back to top

【リオ五輪】銅メダルの競泳800mリレー 松田の覚悟、後輩メンバーの思いが泣ける

「すべては丈志さんのために」

リオ五輪競泳男子800mリレーで萩野公介、江原騎士、小堀勇気、松田丈志が東京五輪以来、52年ぶりとなる銅メダルを獲得した。

Clive Rose / Getty Images

歴史的快挙の裏にあったのは、松田のこの競技にかける覚悟。そして萩野、江原、小堀の松田への思いだ。

松田は、2008年の北京五輪200mバタフライで銅、2012年ロンドン五輪200mバタフライは銀と2大会連続でメダルを獲得していた。

今大会は個人競技の参加を辞退。このリレー一本に水泳人生の集大成をかけた。

「萩野はすでにメダルを獲っていて、僕もその喜びを3回も味わっています。ナイトと小堀にもその喜びを味わってほしいんです」

雑誌のインタビューでこう語った松田。

後輩のため、そして自由形の未来のため、メダルの可能性をより感じたリレーに集中することを決めた。

萩野ら後輩3人の思い。それはロンドンでの松田の姿に重なる

Clive Rose / Getty Images

ロンドン大会、日本競泳の第一人者だった北島康介は個人でのメダルを逃していた。

北島に残されたメダル獲得のチャンスは400mリレーのみ。

松田の口から「康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかない」との言葉が飛び出た。

そして松田、北島、入江陵介、藤井拓郎の4人は銀メダルを獲得した。

リオの会場にいた北島も感動のツイート

マサト銀メダルおめでとう! 4x200銅メダルおめでとう! ハム、ナイト、コボちゃん、タケシ感動したよぉ( ´ ▽ ` )ノ #olympics #swimming #rio2016… https://t.co/Sf71AwdtQI

第1泳者の萩野は「後ろの3人がすごく心強くて、うまくバトンを渡せたと思う」とやり遂げた顔だ。

第2泳者の江原は「3人に助けられて、3人の力を借りてメダルを取れた」と瞳を潤ませる。

第3泳者の小堀は「前の2人がいい順位で来てくれて、僕が僕の仕事をやるだけ。最後まで死ぬ気で泳ぎました」。

そして、松田は「いい位置で引き継いでくれたので、なんとかメダルを取りたかった」と、自身の思いを語った後、絆が生んだ52年ぶりのメダルの意義についてこう続けた。

「このメダルをきっかけに、この若い選手たちが日本の自由形を強くすることを願っています」

Tatsunori Tokushigeに連絡する メールアドレス:Tatsunori.TOKUSHIGE@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.