「子供の貧困」報道を架空取材で批判のビジネスジャーナル、NHKの指摘で捏造明らかに

    31日には謝罪文掲載

    株式会社サイゾーが運営するニュースサイト「Business Journal(ビジネスジャーナル)」は8月25日付の記事「NHK特集、『貧困の子』がネット上に高額購入品&札束の写真をアップ」の一部に捏造部分があったと31日、サイトにて謝罪文を掲載した。

    ビジネスジャーナルの担当者は31日夜、BuzzFeedの質問状に回答し、捏造発覚の経緯を明かした。

    問題の記事は、8月18日に「NHKニュース7」内で放送された「子供の貧困」特集がやらせ問題で揺れているとの内容。記事は外部の契約記者が執筆した。

    ビジネスジャーナルの記事では番組映像に「エアコンらしきものがしっかりと映っている」とあるが、実際には写っていなかった。さらに記事には、NHKに問い合わせ、回答を得たとあったが、実際にはNHKに取材は行わず捏造だった。

    記事は担当編集者、編集長もチェック

    ビジネスジャーナルの担当者は、記事の捏造発覚の経緯について「今回の捏造は、記事掲載翌日の8月25日にNHKからの指摘により判明しました」と説明する。

    契約記者から入稿された記事に関しては、担当編集者および編集長もチェックしており「記事内容に疑いを持たずに掲載に至ったことの責任を編集部として重く受け止めております」と反省した。

    NHKの報道を捏造と書きながら、実際に捏造を行っていたのはビジネスジャーナルだったという事実に「廃刊レヴェルの不祥事」「他業界なら即刻営業停止レベル」など厳しい声が相次いでいる。

    特に同じメディアに関わる人間からは「『ネットメディアってこの程度なんでしょ』と思われるそうで本当に心外」「取材してないのに取材したと主張した記者って誰よ。非常に迷惑」などメディア全体の信用を貶めると非難が集まっている。

    同担当者は「多くの方々から批判を頂戴しております。それらを真摯に受け止め、外部識者を交えてつつ、再発防止策を講じていくつもりです」とした。

    記事で取り上げた女子高生への対応は

    今回取り上げた記事の影響はNHKだけでない。記事中で取り上げられたNHKのニュースに出演した女子高生への誹謗中傷へも繋がっている。

    担当者は「当該記事によってご迷惑をお掛けした方々にも、まだ十分ではない経緯説明やお詫びを引き続き行い、名誉回復の手段をできる限り講じる努力をしてまいります」と何らかの対応を行うとした。

    回答文の文末では「本件については、関係者の皆さま、読者の皆さまにあらためてお詫び申し上げます」と改めて謝罪している。