go to content

【リオ五輪】フェルプス獲得メダル数は国家レベル 通算獲得金でアルゼンチンより上

水の怪物は本当に怪物

フェルプスは11日(日本時間12日)のリオ五輪競泳男子200m個人メドレー決勝に出場すると、1分54秒66で圧勝。競泳史上初となる同一種目での五輪4連覇を達成した。

2秒近くの差をつけられた2位の萩野公介は「フェルプス選手といい勝負をするためにトレーニングを積んできたけれど、全然勝負にならなかった」と脱帽する。

あまりの強さにBBCではこんな画像をTwitterで投稿

Here's the medal table after yet another incredible day at #Rio2016. Oh hi, @MichaelPhelps https://t.co/QWD4R21txF

フェルプスがもし国家なら、国別メダル数ランキングで10位に入るというのだ

大会7日目のランキングでは、金メダル数はイタリア、フランス、スペインといった欧州の国よりも上。

メダル総合数でもベルギー、スイス、さらに開催国ブラジルも上回っている。

まさに「水の怪物」。シン・ゴジラ級の強さだ。

五輪通算では22個の金メダルを獲得

Al Bello / Getty Images

国別の通算金メダル数でみれば、エチオピアの21個を超え39位にランクイン。アルゼンチン、オーストラリアの18個よりも上だ。

5種目目のレースとなる12日(日本時間13日)の100mバタフライで金を取れば、人間一人がブラジル、南アフリカの通算金メダルに並びそうだ。

しかも多くの国が10回以上五輪に参加している中、フェルプスが参加した五輪は5回。チート級の強さだ。

フェルプスはリオでの引退を既に宣言している

Adam Pretty / Getty Images

国家レベルの強さも次の100mバタフライ決勝で見納めとなる。

残念ながら日本選手は決勝には出ないが、ぜひフェルプスの怪物級の泳ぎを見てほしい。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss