back to top

日本、6大会連続でW杯出場決定! アジア最終予選の激闘ふりかえる

苦しい初戦、新世代の台頭...

【日本1-2UAE】

ロシアまでの航海は苦難の船出だった。

日本は前半11分に本田圭佑のゴールで先制するも、UAEのアハメド・ハリルに直接フリーキック、さらにPKと2得点を決められ、まさかの逆転負け。

日本代表、そしてサポーターは、W杯への道のりの厳しさを思い出した。

広告

【日本2-0タイ】

初戦に敗れ、ハリルホジッチ監督は攻撃陣を変更。先発に原口元気、浅野拓磨を起用したが、この戦術がハマった。

前半19分に原口のヘッドで合わせ先制ゴール。その後、試合を圧倒的に支配しながら決め切れなかったが、後半30分に浅野が待望の追加点を決める。

豊富な運動量で攻守ともに活躍を見せた原口は、この後最終予選のキーマンとなる。

【日本2-1イラク】

香川真司を下げ、トップ下には清武弘嗣を起用したハリルジャパン。

清武はこの試合、攻撃の中心として躍動。その清武のクロスから原口がヒールで決めて先制した。

しかし後半15分、セットプレーからサード・アブドゥルアミールに決められ同点。その後も点を奪えず、ロスタイムに突入する。

初戦に続き、またもホームで勝てないのか。そんな沈んだムードを断ち切ったのが山口蛍。

ロスタイム5分、起死回生のミドルシュートを決めた。

広告

【日本1-1オーストラリア】

グループ最大のライバルと目されたオーストラリアとのアウェー戦。

この予選のラッキボーイとなっている原口が前半5分に早々に得点。

しかし原口が相手FWを倒してしまい後半7分にPKを与えてしまう。これをミレ・イェディナクに決められ同点。

オーストラリアとのファーストラウンドは痛み分けとなった。

【日本2-1サウジアラビア】

サウジアラビアをホームに迎えての一戦。日本代表を支えてきた本田、香川の2大エースが先発を外れ、前線は大迫勇也、原口、久保裕也の若い3人だった。

清武がPKを決めれば、右サイドの久保が躍動。最終予選で3試合連続となる、原口のゴールもあり日本が勝利。2位に浮上した。

広告

【日本2-0UAE】

2017年初戦はUAEとの一戦。

先発には前戦に続き本田ではなく久保が起用され、その期待に応えるように前半14分に右足で決める。

後半にはその久保のクロスからベテラン今野泰幸が追加点を決め、初戦で敗れた因縁の相手を下した。

【日本4-0タイ】

この試合で躍動したのはまたも久保。クロスで岡崎慎司、香川の得点をお膳立てすれば、自らも3点目のゴールを決める。

川島永嗣が終盤PKを止めれば、最後は吉田がダメ押しゴール。試合の入りは悪かったものの、結果は4得点完封と圧勝した。

広告

【日本1-1イラク】

政情不安により中立地イラン・テヘランで開催されたイラク戦。

抜群のポストプレーで1トップとして存在感を見えてきた大迫が前半8分、コーナーからのボールをバックヘッドでそらし最終予選初ゴールを決める。

しかし後半にマフディ・カミル・シルタグに決められ、引き分け。

勝ち点1を積み上げ、なんとか首位を死守した。

【日本2-0オーストラリア】

勝てば6大会連続でのW杯出場が決める運命の一戦。先発には浅野、井手口陽介と20代前半の選手たちも名を連ねた。

一進一退の攻防が続いた前半、均衡を破ったのは浅野だった。前半41分、長友の左からのクロスに、オフサイドぎりぎりで抜け出し先制点を決める。

追い込まれたオーストラリアは後半16分に長身FWユリッチ、さらに後半25分日本の天敵といえるケーヒルを投入し、日本ゴールに迫る。

危うい場面もあったが、耐え切った日本。

後半37分、途中交代の原口が潰れたボールを拾った井手口が中央突破し、右足一閃。ボールは美しいカーブを描き、ゴールネットを揺らした。

その瞬間、日本列島は歓喜に包まれた。

BuzzFeed JapanNews

Tatsunori Tokushigeに連絡する メールアドレス:tatsunori.tokushige@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.