back to top

アップアップガールズ(仮)42km駅伝&ライブのWヘッダーで絆もアップアップ

メンバーの絆はアップアップ

武道館に向けた体力作りの一環?

アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」が総計42kmの駅伝とライブの過酷なダブルヘッダーを行った。

事務所提供写真

アプガは今回2年連続で5月22日(現地時間)にアメリカ・ハワイのオワフ島で開催された「ホノルル駅伝&音楽フェス2016」に2年連続で出場した。

イベントはハワイでスポーツと音楽を楽しもうというものだが、アプガの場合はなぜか駅伝のライブの直後にライブパフォーマンスを行う過酷な内容だ。

今年11月8日に日本武道館での初の単独公演開催を控えているが、この修行のようなイベントが晴れの舞台のパフォーマンス向上につながるか。科学的な証明は当然ない。

広告

駅伝は日の出前の午前5時半にスタート

事務所提供写真

今回は仙石みなみ、佐保明梨、関根梓、新井愛瞳による「Team running alien」と、佐藤綾乃、古川小夏、森咲樹による「チーム参四五」という組み合わせで6区間総計42kmの駅伝に参加。仙石、佐保、古川、森、佐藤は2区間を走る。

広告

しかしイベントの真骨頂はここから…

事務所提供写真

アプガはおよそ1時間の休憩を経て、ゴール地点のカプオラニ公演の特設ステージで、ファンツアーで参加していたファンの声援を受けながらライブをスタートさせた。

のちに「走り終わったあとは体が全然動かなくて階段も下りることがつらかったんですよ」(佐藤)と語っており、体力的に厳しい状況だった。

仙石はライブ終了後「武道館も決まって泣き言は言ってられないし、逆に活力にもなると思ってます。駅伝もそうですが、この先、自分たちの行動がすべて武道館の結果に直結すると思っています」と力強く話した。

また佐藤は「ライブでは曲がかかるとみんないつも以上の力を発揮してて、改めてアプガ最高だなって思いました」とコメント。

過酷なイベントではあったが、メンバー、そしてファンとの絆はさらに"アップ"した。

Sponsored

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss