back to top

現実を直視しない対策 銃乱射事件のマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校が透明のバックパック使用を義務付ける

「生徒に透明なバックパックの着用をさせることは、単に骨折したところにバンドエイドを貼ることと同じです」

2018年2月、マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で17人が死亡する惨事が起こった。それを受けて同校は新しいセキュリティ対策の一環として、キャンパス内で生徒は透明なバックパックのみ使用が許可されることになったと、3月下旬に発表した。

Security at Marjory Stoneman Douglas continues to be an urgent priority for us. Given the developments over the past 24 hours, we will further enhance school safety measures. Communications on details will be forthcoming tomorrow. @PrincipalMSD #MSDStrong

「マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校のセキュリティ対策は引き続き最優先課題です。過去24時間のできごとを踏まえて、学校の安全対策をさらに強化します。詳細については、明日お知らせする予定です」

「春休み明けからは、生徒がキャンパス内で使用を許可されるのは透明のバックパックのみになるでしょう」とブロワード地区公立学校の最高責任者ロバート・ランシー氏はストーンマン・ダグラス高校の家族に宛てた手紙の中で言っている。

Mpi04 / mpi04 / MediaPunch / IPx

透明なバックパックを持っていない生徒には無料で1つ提供されると手紙に記載されている。

この手紙はニューヨークタイムズ紙によって最初に報じられ、木曜日にBuzzFeed Newsにコピーが提供された。

手紙には、すべての生徒に身分証明用バッジが発行され、すべての生徒と教職員はキャンパス内で常にバッジを着用する必要があるということも書かれている

この地区ではまた、金属探知の機械を使用するほか、特定のキャンパスへの入口には恒久的な金属探知器を設置することも検討している、とランシー氏は話す。

これらの措置はマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の生徒だけに対するものだが、地区全体のセキュリティ対策としては、常に教室のドアを施錠すること、外部からアクセス可能な出入り口の監視、学生や教職員に対して定期的に緊急時への備えと対応トレーニング実施の指示を含んでいる。

フロリダ州はまた、署名により成立した学校安全法の一環として、ブロワード郡学区に少なくとも一人の支援要員を配置するために850万ドル、学校のメンタルヘルスサービスを拡大するために600万ドルを提供するとしている。

この安全対策は、2人のマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の生徒が学校にナイフを持ってきたとして逮捕された翌日、そして学校銃乱射事件の容疑者の兄のザカリー・クルスが学校内に不法侵入したとして逮捕された2日後に発表された。

ザカリー・クルス
Broward Sheriff's Office / AP

ザカリー・クルス

広告

「マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校での悲惨で無意味な暴力行為を過去に遡って変えることはできませんが、力を合わせれば、私たちは未来を変えることはできます」とランシー氏は手紙に記している。

このランシー氏の手紙は、生徒たちがその週の土曜日に学校での銃による暴力の終わりを呼びかけるデモンストレーション「March for Our Lives」を準備している最中に届いた。このデモンストレーションは、銃乱射事件で生き残った生徒たちによって始まった運動の一環である。

しかし、マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の生徒の何人かは、キャンパス内で透明なバックパックのみ使用が許可されるという学校の方針に不満を漏らしている。

Spending money on giving us clear backpacks is a joke.

「私たちに透明なバックパックを与えることにお金を費やすなんてバカみたい」

マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校に通うカイラ・サイモンさん(17)は、BuzzFeed Newsに「キャンパス内で武器を所有させないために透明なバックパックを生徒に強要しているなんて、誤った試みだと思います」

「ナイフを持っていたあの生徒たちが、透明なバックパック、金属探知機などを推進する存在になるべきではありません」と話す。

学校での銃の暴力を終わらせるための #NeverAgain ムーブメントを支持している人を含め、銃乱射事件の生存者の多くは、その対策についてTwitterに不満を表明した。

Great. Because clear backpacks are gonna fix everything. I appreciate the attempt, but I’d rather have common since gun laws than a clear backpack. #NeverAgain #EnoughIsEnough https://t.co/1HRudeSOib

「透明なバックパックによって全てが解決されるなんてありえません。やろうとしていることには感謝しますが、私はむしろ透明なバックパックよりも銃の法整備のほうが嬉しいです」

