なんでもかんでも「やってみた」はダメ。YouTube動画のマネであわや大事故

    怪我してからじゃ遅いからね。

    カリフォルニア州に住む、ローレンス・グオ。先日、とあるYouTubeハックを試してみたところ大変な事態に…。

    Lawrence Guo

    ローレンスが友人と試したのは、オープナーを使わずにワインのコルクを抜くというハック。YouTubeにはこの手ハック動画多く出回っており、ローレンスもバーナーでワインの瓶を炙るというハックをYouTubeで見たと言います。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    ローレンスが見た動画はこれではありませんが、この動画と同じ栓抜きハック。

    しかし、このハックを試すにあたって、1つ問題が。

    Twitter: @bdlawr

    ローレンスたちは、バーナーを持っていませんでした。結果、最初はライターで瓶の口を炙ったものの、それでは不十分と判断し、台所のコンロで炙ることに。これが大間違い!

    弱火でじわじわと炙られるワインの瓶。

    瓶が爆発、飛び散るガラス片。

    爆発する様子を動画に収め、Twitterに投稿したローレンス。「アハハハ」「YouTube嘘つき、死にかけたぞ!」とコメントしていますが、笑い事ではありません。

    怪我しなかったのは、運がよかっただけ。

    Lawrence Guo

    ワインは台無しになるも、ローレンスと友人に怪我はなし。不幸中の幸いです。Twitterへ投稿したのは、死にかけた瞬間をシェアしたかったからと語るローレンス。またこうも語りました。

    「コンロでこれやっちゃダメってアドバイスしたいです」

    …違うでしょうが。本当に忠告すべきことは、ネットで見たものを安易に真似してはいけないということ。また、試してみる際には、手順をしっかりと理解し、オリジナル手順に改変しないということです。

    この記事は英語から翻訳されました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan