しょこたん、NHKの新元号特番になぜ出演? その理由は...

    有識者に交じっての出演に「驚きのキャスティング」の声も

    新元号「令和」が4月1日に発表された。NHKでは朝8時45分から新元号発表の特別番組を放送したが、有識者に交じり、タレントの中川翔子さんが出演したことが注目を浴びた。

    時事通信

    中川さんは元号の歴史に詳しい京都産業大学の所功名誉教授、日本中世史を専門とする東京大学の本郷和人教授とともにコメンテーターとして番組に出演した。

    中川さんに元号や歴史についてのイメージはなく、番組が放送されると「驚きのキャスティング」「場違いすぎん?」とSNSでは驚きの声が上がった。

    では、なぜ中川さんがキャスティングされたのか。

    所属事務所の関係者によれば「年配の堅いイメージがある有識者の方が並ぶ中、番組側から年齢が高くなく一般の視聴者の目線で語れる方が必要と、今回オファーがありました」という。若者代表として呼ばれたようだ。

    番組出演にあたり、年号について勉強をして臨んだという中川さん。令和という元号については

    「令和元年になって、令和生まれの世代がRに丸をつけるようになっていくのかと、どのようになじんでいくのかと最初びっくりしました。でも昭和に慣れ親しんだこともあって『和』という漢字からじわじわ安心するようになってきました」

    「安倍さんがおっしゃっていたように、それぞれの花を大きく咲かせるというのはとても良い意味だと思います。昭和は濃く立ち上がって生まれ変わった時代。平成はインターネットが発達し自由に生まれ変わった時代。(令和は)それぞれの時代の良いところ、歴史を重んじて、進化していくと思うので、生きていくのが楽しみ。平成のインターネットのありがたい波にのった身としては、令和世代にいろいろと伝えていきたい」

    と昭和、平成を踏まながら、ネット世代として自身の言葉で語った。

    さらに新元号が発表された後には「ただちにスマホが見たい」と率直なコメントをし、アナウンサーから「スタジオに缶詰にしてしまってすみません」と謝られる場面も。

    いつもの"しょこたん"らしさも発揮し、歴史的瞬間に明るさをもたらした。

    なお中川さんは夕方から放送されるNHK「ニュース シブ5時」にも出演予定だ。

    Contact Tatsunori Tokushige at tatsunori.tokushige@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here