広告

マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の生徒のカーリー・ノヴェルさん(17)は、BuzzFeed Newsに「透明なバックパックは何も解決しないと強く思います」と語った。 「透明なバックパックは単に私たちを不快にさせ、私たちの学校が普通と同じではないことを思い出させるだけのもののように感じます」

Clear backpacks don't do anything except make us look stupid. We want to be safe, not uncomfortable. The only thing that can really have an impact on our safety is gun control

「透明なバックパックは、バカっぽく見せるだけ。私たちは安全でありたいだけなんです。居心地が悪い思いをしたいわけではないんです。身の安全を確保できるのは、銃規制だけです」

ノヴェルさんは、たとえ透明なバックパックを使ったとしても、やろうと思えばバックパック内のフォルダとフォルダの間になんでも隠すことができると指摘した。

「警察が私たちを守ることができないなら、バックパックにもできないでしょう。学校へ安心して通いたいだけ。いまは安全だと感じることができていません」と彼女は言った。

ブロワード郡公立学校のスポークスパーソンは、BuzzFeed Newsの取材に対し、透明なバックパックに関する学生の懸念に対し、コメントすることは特にないと述べた。

一部の生徒は、学校を安全に保つための試みの価値を認めてはいたが、バックパックの中身を公開することに関しては不快感を表明した。

also clear backpacks are a mistake because now if someone asks for a pencil i HAVE to give it to them. they’ll see right through my bag and my lies. gross

「透明なバックパックは間違いです。なぜなら、誰かが鉛筆を貸してと頼んできたら、貸さなければならないから。バッグの中身と嘘はお見通し。そんなの嫌です」

「プライバシーが持てなくなって寂しいと思うだろう。でももしそれが私たちを安全にするなら、文句は言いません」と同校の生徒サラ・ジオバネッロさん(16)はいう。

「でも、バックパックに生理用品が入っているのが見えてしまったり、何を持っているかを知って強奪されたりしないかと心配になります」

同校のモルガン・ウィリアムズさん(16)は教育委員会が生徒を安全に保つためにできる限りのことをしているのだと認めているが、やはり透明なバックパックは嫌だという。

「たしかに、もし誰かが武器をバッグに入れて持ち込もうとしたら見えるでしょう。でも、校内を歩く時や教室で座っている時に、自分が何を持っているかをいつでも見せているというのは落ち着きません。学校では、バックパックは個性を表現するものの一つだから、私たちからそれを取り上げるないでほしい」とウィリアムズさん。

広告

透明なバックパックの所持を学生に命じることは、根深い問題に対する一時的しのぎにすぎないと指摘する生徒もいる。

Enforcing students to wear clear backpacks is simply like putting a band-aid on a broken bone

「生徒に透明なバックパックを着用させることは、骨折したところにバンドエイドを貼るのと同じこと」

#NeverAgainムーブメントの中核メンバー、ジャクリーン・コリンさん(17)は、「政治家へのメッセージ:私たちの安全は危機に瀕しているし、プライバシーは剥ぎ取られようとしています。問題の核心を修正してください。そうすれば、こんな深い傷のためにバンドエイドを使う必要はありません」とBuzzFeed Newsに伝えた。

一部の学生は、こんな規制をしては「学校が刑務所のようになる」と訴える。

s/o to America for making my school seem like jail now because legislators don’t have common sense gun reform on their agendas https://t.co/MJZFeaeiSa

「議員が銃法案に対する真っ当なセンスを持っていないために、今、学校が刑務所のようになっている」

「学校が少しずつ、でも確実に刑務所になっていく。本当にバカげたことです」とある生徒は話す。

This is absolutely ridiculous at this point like schools are slowly but surely becoming prisons (I am aware most schools in primarily high crime rate areas look like prisons) but school is supposed to be a place to learn and feel comfortable.

「本当にバカげています。学校がゆっくりと、でも確実に刑務所になっていきます。犯罪率の高い地域ではほとんどの学校が刑務所のよう。でも学校は本来、心の底から安全を信じ、勉強することができる場所のはずでしょう?」

この記事は英語から翻訳されました。翻訳:フェリックス清香 / 編集:BuzzFeed Japan

BuzzFeed JapanNews

Tasneem Nashrulla is a reporter for BuzzFeed News and is based in New York.

Tasneem Nashrullaに連絡する メールアドレス:tasneem.nashrulla@buzzfeed.com.

Remy Smidt is a reporter with BuzzFeed News and is based in New York.

Remy Smidtに連絡する メールアドレス:remy.smidt@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.