レブロン・ジェームズ「裏切り者」と呼ばれた男が故郷に捧げた優勝

    「クリーブランド、この優勝をお前にささげる」

    2015-2016シーズンのNBAファイナルはクリーブランド・キャバリアーズ(キャブズ)が93-89でゴールデンステイト・ウォリアーズを下し、初優勝を果たした。

    試合終了のブザーが鳴り終わると、チームを牽引したレブロン・ジェームズは人目もはばらかず泣いた。故郷・クリーブランドに愛され、そして故郷を「裏切った」男が、恩返しを果たした瞬間だった。

    Ezra Shaw / Getty Images

    キャブズに入団、届かない栄冠

    Elsa / Getty Images

    オハイオ州アクロンで生まれたレブロンは、高校時代から圧倒的な能力で全米でその名を轟かせており、卒業後は大学に進まずNBA入り。高卒ルーキーとしては異例のドラフト1位でオハイオ州クリーブランドを本拠地とするキャブズに入団する。

    「選ばれし者」と将来を嘱望されたレブロンは1年目から活躍し、新人賞を獲得。2年目にはチームを8年ぶりとなるプレーオフ進出に導くなど目覚ましい活躍を見せるも、なかなかNBAの王座には届かない。

    2006-2007シーズンには初のNBAファイナルに進出するも、サンアントニオ・スパーズの組織的なディフェンスに抑え込まれ、4戦全敗で敗退する。

    2008-2009、2009-2010と2シーズン連続でシーズンMVPに選ばれ、個人としての実力は誰しも認めるところも、チームとして結果がついてこない。

    チームが敗れ、相手チームの健闘を称えず批判を浴びた際には「チームは負けたが、俺は勝者だ」と発言し、物議を呼んだこともあった。

    裏切り者と呼ばれて

    Christopher Capozziello / Getty Images

    2010年にフリーエージェントとなったレブロンは、優勝の栄冠を求め、マイアミ・ヒートへの移籍を決める。だが、去就を全国ネットの特別番組「The Decision(決断)」で発表する派手なやり方が全米の批判を浴びた。

    移籍に対してクリーブランドのファンたちも連日レブロンに罵声を浴びせ、彼のユニフォームを燃やした。地元のヒーローは一転、裏切り者として憎悪の対象になった。

    ヒートはレブロンに加え、クリス・ボッシュ、ドウェイン・ウェイドというスーパースタートリオを形成。移籍会見で優勝へ自信満々だったレブロンだが、移籍初年度の2010-2011シーズン、ヒートは優勝を逃す。活躍できなかったレブロンは多くのバッシングを受けた。

    しかし翌2011-2012シーズン、レブロンは欲しかったNBA王者のタイトルを獲得。個人としてもレギュラーシーズンとファイナルのMVPにも輝いた。

    初優勝の際には「クリーブランドで優勝できたらどんなに良かったか。どれほど素晴らしかったか想像することしかできないよ」と故郷への思いも明かした。翌シーズン、ヒートは連覇を達成。レブロンへの批判もいつしか収束していく。

    王の帰還

    Angelo Merendino / Getty Images

    念願だったNBA王者となったレブロンは2014年7月11日に一つの決断を下す。古巣キャブズへの復帰だ。ヒートは高年齢化が問題視されていたとはいえ、優勝を狙える強豪だっただけに、この移籍は大きな驚きを呼んだ。

    レブロンは「スポーツイラストレイテッド」誌の電子版の手記で、ヒートでNBA制覇を達成し、故郷への恩返しの思いが強くなり「自分の目標が多くの優勝を手にすることであることに変わりはない。けれど、オハイオ州北東部に優勝をもたらすことが、今は何よりも重要なんだ」と移籍への思いを明かした。

    キャブズもレブロンの復帰に合わせ、選手補強を図り、2014-2015シーズンにはNBAファイナルに進出するも、ウォリアーズの前に敗退する。

    初優勝をかけて臨んだ今シーズンのNBAファイナル、キャブズは再びウォリアーズと戦う。

    史上初、1勝3敗からの奇跡の逆転優勝

    Thearon W. Henderson / Getty Images

    3ポイントシュートを得意とする「スプラッシュブラザーズ」(ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン)を擁するウォリアーズはNBA新記録となるシーズン73勝を達成し、史上最強との呼び声もあるチーム。

    キャブズはあと1勝されたら敗退という崖っぷちまで追い詰められるも、レブロンが第5戦、第6戦と40得点以上を挙げる活躍で3勝3敗のタイに持ち込む。

    第7戦も27得点、11リバウンド、11アシスト、3ブロックと攻守に活躍。NBA史上初となる1勝3敗からの逆転優勝を成し遂げた。

    試合終了を告げるブザーが鳴った瞬間、レブロンは「クリーブランド、この優勝をお前にささげる」と叫び、泣き崩れた。

    「優勝へ挑戦する準備はできた。僕は今から帰るよ」

    地元への帰還を告げた手記で、レブロンはこう述べている。

    優勝が決まったNBAファイナル第7戦。両チームでその緊張感を過去に経験していた出場選手は、レブロンただ一人。ヒート時代に経験したものだった。

    かつてマイアミに移ったレブロンを「裏切り者」と非難したクリーブランドの人々はいま、こう思っているかもしれない。

    「レブロンは、優勝の準備のためにマイアミに行ったんだ」と。

    Aaron Josefczyk / Reuters

    歓喜のクリーブランド

    レブロンたちを出迎えるクリーブランドの人々

    Aaron Josefczyk / Reuters
    Jason Miller / Getty Images

    追記

    レブロン帰郷の画像を追加しました。