back to top

「ニンテンドースイッチ」の味が苦いと話題!実際にナメナメして検証してみた

なめなめ、しゃぶしゃぶ、べろりんちょ

3月3日、新型家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」がついに発売!


たのしー!という声がTwitterに並ぶと思いきや、意外な言葉ばかり...。

switchのレビュー不味い苦いばっかりでもうだめだ…

広告

Switchで検索かけたら味が苦いとか食レポみたいなのしか出てこないんだけどあれゲームじゃなかったの

どうやら、スイッチは「苦い」らしい

そこでBuzzFeed Japanの勇者たちが、さっそく味見!これが本当の「Tasty」です!!!

まずはコントローラーをなめなめ

あれ、苦くない...。

次にストラップをしゃぶしゃぶ

広告

やっぱり苦くない...。

モニターもべろべろべろりんちょ

「味、ふつうだよ」

あれ、デマ? それとも、おじさんたちの味覚がおかしい?

調べてみると、実はニンテンドースイッチ本体ではなく、カートリッジが苦いことが判明。

広告

Kotakuの取材に任天堂は、スイッチのカートリッジに、子供たちの誤飲を防止するため「安息香酸デナトニウム」が使用されているとコメント。

この物質、ギネスブックに最も苦味の強い物質として記載されています。

仕切り直して、さっそくカートリッジをなめなめ!

にがっ!

でも、ほどよい苦味で、意外といい感じ。日本酒に合いそう。

別の勇者がもう一度チャレンジなめなめ

広告

やっぱり苦い!

結局、ニンテンドースイッチのカートリッジは苦いけど、本体は苦くなかったのでした。

ちなみに今回の実験に使ったスイッチは副編集長の伊藤大地くんの私物だよ!

人に舐められたゲームでこれからプレイできるかな?

みなさんはくれぐれもなめないようにね!

広告

Tatsunori Tokushigeに連絡する メールアドレス:tatsunori.tokushige@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.