「いきなりステーキを殺す店」と評判!松屋のステーキ専門店が圧倒的だった

    早い、安い、旨い。平成の終わりにヤバいステーキ店が生まれる。

    3月に入り"いきなりステーキを殺す店"と物騒な言葉がSNSで目に入るようになった。店の名前は「ステーキ屋松」。牛めしで知られる「松屋フーズ」がオープンしたステーキ専門店だ。

    その評判に興味を引かれ、食べに行ってみた。

    こういう食レポはお代を紹介店に無料にしてもらったり、実際は会社の経費で落としている場合も多いが、今回は完全にプライベート&自腹。

    まさにセメント(真剣勝負)。心に「こちとら自腹じゃ」と井筒監督を宿しながらのレポートである。

    店があるのは松屋フーズの本社がある三鷹駅の北口から徒歩3分くらいの場所(地図はこちら)。オープンは11時で、11時15分に訪れると既に10人くらいが並んでいた。

    食券を買って並ぶスタイルで、メニューはこちら。サラダ、スープが食べ放題だが、ライスは別料金。「牛スジカレー」に惹かれつつ、看板メニューの「松ステーキ 200g」を購入する。

    10人くらい並んでいて、たるいなあという気持ちはわいたが看板には「1人あたり3分ほど」とあった。これはウソがなく、30分ほどで本当に席につけた。回転はやっ。席はカウンター。23人で一杯になる。

    席につき食券を店員さんに渡して、早速食べ放題のサラダバーへ。

    キャベツの千切り、コーン、ポテトサラダが食べ放題だ。ドレッシングは「ニンジン」「フレンチ」「オニオン」の3種類。うーん、テンションが上がるほどでもない。

    要は松屋で出てくるサラダなのだが、「松屋のサラダが食べ放題」と思い直すと、なぜかお得感がわいてくる。視点を変えることは非常に大事だ。

    スープも飲み放題。トッピングはごま油と胡麻とわかめがかけ放題。料理はバランスと知りながら、つい胡麻とわかめを一杯入れてしまう。貧乏性...いや人間らしさだと自己肯定。

    サラダとスープ完了。ステーキがくるまで、まずはこちらで腹ごしらえ...。

    と思ってたら、すぐにミスジステーキがやってきた。席について6分ほど。本当に待たない。松屋の牛めしのスピード感だ。

    ステーキ、登場の瞬間。

    ドンっ。まず予想外だったのはその厚み。そして大きさ。

    肉にナイフを入れると「いらっしゃい」とばかりにすっと受け入れてくれる。柔らかい。

    断面はこちら。焼き加減はレアで、下にある溶岩石を使い、それぞれ好みに焼いていくスタイルだ。

    ひと口食べて「あっ、当たりの店だ」と口に出てしまう。旨いっ。

    焼肉屋でも置いてあるミスジは牛肉の希少部位。ここまでの塊で食べることはなかったのだが、赤身の旨味が口いっぱいに広がる。あれ、ここ高級店だっけ?

    おまけに脂っこくない。サーロインの脂っぽさが厳しい年齢になっているが、スルスル食べられる。

    そして「ステーキ松」の一番の売りでは?と個人的に思ったのが"味変"のバリエーション。調味料の充実である。

    ペッパー、アンデスの紅塩でシンプルに食べるもよし。

    ソースは、ご飯が進む「オリジナルソース」に少し甘めの「オニオンソース」、力強い「ガーリックソース」の3種類。

    嬉しかったのは、わさび、おろし生にんにくに加え、柚子胡椒もあったところ。ステーキとの格闘中盤戦〜後半戦には、こうした刺激的な薬味はありがたい。

    オンザライス。もともと味もしっかりついているので、シンプルにお肉の味も楽しめる。ご飯をつけて1150円。正直満足しかない...。圧倒的じゃないか、この店!

    「いつもの食事にステーキを」をコンセプトに手頃な値段で良い肉を提供しようとできた「ステーキ屋松」。

    SNSでは「いきなりステーキを殺す店」などとも呼ばれているが、食べてみて納得。この店以外で食べることが考えられなくなるほどだ。

    松ステーキと同じレベルの肉を2000円以上で出している店が数多くあることを考えると、他のステーキ店を滅ぼしかねないレベルと感じた。

    現在は三鷹の1店舗だけだが、松屋フーズの広報によれば「反響がよく、嬉しい悲鳴を上げています。新たな店舗については増やしていきたいと考えておりますが、まだ現在のところは未定です」とのこと。

    消費者にとっても同業者にとっても、悲鳴を上げる未来が待っていそうだ。