【リオ五輪】国中が沸いた!リオ五輪で初金メダルの10か国

    フィジーは祝日も作る

    リオ五輪は21日(日本時間22日)に閉会式が行われ、17日間の熱戦に幕が閉じた。今大会では初めて金メダルを獲得した国が10か国あった。

    Christophe Simon / AFP / Getty Images

    シンガポール

    Clive Rose / Getty Images

    競泳男子100mバタフライは、ジョセフ・スクーリングが優勝した。

    水泳界のスーパースター、マイケル・フェルプスなどを抑えての勝利。リー・シェンロン首相は「我々の誇り」とSNSでコメントするなど国中を大興奮に包んだ。

    スクーリングが帰国すると、シンガポールはこの大盛り上がり

    Roslan Rahman / AFP / Getty Images

    フィジー

    Mark Kolbe / Getty Images

    今大会から始まった7人制ラグビーで、フィジーが初優勝した。

    リオで試合を観戦したフランク・バイニマラマ首相は「歴史上、素晴らしい瞬間だ」と話し、金メダルを記念し8月22日を祝日にすると発表した。

    地元フィジーも歓喜に沸いた

    Afp / AFP / Getty Images

    コソボ

    Adrees Latif / Reuters

    柔道女子52キロ級はコソボのマイリンダ・ケルメンディが金メダルを獲得した。

    【リオ五輪】中村美里を下したケルメンディ、内戦に翻弄されたコソボの夢叶え金

    戦火に苦しんできたコソボの人々を歓喜させた

    Armend Nimani / AFP / Getty Images

    タジキスタン

    Adrian Dennis / AFP / Getty Images

    ハンマー投げでディルショド・ナザロフが金メダルに輝いた。

    アテネ大会の金メダリスト室伏広治さんもTwitterで「アジアから、久しぶりの優勝」と祝福した。

    バーレーン

    Shaun Botterill / Getty Images

    陸上女子3000m障害では、ケニア出身でバーレーン国籍のルース・ジェベトが金メダルに輝いた。

    プエルトリコ

    Toby Melville / Reuters

    テニスの女子シングルス決勝はプエルトリコのモニカ・プイグがドイツのアンゲリク・ケルバーをフルセットで下し、生まれ故郷に初めての金メダルをもたらした。

    【リオ五輪】苦しむ故郷の島に初の金メダル 女子テニス世界34位が起こした奇跡

    金メダルを獲得後、プエルトリコの人々はお祭り騒ぎ

    Alvin Baez / Reuters

    ヨルダン

    Laurence Griffiths / Getty Images

    テコンドー男子68kg級でヨルダンのアハマド・アブガウシュが金メダルを獲得した。

    全競技を通じて同国史上初のメダリスト。「表彰台の一番上でヨルダンの国歌が聴けるなんて最高だよ」と喜びを語った。

    ベトナム

    Pascal Guyot / AFP / Getty Images

    射撃の男子10mエアピストルではホアン・シャンビンが金メダルに輝き、五輪新記録も樹立した。

    人民軍に所属し、帰国後はグエン・スアン・フック首相から勲章を授与された

    Vietnam News Agency / AFP / Getty Images

    コートジボワール

    Dean Mouhtaropoulos / Getty Images

    テコンドー男子80kg級ではシェイク・サラ・シセが金メダルに輝いた。

    決勝では残り1秒、回し蹴りを頭部に決め劇的な逆転勝利を飾った。

    クウェート(独立参加選手団)

    Sam Greenwood / Getty Images

    射撃男子ダブルトラップでフェハイド・アルディハニがクウェート初の金メダルに輝いた。

    しかし、政府のスポーツ干渉が問題視され、現在同国は資格停止処分中。リオ大会には独立参加選手団として参加しているため、表彰式では国旗ではなく五輪旗が掲揚された。