back to top

叶姉妹、マナーまでファビュラスだった冬コミ参加

サークル参加は今回が最後とブログで語っていた

"ラストコミケ”はファビュラスに、でもナチュラルに。

Tatsunori Tokushige / BuzzFeed

叶姉妹が12月29日、東京ビッグサイトで開催された日本最大級の同人誌即売会「コミックマーケット93」へ夏コミに続き、サークル参加しました。

26日のブログで「サークル参加はこの冬のコミケでいったんコンプリート」とサークル参加は今回までと明言。今後は一般参加に戻ります。

叶姉妹とコミケ

叶姉妹がコミケに初めて降臨したのは2016年12月30日の「コミックマーケット91」。一般客としての参加でした。(記事はこちら

参加前から「皆さんにご迷惑にならないようたくさんお勉強いたしますね」とカタログを購入したり、経験者からブログを通してアドバイスをもらうなど、コミケへのリスペクトがある姿を見せていた2人。

当日は周りの迷惑にならないよう「グッドルッキンガイ」を連れず、少人数の関係者で訪れた姉妹に対し、会場からは大きな歓声と割れんばかりの拍手が起こりました。

2人がホール内を闊歩すると、まるでモーゼのように、人ごみが割れて通り道ができる様子は、衝撃的でした。

2度目の参加は8月11日の「コミックマーケット92」。「ファビュラス叶組」と「プレシャスM組」というサークル名で一般ブースに出展しました。(記事はこちら)。

夏コミでできた長蛇の列
Haruna Yamazaki / BuzzFeed

夏コミでできた長蛇の列

会場で売られたTシャツやミニ写真集はすぐに完売。しかし、叶姉妹から名刺をもらおうとしたり、2人を遠目から見ようとしたりする人々が、長蛇の列を作りました。

夏コミとは少し様子が違った今回の冬コミ

夏に続き2回目、そして最後となるサークルでのコミケへの参加。叶姉妹のいる東7ホールに向かうとブースの外にはすでに列ができていました。

ブースの外の列
Tatsunori Tokushige / BuzzFeed

ブースの外の列

並んだのは500人ほどですが、熱狂というより落ち着いた様子です。

近くにいたコミケのスタッフさんによれば「夏に比べれば人数はそれほどではなく、穏やかですね。正直助かってます」とのこと。

叶姉妹は前回参加した夏コミで、会場で売られたグッズを当日に特設サイトで販売。営利目的の転売を防ぎました。

今回も事後通販ページを設けており、いわゆる転売屋が並ばなかったことも前回ほどの列にならなかった理由といえそうです。

「ピースフル」に溶け込む叶姉妹

Tatsunori Tokushige / BuzzFeed

叶姉妹は会場に、コートにハット、そして胸元が大きく開いたドレスというコーディネートで登場しました。

コミケ参加者の中には、そのファビュラスな姿を見て、ため息を漏らす人もいましたが、ブースの周囲に野次馬が集まるということはなく、「ピースフル」な雰囲気。以前からそこにいたように自然とコミケに溶け込む叶姉妹の姿がありました。

グッズを購入した女性に感想を聞くと「いい香り、バラみたいな高級な香りがしました」と笑顔。

別の女性は「実物とは思えない。綺麗すぎて、肌が白すぎて、ビスクドールみたいでした」と美しさに驚いていました。

今回がサークル参加がラストになることには残念というよりも、誰もが2人の決断だからと納得。男性ファンは「また、よければどんな形でもコミケに来てほしい」と話していました。

せっかくなので私もグッズを購入することにしました。

Tatsunori Tokushige / BuzzFeed

会いたいという気持ちはもちろん、BuzzFeedの同僚が叶姉妹の名言を取り上げた記事を執筆した際、ブログで紹介してもらったことに、感謝を伝えたかったからです。

グッズはエピソードマンガ「叶姉妹・ザ・ノンフィクション」と「ファビュラス叶ワールド神秘のアメージングカレンダー」のセットを購入することに決めました。

真っ青な冬空の下、並ぶこと40分。ついに2人に会う時間がやって来ました。

2人の近くにいくと、フローレンスな香りが鼻腔をつきます。ファ、ファビュラス。

グッズ購入者は恭子さん、美香さんからそれぞれ名刺をもらえるのですが、スムーズな進行のためか、スタッフにより5秒ほどでブースから"はがされます"。

矢継ぎ早に媒体名、さらにブログ掲載への感謝を伝えると、去り際に美香さんから「ありがとうございました」と声をかけられました。

やはり、いい方でした。

グッズ購入者に配られた2人の名刺

Tatsunori Tokushige / BuzzFeed

用意されたグッズは昼頃には完売。こうしたサークルとしては最後となる叶姉妹のコミケ参加は終わりました。

昨年の夏から始まった叶姉妹とコミケ参加者の交流。

これまでコミケへの参加を自分たちのプロモーションにしようとした芸能人もいましたが、叶姉妹は最後までコミケへのリスペクトと、一般参加者への配慮を欠かしませんでした。

今回の冬コミでも、そのマナーの良さに脱帽する声が上がっています。

今日前日搬入してきて、3つ隣めっちゃ荷物多いなーと思ったら、叶姉妹のサークルでした(`・ω・´) ルール完全順守ではみ出し・高さ制限・規制の赤いテープまできっちり注意確認して荷物整理しとった いやー、マナーもファビュラスでしたよ。脱帽です

叶姉妹 お品書き表が回ってきました。 本は2限。他は1限とのことです。 お会計はスピーディーにしたいのでお釣りがないようにとのアナウンスあったり、 下に合計額書いてあったり、コミケ今まで通ってたけど此処まで対応していたサークルはじ… https://t.co/C7RwSKbod9

この日販売されたカレンダーの最後の文章で、恭子さんはコミケ参加者に対する感謝を述べたのち、こうメッセージを送っています。

ピースフルでヘブンリーな心は伝染します。

わたくし達の愛する大切な皆さんがいつも幸福な心で過ごされますように...。

叶姉妹は最後の最後までファビュラスでした。


Tatsunori Tokushigeに連絡する メールアドレス:tatsunori.tokushige@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.