すべての女性に伝えたい人生のアドバイス

    「自分で自分を自慢すること」

    BuzzFeed読者のみんなに、これまで女性からもらった最高のアドバイスについて尋ねた。ベストな回答をいくつか紹介する。

    1. 間違えても大丈夫。

    Netflix / Via 247sports.com

    「私の初めての仕事の1つは、クッキーベーカリーでの仕事だった。初日に私の監督係がこう言った。『あなたはクッキーを焦がすでしょう。それから生焼けにもするでしょう。それに必要以上に多く焼きすぎるでしょう。反対に数が足りないこともあるでしょう。でも大丈夫、何とかなるわ』。自分は力不足ではないかとか、すべて台無しにしてしまうんじゃないかとか常に心配している私に、ミスをした時にはこう言い聞かせている。『私はクッキーを焦がした。でも大丈夫、何とかなる』」

    thescythian

    2. 自分がどれだけ頭がいいかを思い出す。

    NBC / Via giphy.com

    「『あなたがどれだけ頭がいいか思い出して』。作業療法士の資格試験の前日、友達が私にこう言ってくれた。 これは私にとってすばらしい言葉だった。私が散々努力をしてここまでやって来たのには理由があることを思い出させてくれた。また自分自身と自分の能力を信じるべきだと思い出させてくれた」

    jennag4b3ce7126

    3. 隠れた部分をきれいに保つこと。

    Olive Bridge Entertainment / Via giphy.com

    「母は私に2つの真剣なアドバイスを与えてくれた。1つは、うちの家族の女性の中で何代にもわたって受け継がれてきたものだ。それは『隠れた部分をきれいに保つこと』。汚れていると思うのにシャワーを浴びられないときは、脇の下、股、ひざの裏を洗う(または少なくとも水をかける)とすごく気分がマシになるということだ。デート相手の中で一番貧しかった人と結婚した母からの2つめのアドバイスは、『お金はすべてではないが役に立つ』だ」

    fredzesty

    4. 時間を守る。

    Warner Bros. / Via giphy.com

    「いつでも時間を守ること。相手の時間を大事にしていると示すことで、相手を大切にしていると示すことができる」

    dme14

    5. いつまでも自分を哀れまない。

    The WB / Via giphy.com

    「『気の済むまで哀れみの便所に座っていられるけれど、そこから立ち上がる時は必ず水を流すこと』。すてきな英語の先生がこう言っていた (先生が自分のおばあちゃんから言われた言葉だそうだ)」

    juliac451416788

    6. 投票権を無駄にしない。

    MTV / Via giphy.com

    「投票すること。あなたは無関心でも、多くの女性が闘ったのだから」—avcmurray

    7. 謝ってばかりいるのをやめること。

    Columbia Records / Via giphy.com

    「ワシントンでの2017年のウィメンズマーチに、母は車椅子で参加した。母の車椅子を押す人はみんな、誰かにぶつかったり動き回ったりしなければいけないことで、謝ることが多かった。ワシントン記念塔の近くで、車椅子の向きを変える時に私は1人の女性に謝った。すると彼女は私の目を見てこう言った。『謝るのはもうたくさん!女性は謝りすぎてる。もう申し訳なく思うのをやめる時よ』。彼女は私と母、それに母の車椅子をまじまじと見てこう言った。『あなたは体の不自由な人を助けてる。それを謝るべきじゃないわ。礼儀正しくならなくてもいいの!』。

    その日はその後もいつものクセで謝り続けていたけれど、それから私は本当に必要な時や、本当にそう思っている時だけ 『すみません』と言うようにしている。彼女は正しい。女性はいつでもより礼儀正しくなくてはならないので、私たちはいつも謝りすぎている。もう申し訳なく思うのをやめるべきだ」

    hersheysurgeon

    8. 男性と同じくらい無条件に自分を信じること。

    Paramount Pictures

    「自分には荷が重すぎると感じる新しい仕事に心配していたら、親友の一人がこう言った。『この仕事ができるかどうか、成功できるかなんて、男だったらこんなに心配する? しないでしょ。引き受けなさい』。この言葉に心を動かされた」

