go to content

イチローのメジャー通算3000本安打達成 日米通算記録の時とローズ氏の反応変わりすぎ

3000本安打はMLB全体で祝福

マーリンズのイチローが7日(日本時間8日)に行われたロッキーズ戦の7回に三塁打を放ち、メジャー通算3000本安打を達成した。

Dustin Bradford / Getty Images

メジャー史上では30人目の3000本安打達成。アジア人では初の達成。

メジャー16年目シーズンでの達成は、通算安打の最多記録4256本を持つピート・ローズ氏と並ぶメジャー最速での偉業だ。

イチローといえば、今年6月15日(日本時間16日)にローズ氏が持つメジャー最多安打記録を超える日米通算4257安打を達成している。

メジャー通算3000本安打と日米通算4257安打、2つの大記録に対する反応を比べた。

日米通算4257安打達成時のスタジアムの反応

Jake Roth / USA Today Sports

ローズ氏の記録に並ぶ4256安打、新記録の4257安打ともにスタジアムからは敵地にもかかわらずスタンディングオーベーションが起こった。

イチローもこの反応に帽子を脱いで感謝を示した。

メジャー通算3000本安打達成時のスタジアムの反応

Dustin Bradford / Getty Images

メジャー通算3000安打も敵地のスタジアムだったが、観客からはスタンディングオーベーションが起こった。

日米通算記録との違いはチームメイト。

メジャーの公式記録とあって、試合中にイチローへとチームメイトが駆け寄り祝福した。

Bring it in for the real thing. #Ichiro3000

日米通算4257安打達成時のMLB公式アカウント

The most hits EVER across @MLB and Japan’s NPB: Ichiro! https://t.co/gEHnuoClvv

MLB公式アカウントがイチローの記録を伝えると、祝福の声の一方「イチローの記録は3Aレベルの日本のプロ野球の記録を加えたものだ」「マイナーリーグの記録を入れるようなものだ」と疑問の声も上がった。

メジャー通算3000本安打達成時のMLB公式アカウント

The newest member of the 3,000-hit club: ICHIRO! https://t.co/jIdy8Uy0Lr #Ichiro3000

ファンも当然祝福ムード。

所属するマイアミ・マーリンズはもとより...

Mr. 3⃣,0⃣0⃣0⃣! #Ichiro3000 https://t.co/JifBHe3bOF

コロラド・ロッキーズの公式アカウント

CONGRATULATIONS to Ichiro Suzuki on 3,000 HITS! #Ichiro3000

ニューヨーク・ヤンキースのアカウントも祝福

"Baseball is more than a game to him, it is a craft, which he works at tirelessly" - Derek Jeter #Ichiro3000

ピート・ローズ氏の日米通算4257安打への反応

Ethan Miller / Getty Images

メディアを通じ、日米通算4256安打については否定的なコメント。

「高校野球をカウントしている」

「野球に詳しい人間で、日本の野球とメジャーリーグが対等だと言う人間がいると思うか? 私は思わない」

ピート・ローズ氏のメジャー通算3000安打への反応

Mark Lyons / Getty Images

イチローの3000安打達成をMLBの公式サイトで素直に賞賛。

「3000本安打を達成した者は誰であれ偉大なバッターだ。イチローは途方もないバッター。3000本安打達成で自動的に野球殿堂入りを果たすし、そうすべきだ。彼はスピードと強肩を兼ね備えた偉大な打者だ。彼のことはすごく尊敬しているよ」

イチロー自身の日米通算4257安打への反応

Jake Roth / USA Today Sports

日米通算4257安打への率直な感想

「ここにゴールを設定したことがないので、実はそんなに大きなことという感じは全くしていない。でもチームメートだったり、ファンの方だったりと、ああいう反応をしてもらえるとすっごくうれしかった。それがなかったら、何にも大したことないです」

表情は笑顔。

イチロー自身のメジャー3000安打への反応

Dustin Bradford / Getty Images

メジャー通算3000本安打への率直な感想

「あんなに達成した瞬間にチームメートたちが喜んでくれて、ファンの人たちが喜んでくれた。僕にとって3000という数字よりも僕が何かをすることで僕以外の人たちが喜んくれることが、今の僕にとって何より大事なことだということを再認識した瞬間でした」

日本のプロ野球時代に自身を抜擢したオリックスの故・仰木彬監督の話をする際には目頭を熱くさせた。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss