夏だから知っておきたい「TUBE」夏の語彙力の凄み

    四半世紀以上、夏を歌ってきた

    会議や企画書でネーミング案について困ることありませんか?

    ある対象の名前を数多く出さなければいけないとき、なかなか良い案が浮かばず、自分のセンスのなさを責める...。

    同じ物事に対し、様々な角度から言い換えるというのは難しい作業です。

    でも安心してください。そんな中、参考にすべき先輩がいます。そう「TUBE」です!

    時事通信

    1985年6月1日にシングル 『ベストセラー・サマー』(当時はCDでもなく、レコード!!!)でデビューして以来、四半世紀以上「夏」をテーマに様々な楽曲を歌ってきた彼ら。

    「夏」についての曲名は数知れず。そしてネタ枯れ知らずです。

    平成最後の夏となった今こそ、彼らの曲名からネーミングセンスを学びましょう。

    ストレートに「夏」と入れるパターン

    Tsukasa Shimode / Getty Images

    待ちきれないよね。

    Tsukasa Shimode / Getty Images

    思わず抱きしめちゃう。

    Tsukasa Shimode / Getty Images

    そして感謝する。

    Tsukasa Shimode / Getty Images

    そうだね。

    Tsukasa Shimode / Getty Images

    そうだね。ちょっとしつこい。

    Tsukasa Shimode / Getty Images

    ゆずれないかあ。なら仕方ない。

    Tsukasa Shimode / Getty Images

    アルファベットでKI・TA・YO。

    Tsukasa Shimode / Getty Images

    たまには家に帰ろうか。

    「夏」を印象付ける単語を入れるパターン

    kokoroyuk / Getty Images

    夏といえば太陽。

    kokoroyuk / Getty Images

    そして海。

    kokoroyuk / Getty Images

    合わせ技。よく考えれば季節問わずある。

    kokoroyuk / Getty Images

    夏といえば、この花。

    kokoroyuk / Getty Images

    服装でも夏感じる。

    kokoroyuk / Getty Images

    夏といえば、湘南。

    kokoroyuk / Getty Images

    とにかく、湘南。

    kokoroyuk / Getty Images

    盆踊りだって湘南。湘南こそ夏!

    kokoroyuk / Getty Images

    ビーチでなにあったんだ。

    kokoroyuk / Getty Images

    だから、家に帰ろうか。

    なんか雰囲気的に夏

    「ムーチョ」の夏感すごい。

    ☆を入れると一気に夏に。

    切なさも夏の醍醐味。

    「夏の扉」「時をかける少女」...。夏といえばタイムスリップ。

    そして、冒険といえば夏。

    マグマが噴き出すからか、夏のイメージ。

    スペイン語で「仮面舞踏会」を意味しますが、漢字にすると夏。暴走族っぽいからか夏。

    いかがでしたか? 参考になりましたか? 最後に「TUBE」が7月にリリースしたシングルのタイトルを置いておきますね。