back to top

「9nine」別れと再生の2016年 川島海荷の卒業は「2年かけて止めました」

スタン・リー氏が関わるアニメに大抜擢

ガールズユニット「9nine」は現地時間10月29日、アメリカ・ロサンゼルスで開催された「STAN LEE’S L.A.COMIC CON 2016」のステージにいた。

この日、製作発表会が行われたアニメ「THE REFLECTION(ザ・リフレクション)」にアニメキャラクターとして出演し、劇中歌アーティストに起用されたためだ。

アニメは「アベンジャーズ」「X-MEN」「スパイダーマン」の生みの親であるスタン・リーとテレビアニメ「蟲師」の監督を務めた長濱博史氏がタッグを組む話題作。9nineは劇中にアニメキャラクターとして登場し、劇中歌も担当する。

9nineが歌う劇中歌は「イエス」「シール」「ベル&セバスチャン」などのプロデュースを務めたUKロック界の巨匠トレヴァー・ホーンが手がける。

広告

「スタン・リーさんは背が高くて、足が長すぎて、細身でモデルさんみたい。超ジェントルマンでした」(吉井香奈恵)

「トレヴァー・ホーンさんはおしゃれ。本当にいい匂いがして、近くにいくとクラッとした(笑)」(西脇彩華)

都内でBuzzFeed Newsの取材に応じた9nineの4人は、大物たちに無邪気な感想を述べる。

ライブが生んだ世界的作品への抜擢

アニメへの起用は、長濱氏の存在が大きかった。

出会いは3年前、佐武宇綺がアシスタントを務めていた番組に、長濱監督がゲストとして参加したことだった。

「その際に長濱監督を『一度、私が大事にしているグループを見てください』と9nineのライブに誘ったんです。それをきっかけに、私たちを知っていただきました」

「THE REFLECTION」の話を聞いたのは2年前。

「長濱監督は『いつか、僕がアニメ業界に入ってからの夢だったスタン・リーさんと仕事ができたら、僕が好きだと思える人と一緒に仕事がしたい。その時には9nineにも一緒に参加してもらいたい』とおっしゃってくれていて。私たちにとっては夢のような話で実感はなかったんですけど、コミコンのステージに立って、やっと実感がわいてきました」

佐武がそう話すと、ほかの3人からは笑顔がこぼれる。

「お話を聞いた時は『本当ですか』という気持ちですよね。夢を通り越して、一瞬パニックになるくらい大きな話です」(村田寛奈)

9nineの4人は名前もそのままで、女子高生役で登場する。

現在24歳の西脇は「20代だけど、女子高生。顔は童顔な方だし、実写じゃないんで。アメリカに行くと中学生くらいに見られたし」と笑う。

トレヴァー氏が手がけた楽曲は、これまでの9nineとは一味違う仕上がりになっている。

「聞いた瞬間、鳥肌が立ちました。私たちがこれまで歌ったものとは違います」(吉井)

「トレヴァーさんに、長濱さんが『9nineってこんなパフォーマンスをするんだよ』と伝えてくれて、間奏を長くとってくれて、踊れる曲になっています」(村田)

2016年は、9nineにとっても激動の年だった。

グループのセンターを務め、女優としても活躍する川島海荷が7月23日のライブをもってグループを卒業したのだ。

9nineの顔だった川島の卒業について、佐武はこう語る。

「卒業の決意を聞いたのは2年前、日本武道館の終わった後でした。でも、それはあってはならないと思ったから、2年間かけて彼女を止めたのは事実です」

「彼女が環境を変えたい気持ちも事実だし、私たち4人が活動を続けたいのも事実。お互い成長できるように、前に進めるように、2年後の卒業公演でその思いを伝えました」

4人になり、不安な時期を一緒に乗り越えたことで絆は深まった。

以前は仕事の時にだけ集まる、ビジネスな関係だった。今は毎日LINEをしたり、時間があればミーティングを重ねたりと仕事以外でも話す仲間になった。自然とそうなった。

「改めて一人ひとりのパーソナルな部分に興味を持つことで、仕事でもより強い団結力につながる。今まで以上にお互いをよく知っている」(西脇)

「生活が9nine。いつもみんなのことを考えているし、普段から夢を語ったり、それをどう現実にしていくか。細かいことまで話しています。それが一番大きな進歩です」(佐武)

「何事にたいしても前向きです。すごく楽しい」(村田)

「パフォーマンスでも、一人ひとりの責任感も出てきています。気で伝わるパフォーマンスをしようと言っています」(吉井)

ファンへの恩返し

今の9nineを支えるもの。西脇は「自分たちの一番の原動力はファンの方々です」と言い切る。

「5人の9nineが好きというファンの人が多かったし、4人になるのはショックだっただろうけど、卒業の際に、ファンのみなさんが、私たちも、海荷ちゃんもお互いのことを応援してくれた。みんな笑顔で送り出してくれた。その時の応援が一番の支えです。だから、ファンのみなさんのためにも絶対頑張りたいって思います」(西脇)

1月1日にはワンマンライブが控える。西脇は新年最初のライブへの思いをこう語る。

「アニメへの参加が決まったのも長濱さんがライブを見て、良いって思ってくれたこと。ライブって私たちの中で一番大事なものなんです。歌とダンスを通して、ファンの方と一緒になれる空間が大切なんです」

「来年はすべてのワンマンのライブをソールドアウトにしたい。目の前のことから一歩一歩、目標をかなえて達成して、次の大きなステージに立ちたい。だからこそ、1月1日のライブは本当に大事。初詣気分で見に来てほしい」

12月29日はメンバー最年少の村田の誕生日。全員大人になった「9nine」で元日のライブに臨む。

Tatsunori Tokushigeに連絡する メールアドレス:tatsunori.tokushige@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.