    laurend448517571

    9. 自分自身の最大の味方になること。

    Universal Pictures / Via weheartit.com

    「『自分で自分を自慢すること。他の誰もしてくれないのだから』。私のおばの言葉」

    wilheminaintx

    10. とにかくやってみること。

    Identity / Via giphy.com

    「高校の時、夏の水泳チームが苦手だった。自分には才能がないと分かっていたし、次の大会で勝てるコンディションでもなかった。だから友達に『挑戦して何になるの? ビリになるだけなのに!』と言った。友達は私の肩をつかんで、面と向かってこう言った。 『ビリから2番目よ。ビリから2番目に挑戦しなさい』。結果、大会では3位だった! 私は鬱病で自分にまったく自信がなかったが、彼女の言葉は自分の予想を超えるために努力することを思い出させてくれた。何が起きるか分からないのだから」

    bekahp

    11. 仕事でより高い給料を得るために交渉する。

    gfycat.com

    「給料の交渉をする時は、自分が思う金額より$5000ドル多く言うこと。なぜならあなたにはその価値があるから!」。

    lee-anneb

    12. お世辞を気持ちよく受け入れること。

    Paramount Pictures / Via giphy.com

    「母はお世辞を受け取ることを覚えるよう私にアドバイスした。お世辞を受け入れて、正当化や解釈なしにシンプルに『ありがとう』と言うことを覚えなさいと言われた」

    blackbirdsinging20

    13. 孤独を愛し、楽しむこと。

    HBO Films / Via giphy.com

    「高校のお気に入りの先生の1人だったコブ先生は私たちにこう言った。『孤独に慣れなさい』。厳しい言葉のようだけれど、嫌な人間になるとか、暗い人間になるとかいうことではなかった。先生は、人生では自分を導いたり守ったりしてくれる親や友達や恋人がいないこともあると説明した。豊かで意義のある人生を送るために、1人の人間として孤独であることを愛し、楽しむことを学ばなければならないと先生は言った。先生のスペイン語の授業よりも、この教えのほうがずっと頭に残っている」

    nanasgirl94

    14. 親友について話すように、自分自身に話しかけること。

    VH1 / Via fuckyeahshuthefuckup.tumblr.com

    「昔、誰かにこう言われた。『親友のことを話す時に言わないことを、自分について語る時に言わないように』。この言葉は自分の体をポジティブにとらえるまったく新しい視野をもたらしてくれて、自分にもっと自信が持てるようになった」

    e4f36aeb9a

    15. 自立したければ自分でお金を稼ぐこと。

    Atlantic / Via tenor.com

    「母は『常に自分のお金は自分で稼いで管理できなければダメよ』と言っている。これは自立のカギだ。結婚していて経済的責任を分け合っているとしても、必要とあれば自分だけで生きていける力を持っていなくてはいけない。女性は何百年にもわたって抑圧され、よくない関係に縛られ続けてきた。それは経済的に男に依存しているからだ」

    emilybusas

    16. あらゆることについて笑いあえる人と結婚すること。

    ABC / Via popsugar.com

    「祖母は私にこう言った。『あなたを笑わせてくれる人、話ができる人と結婚しなさい。それ以外のことは長くは続かないのだから』」

    jennifermillerr

    17. そして何よりも、前進し続けること。

    BBC / Via giphy.com

    「『死や別れなどの困難な時を乗り越えたり、または何かの理由で悲しみにくれている時、完全に自分自身でいられない時も前進し続けること。練習し続け、書き続け、取り組み続け、動き続けること。そうすればいつか痛みが消え去り、もう一度やり直す必要も、自分を救い出す必要もない。あなたの人生は依然としてすばらしいままだ。沈んでいる時にはそれを実感したり理解したりできなかったとしても』。つらい別れを経験した時に、姉が私にくれた言葉だ。すばらしいアドバイスで、人生の多くの場面にあてはまる」

    scotchslam

    いくつかの回答は、長さの調節や読みやすさのために編集されています。

    この記事は英語から翻訳されました。