back to top

たった一つ、願いごとが叶うなら? AKB総監督・横山由依が語った言葉

新曲と重なるAKBでの立ち位置

最初にタイトルを聞いた時、ずいぶんと皮肉が利いているなと思った。5月31日に発売されるAKB48の記念すべき“48”枚目のシングル「願いごとの持ち腐れ」のことだ。

「ネガティブっぽいですよね。タイトルに『腐る』という文字が入っていて、なんじゃこりゃとびっくりした(笑)。けれど、歌詞を全部読むと、自分のためではなく、人のために願うと世界は良くなるというポジティブな曲です」

AKB48グループの総監督、横山由依はBuzzFeed Newsの取材に笑顔で答えた。

プロモーションビデオの製作にあたり、クリエイティブディレクターの三浦崇宏氏は「AKB史上最も泣ける作品を」と秋元康プロデューサーに依頼された。

PVは11分のドキュメンタリー仕立て。今年3月19日をもって閉校となった静岡県浜松市立鏡山小学校を舞台に、学校を訪れたAKBメンバー、12人だけしかいない生徒、校長先生や担任教師たちの交流を映す。

横山を含め、PVに参加した48グループのメンバーは数日間にわたり、鏡山小学校の子供たちと過ごした。

撮影では思わず涙する場面もあった。

「最後の合唱発表会で、生徒さんが先生への感謝のお手紙を読むところで、泣きました。遊んでいたときはクールだった男の子が、言葉をつまらせたりしていて...。感情がむき出しで、悲しいときは泣く。子供らしくて素敵だなと思った」

PVの上映会。横山自身は泣かなかったが「撮影に参加していない、PVを初めて見るメンバーが泣いていました」。

泣けるPVというお題はひとまずクリアしたようだ。

広告

アイドルとは矛盾を抱える総監督という立ち位置

2015年12月8日、23歳の誕生日に横山は高橋みなみの後を継ぎ、48グループ300人以上のメンバーを統括する総監督に就任した。

自分よりも先輩メンバーがいる中での抜擢。カリスマといわれた前任者と比べることで生まれる自己嫌悪...。昨年6月に放送された「情熱大陸」(TBS系)では、苦悩し、涙する様子も映し出された。

「あの頃は全部が大変だと思いすぎていた部分もあるので、その時に比べたら今は楽になれている。ただ、1つ課題をクリアすると、また1つ課題が出てくる。そういう意味では今も悩みながら生きていますけど、もともと悩まないで生きて来た人間。悩みは神様からの試練だと思ってます」

「情熱大陸」で、HKT48の指原莉乃は「本来アイドルはかわいくあるべきなのに、しっかりしなきゃいけないポジション」と、総監督とアイドルが矛盾するものだと話している。

実際2016年のAKB総選挙では前年の10位から、11位と初めて順位をダウンさせた。

秋元氏から総監督の後任に横山の名前を挙げられたとき、高橋みなみも、横山を夢であるソロデビューから遠ざけてしまうかもしれないと一時は総監督就任に反対したという。

全体を考えなければいけない総監督の立場は、個人としては時にマイナスになる。

「願いごとの持ち腐れ」の歌詞では、自分よりも人のために願うことの大切さが書かれている。

自分よりもまずグループを考える、現在の横山の立場と重なると伝えると「どうなんでしょうね」とはにかんだ後に、こう続けた。

「私自身AKBの活動は楽しいし、自分の夢もあるけど、総監督となると周りのメンバーはどうなんだろう。みんなの願い、夢がかなえばいいなと気持ちがいくようになっています」

期待するメンバーに挙げたのはAKBの向井地美音。

「向井地とは、最近毎日AKBのことを話すんですけど、すごく真面目に見えるけど、実は毒があったり、面白い一面がある。そういう一面を知ってもらえれば、魅力が伝わるんじゃないかと期待してます」

広告

変わりゆく総選挙、本当に必要なのか

6月17日には沖縄で、9回目となるAKB総選挙が開催される。「願いごとの持ち腐れ」は、総選挙の投票権がつくシングルだ。

AKB総選挙はグループにとって最大のイベントといえるが、今年は様相が違う。

昨年の選抜メンバーといわれる上位16人から、山本彩、柏木由紀、兒玉遥、武藤十夢が参加を辞退。卒業した島崎遥香、小嶋陽菜を加えると、6人の人気メンバーが不参加。世間的な注目度が下がったのは間違いない。

さらに順位付けされることで精神的な負担からか、今年は本来なら参加してアピールすべき、若手メンバーからの辞退も多い。

AKBと同じく秋元氏がプロデュースする乃木坂46や欅坂46は、総選挙を行わず、いまやAKBをしのぐ人気を得ている。

AKB総選挙に意味はあるのだろうか?

そう質問すると「めちゃくちゃ大事です」と、横山は強く返した。

「自分がチャンスをもらった時、これでいいのか不安があった時、総選挙でファンが後押ししてくれて、これでいいんだ、ここで頑張っていこうと思えた。そう思えるのが総選挙」

参加するメンバーは322人。トップを狙うもの、初ランクインを目指すものなどそれぞれに思いはあるが、順位とは違う意義があると語る。

「総選挙は、やっぱりファンの方との絆を再確認するイベントなんです。参加も辞退もそれぞれの気持ちだから、どちらがよいとかではないんですけど、AKBにとっては欠かせない。総選挙あってのAKBだと思う」

個人よりもグループを優先してきた。けれど2016年の総選挙後、グループのためではなく、自分のことを言って欲しいとファンにいわれた。

「だからツイッター、モバイルメール、握手会で自分はこうやりたい、こうなりたいと発信しています」

昨年とは違う心持ちで望む総選挙。横山、そしてファンの目標は神7(上位7位)入りだ。

たった一つ、願いごとが叶うならば

「願いごとの持ち腐れ」には、たった一つだけ願いが叶えられるなら、との問いかけがある。

シングルのジャケット撮影でたんぽぽの綿毛を飛ばす際、撮影スタッフに叶えたい願いを浮かべるように言われ、素直にこう思ったという。

「AKBをもっとたくさんの人に知ってもらって、今のメンバーで売れたい」

浮かんだのは、何度も夢と口にしてきたソロデビューではなく、グループのことだった。

それが今の願い。そう語る横山の顔はどこか楽しげで、そしてまっすぐだった。


Tatsunori Tokushigeに連絡する メールアドレス:tatsunori.tokushige@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored