ガンダムに登場した「オデッサ」「ダカール」...実際はこんな感じです

    今年で37周年

    今年で37周年を迎えた「機動戦士ガンダム」シリーズ

    Chris Mcgrath / Getty Images

    人類が宇宙に進出した未来を描いた物語の構造は「宇宙→地球→宇宙」と基本的になっており、実在の地名が数々登場します。

    アニメや関連ゲームではよく聞く地名ですが、実際はどんな場所なのか見てみましょう。

    オデッサ

    Valentyn Ogirenko / Reuters

    「機動戦士ガンダム」で一年戦争の転機となったオデッサ作戦。この舞台となったオデッサは、ウクライナ南部の都市です。

    Valentyn Ogirenko / Reuters

    ジオン軍は必要不可欠な鉱物資源の獲得のため、この地を占領。アニメでは山のイメージがありますが、実際は黒海に面した湾岸都市です。

    キリマンジャロ

    Finbarr O'reilly / Reuters

    「機動戦士Zガンダム」で敵軍であるティターンズの基地があったのが、タンザニア北東部にあるキリマンジェロ。一年戦争の際は、ジオン軍のアフリカの拠点でした。

    アフリカ大陸最高峰(5895m)であるキリマンジェロ。標高の高さが生む昼夜の寒暖差により、おいしくなったのがコーヒー豆の「キリマンジェロ」です。

    ダカール

    Issouf Sanogo / AFP / Getty Images

    「ガンダム」シリーズにたびたび登場するダカールは、地球連邦の首都ともなった重要な場所。「Zガンダム」でのクワトロ・バジーナ(シャア・アズナブル)のダカール演説は、作品での屈指の名場面です。

    実際のダカールはセネガルの首都であり、西アフリカでも商業の中心地のひとつです。

    ジブラルタル

    Jon Nazca / Reuters

    スペイン・イベリア半島にあるイギリスの海外領土であるジブラルタルはガンダム2作品に登場します。

    「機動戦士Vガンダム」では、旧ジブラルタルを埋め立てた「アーティ・ジブラルタル」にマスドライバー(宇宙に大量の物資を輸送するための装置)が設置。

    一方「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」ではザフト軍の基地が設置されています。

    シドニー

    David Gray / Reuters

    「機動戦士ガンダム」第1話冒頭、ジオン軍によりスペースコロニーが落とされ壊滅します。

    ダブリン

    Clodagh Kilcoyne / Reuters

    「機動戦士ガンダムZZ」35話で、ネオジオン軍にスペースコロニーが落とされ壊滅します。

    ラサ

    Johannes Eisele / AFP / Getty Images

    「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」で、地球連邦の首都であったが、シャア・アズナブル率いるネオジオン軍により、宇宙から小惑星を落とされ壊滅します。

    宇宙からの落下物で地球はボコボコです。

    現在もTBSで「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」が放送中。ガンダムは永遠です!