「なぜ『体型』で、人を決めつけようとするの?」ビリー・アイリッシュがショートフィルムで体型批判について語る

    「もし、私が自分の好きな服を着れば、それは『女性らしくない』と批判される。薄着をすれば『尻軽』だと罵られる。私の体を見たことがなくても、それでもあなたは私を批判する」

    ボディー・シェイミング(体型批判)に対し、過去にも積極的に反論してきた米歌手ビリー・アイリッシュ。

    Jeff Kravitz / FilmMagic via Getty

    ビリーは18歳で、2020年度グラミー賞の「最優秀新人賞」「年間最優秀楽曲賞」など5冠を達成した。

    ビリーが、オーバーサイズの服を着続ける理由。それは、誰にも彼女の「体型」について言わせないため。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    ビリーは、オーバーサイズの服を着ることで知られている。

    昨年、ファッションブランド、カルバン・クラインの広告動画でその理由を説明し、話題となった。

    「世界中の人々に、私の『全て』を知られたくないの」と彼女は語る。

    「私の体を見たことがなければ、誰も何も言えないでしょ?それが、オーバーサイズの服を着続ける理由」

    ファッション雑誌VOGUEのインタビューでも、彼女は自身の体型に対する葛藤を打ち明けた。

    Vogue

    「私は、自分の体が大嫌いだった。違う体型になるためならなんだってした」

    「どうしてもモデルのような体型になりたかった。だけど、私はぽっちゃりしていたし、背も低かった」

    朝の情報番組、BBCブレックファストのインタビューでは、インスタグラムに寄せられる体型批判のコメントが、自身にどれほど悪影響を与えているかを語った。

    「私の人生を台無しにしている」とビリーは訴えた。

    ビリーが体型批判について語ったショートフィルムは、ファンの間で反響を呼び、SNS上で拡散された。

    Billie shows off her body during powerful interlude on the “WHERE DO WE GO? WORLD TOUR” (1/2)

    今年3月に行われたワールドツアー「Where Do We Go?」で流されたショートフィルム

    「体型批判」についてビリーの口から語られた言葉は、ファンの心に響き、歓声を浴びた。

    同ツアーは、新型コロナウイルスの影響で中止となった。

    先日、ビリーは「Not My Responsibility(私の責任ではない)」というタイトルの同ショートフィルムをユーチューブで公開。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    映像内でビリーは、服を脱ぎながら、日々彼女に向けられる「体型批判」について語りかけている。

    「私が生まれ持った体は、あなたの望むものではないってことなの? 」

    Billie Eilish

    「私が小さい方がよかった?弱いほうが?ソフトな方が?背が高い方が?静かにしてほしいの?私の肩があなたをイラつかせるの?私の胸が?私のお腹が?私のお尻が?」と力強く訴えたビリー。

    「もし、私が自分の好きな服を着れば、それは『女性らしくない』と批判される。薄着をすれば『尻軽』だと罵られる。私の体を見たことがなくても、それでもあなたは私を批判する」

    Billie Eilish

    「なぜ『体型』で、人を決めつけようとするの?」

    「私たちは、彼らが何者なのか、どれだけの価値がある人なのかを決めようとする。私が厚着すれば?薄着すれば?一体、誰が私の価値を決めるの?私の価値は、あなたの物の見方だけで決まってしまうの?それとも、あなたの私に対する意見は、私の責任ではないということ?」

    Billie Eilish

    ネット上で日常的に受ける「体形批判」に対し、立ち向かったビリー。ショートフィルムの公開後、彼女を援護する声で溢れかえった。

    billie eilish bringing awareness to societys beauty standards on womens body is extremely important and should be a short film that should be talked about a lot. she has a lot of young people looking up to her and shes setting a great example. stan someone like billie eilish

    「ビリー・アイリッシュは、女性が社会から受ける『美の定義』の圧力を人々に認識させた。とても大切なことだし、このショートフィルムについて、我々はもっと話していかなければならない。沢山の若いファンの人たちにとって、彼女は良いお手本だと思う。ビリー・アイリッシュような人に憧れるべき」

    ladies and gentlemen, Billie Eilish did that

    「ビリー・アイリッシュがやってやった!!」

    billie eilish really said f*ck y’all talking about my body

    「ビリー・アイリッシュは、彼女の体について語る人々に立ち向かった」

    when billie eilish ended mainstream beauty standards we all felt that

    「ビリー・アイリッシュは、主流の美の基準を終わらせたね」

    Billie Eilish is really redifining and creating a circumstance in which the societal norms placed on women as opposed to where denominating combobulants could be is astounding. A force this talented is a once in a million lifetimes’ opportunity.

    「ビリー・アイリッシュは、女性が置かれる社会的な立場を再定義した。これほどの逸材は、100万回に一度の奇跡」

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:オリファント・ジャズミン