Posted on 2018年6月1日

    【訃報】「借王」を手がけた漫画家、土山しげるさん死去

    独特のグルメ漫画で人気を博していた

    漫画家の土山しげるさんが、5月24日にがんのため亡くなった。68歳だった。6月1日、土山さんが連載していた『コミック乱』を出版するリイド社が発表した。

    【訃報】月刊誌『コミック乱』にて「勤番グルメ ブシメシ!」を連載しておりました土山しげる先生が、2018年5月24日、がんのため逝去されました。哀悼の意を表するとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。

    土山さんは同社が発刊する『コミック乱』に『勤番グルメ ブシメシ!』を現在連載中だった。

    発表によれば、葬儀については家族の意向により、親族のみで執り行われたという。

    独特のグルメ漫画で人気に

    双葉社

    土山さんは大学時代に『ワイルド7』などで知られる漫画家の望月三起也さんに師事し、1973年に月刊少年チャンピオンにて『ダラスの熱い日』でデビュー。

    映画化もされた『借王』などの人気作を手がけ、近年は『極道めし』『喧嘩ラーメン』などアウトローとグルメを合わせた独特の食漫画がヒットしていた。

    BuzzFeed JapanNews