• gorin badge
  • Olympics badge

涙のメドベージェワを抱きしめたザギトワ お下がりの衣装を着た過去も

フィギュアを次の次元に上げた戦い

史上稀に見る激戦を制したのは15歳の新鋭だった。

Richard Heathcote / Getty Images

平昌五輪フィギュアスケート女子のフリースケーティング(FS)が2月23日に開催され、ショートプログラム1位のアリーナ・ザギトワ(OAR)が合計239.57点、世界女王のエフゲーニャ・メドベージェワ(OAR)を1.31差抑えて金メダルに輝いた。

演技を終えた瞬間、思わずガッツポーズが飛び出した。

AFP = 時事

日本でいえば高校1年生の年齢。あと2か月、生まれるのが遅ければ年齢制限で五輪には出られていなかった。

若さ溢れる2016-2017シーズンの世界ジュニア女王は、今シーズンからシニアに転向するとグランプリシリーズ、メドベージェワと初対決した欧州選手権、そして平昌五輪と負けなしで駆け抜けた。

この日のフリーでは序盤の3回転ルッツ+3回転ループが単独のジャンプとなるも、後半予定されていた3回転ルッツを、3回転ルッツ+3回転ループにして、見事なリカバリー。

2位との得点差は1.31とほんのわずか。この判断が、金メダルを引き寄せた。

試合後、ザキトワは「最初のコンビネーションがうまくいかない場合は、後半のループで2回目のルッツを行うとコーチと話し合ってました。でも正直なところ、ショックを受けていました」と語った

ライバルは同門で友人

金メダルを争ったメドベージェワとは、同じエテリ・トゥトゥベリーゼコーチの門下生で、年齢差はわずか3歳。

ザギトワは「練習や本番ではライバル」と語る一方、尊敬するスケーターにこの同門の先輩の名前を挙げる。

ザギトワがフリーで滑った「ドン・キホーテ」はジュニア時代から使用する曲。ジュニア時代の衣装は、メドベージェワのお下がりでもある。

Atsushi Tomura/Getty Images,時事 / Via http://
Atsushi Tomura/Getty Images,時事 / Via http://
Atsushi Tomura/Getty Images,時事 / Via http://

お互いを高め合うライバル。そしてリンクを離れれば友人。勝敗が決した直後、ザギトワはリングサイドで、涙するメドベージェワを抱きしめた。

Maddie Meyer / Getty Images

そしてエテリコーチも2人を抱きしめた。

Richard Heathcote / Getty Images

ザギトワは金メダルについて「実感がわかない。オリンピックのチャンピオンになったとまだ理解できてなくて、手が震えています」と初々しく語る。

フリーの得点はともに156.65点。トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコは自身のインスタグラムで「女子フィギュアの世界が、新たなレベルに達したことを誇りに思う」と語った。

2人のハイレベル、そしてあまりに美しい戦いに対し、世界中から上がる賞賛の声は今も鳴り止んでいない。

Richard Heathcote / Getty Images
BuzzFeed JapanNews