back to top

「早すぎるだろ...」西武の森慎二投手コーチ死去 ファンや関係者に悲しみ広がる

現役時代はセットアッパー、クローザーとして活躍

プロ野球・西武ライオンズの森慎二投手コーチが多臓器不全のためにこの日の午後、福岡市内の病院で死去した。42歳だった。

森さんは6月25日、ヤフオクドームで開催されたソフトバンクとの3連戦にはチームに同行していたが、その後体調不良を訴え、27日には球団が休養を発表していた。

選手には28日に沖縄で開催されたロッテ戦の試合終了後に訃報が伝えられた。

文化放送ライオンズナイターを担当する片山真人アナは、関係者に聞いた話として、23日の試合後の森さんの手が震ええていたと伝えた。

23日の福岡での試合後、ライオンズのある人とご一緒したのですが、試合後のミーティング中、森コーチは手が震えていて、それを自分の手で抑えていたと話していました。その2日後に休養が発表されて驚いていたのですが、あまりに突然過ぎる訃報に… https://t.co/xNEFHMfnqb

森さんは1996年にドラフト2位で西武に入団。150キロの豪速球とフォークを武器に、入団1年目から中継ぎ、抑えと救援投手として活躍し、2002年、2003年には最優秀中継ぎ投手のタイトルも獲得。9年間で44勝44敗50セーブを挙げた。

2005年オフにはポスティングシステムを使って米大リーグ・デビルレイズに移籍したものの、右肩痛の影響でメジャーのマウンドに立つことはなかった。

帰国し2009年からはBCリーグ・石川ミリオンスターズの選手兼投手コーチに就任。2015年からは西武の二軍コーチに。2016年5月からは一軍コーチに昇格していた。

休養発表の翌日というあまりに突然すぎる悲しい知らせ。SNS上には悲しみの声が広がっている。

文化放送でライオンズナイターを担当する松島茂アナは「言葉がありません」

信じられません。交流戦の甲子園で色々ピッチャー陣の話をうかがった時の光景がよみがえり、言葉がありません。今言える事は、ただただ森慎二投手コーチのご冥福をお祈り致します。

ファンはこの間までは元気に投げている姿をアップ。

森慎二さん、この前マリンで元気そうにキャッチボールしてたのに、、、

元横浜の古木克明さん「嘘だ。嘘だ」

嘘だ。嘘だ。 最後の最後、米独立リーグに行く前に森さん率いるミリオンスターズと一緒に野球をさせて頂いた。森さんの協力がなかったら、再度野球をすることができなかった。 もう一度お話ししたかった。 ご冥福をお祈りします。 https://t.co/59UCZmzYOl

元西武の岡本篤志さんは「驚きのあまりなにも言えません」

本当に驚いています。 . 選手時代、コーチになってからもお世話になっていた森コーチ。 . 驚きのあまりなにも言えません。 . 心よりご冥福をお祈り致します。 https://t.co/TmQJ7zF0kD

ファンも「早すぎるだろ...」

あの森慎二が帰ってくる。このズタボロな中継ぎ陣を絞め上げるために帰ってくる帰ってきてくれると思ってた。大石を形にしてくれた。今年はブルペンから優秀なリリーフを送り出してくれた。 なんでもう居なくなってしまうんだよ早すぎるだろ…

森さんのおかげで変わったとファンの間でいわれるのが西武・大石達也投手だ。

2010年のドラウトで、6球団競合入札の末に西武入りを果たした大石だが、プロ入り後は活躍できず。150 キロをマークしたストレートは、130キロ前半まで落ちていた。

しかし2015年に当時、二軍投手コーチだった森さんから体重移動のアドバイスを受け、ストレートは140キロ中盤まで回復。さらに森さんが得意としたフォークも伝授された。

昨シーズンは中継ぎとして36試合に投げ、防御率1.71。今シーズンは11試合を投げ、防御率0.00をキープしている。

森さんが亡くなった28日のロッテ戦。西武は破れてしまったが、大石は現役時代の森さんがそうであったように、1回を三者凡退に抑え、セットアッパーとしての役目を果たした。


Tatsunori Tokushigeに連絡する メールアドレス:Tatsunori.TOKUSHIGE@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.