能だとわかりました。

Getty Images

蜂は、大きな羽2枚、小さな羽2枚、合計4枚の羽を持っています。これらすべてをよじり、回転させ体を宙に浮かせます。

14. ミツバチのダンスと呼ばれる独特の飛び方で、蜂同士はコミュニケーションをとっている。

Getty Images

15. お庭に蜂を呼びたいならば、最低3種類の花を植えましょう!

Getty Images

理想は開花シーズンがことなる数種類の花。The Honeybee Conservancyの推奨は、春にクロッカス、ヒヤシンス、ライラック。夏にはコスモス、エキナセア、金魚草、ジギタリス。秋に百日草、アメリカマンサク、アキノキリンソウ。そのほか、ミツバチはデイジーやマリーゴールドも好き。

16. ミツバチもカフェインが好き。

giphy.com

花蜜の液にカフェインを混ぜる実験を行ったところ、蜂に大好評。カフェイン有りの蜜へのリピーターが続出しました。なんだか、親近感!

この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan