元AKB48の光宗薫が1年ぶりTwitter更新 来年1月に個展を開催すると発表

    2017年10月から摂食障害などを理由に芸能活動を休止していた

    元AKB48で、2017年10月から摂食障害などを理由に芸能活動を休止していた光宗薫が9月5日、約1年ぶりにTwitterを更新。来年1月5日から東京・銀座のヴァニラ画廊にて、初の個展を開くことを発表した。

    時事通信

    2014年

    この日、更新されたツイート

    一年ぶりくらいです、呟きます。 フォローして下さっていて、本当にありがとうございます。

    光宗は投稿で、現在の状況について「体調について、不安定な時期がまだまだあり私にとっては変わらず大きな問題ですが、同時に今の自分には必要な時間だと思っています」とコメント。

    その上で「今後は展示などで自身でも動いてゆくつもりです」と明かし、続くツイートで来年1月にボールペン画による個展を銀座で開くことを発表した。

    光宗薫 ボールペン画 個展「ガズラー」 会期:2019年1月5日~21日 無休 会場:ヴァニラ画廊 (東京・銀座) 2019年平成最後の新春に、6年ぶり、東京では初の展示を行います。原画、複製・物販有。 期間中、場内箱内にて在廊予定です 🐜 随時、詳細をお知らせします! #ガズラー https://t.co/ast0JticxP

    光宗はモデルとして活動後、2011年12月にAKB48の13期生として加入するも10か月後の2012年10月、体調不良を理由に活動を辞退した。

    その後は女優など芸能活動の一方、2013年にはボールペン画による個展を開催していた。

    2017年9月21日、Twitter上で「10代の頃から摂食障害、強迫的な症状に悩んでおり、一時的に拘束してもらわなければ生活が儘ならない状態を繰り返しています」と告白。

    「近年は状態が落ち着かず、強い気持ちを持つ程バランスが取れなくなり好きな活動も徐々に辛いだけのものに変わっていました。そこで、再び愛を持って活動が出来るまでお休みをいただく事に決めました」とし同年10月から芸能活動を休止すると発表していた。