back to top

立ち退き要求を無視して大学寮に居座り続ける32歳の元学生

ニューヨーク市立大学ハンター校は、大学中退後も寮費を払わずそのまま寮に居座る元学生に対し、法的手段を取らざるを得ない事態に追い込まれている。元学生の過去2年間の未払い額は9万4000ドルを超えているという。

ニューヨーク市立大学ハンター校は、1人の元学生に対して訴訟を起こした。理由は、2年前に中退したにもかかわらず、この元学生がマンハッタンにある同大学の学生寮に居座っており、未払いの寮費が積もり積もって9万4000ドルを超えているためだ。

訴状によれば、32歳の元学生リサ・S・パーマーは、マンハッタンの25番街にある同大学学生寮に、2年にわたって不法に居座っているとされている(上の写真は、同大学の学生寮の部屋の1つ)。俎上によれば地理学を専攻していたパーマーは、入寮の直後から払うべき費用を支払っておらず、2016年夏に寮に住めなくなったときに中退したという。大学はここ数年間、パーマーに対して、寮費の未払いに関する通知と立ち退き勧告を送っているが、「無視」されていると主張。「寮に引き続き住んだ期間についての、9万4000ドルにものぼる膨大な未払い寮費」を支払うよう求めている。
hunter.cuny.edu

訴状によれば、32歳の元学生リサ・S・パーマーは、マンハッタンの25番街にある同大学学生寮に、2年にわたって不法に居座っているとされている(上の写真は、同大学の学生寮の部屋の1つ)。

俎上によれば地理学を専攻していたパーマーは、入寮の直後から払うべき費用を支払っておらず、2016年夏に寮に住めなくなったときに中退したという。

大学はここ数年間、パーマーに対して、寮費の未払いに関する通知と立ち退き勧告を送っているが、「無視」されていると主張。「寮に引き続き住んだ期間についての、9万4000ドルにものぼる膨大な未払い寮費」を支払うよう求めている。

しかし、パーマーは、そうした法的な請求を無視しているだけではない。彼女は、大学側に支払うべき費用は何もないと主張している。パーマーはBuzzFeed Newsに対し、今後も寮に住み続けるつもりであり、そうする権利があると考えていると述べた。「この裁判を戦おうという気持ちが以前にも増して強くなっている」。そして、大学側の他の申し立てについても異議を唱えている。

特に異議を訴えているのは、「2016年の夏の間、パーマーは寮への居住が認められていなかった」とする大学側の言い分だ。彼女の主張によれば、契約書に署名し、夏の間も寮に居住することを許されたという。「私は、2016年春期の契約が切れたあとの夏も、寮に住み続けました。住居担当部署あるいはレジデンスセンターからその許可を得ていたからです。それに、2016年夏の入寮契約にも署名していました」とパーマーは語る。BuzzFeed Newsがその契約の写しを見せてほしいと依頼すると、パーマーからは「裁判や弁護士を雇ったときのために、情報や書類は公開していません」という返事が返ってきた。パーマーは現在、弁護士を探しているが、「私の期待を満たすだけの能力を持ち合わせた人は、まだ誰もいません」と言う。
Facebook / Lisa Palmer

特に異議を訴えているのは、「2016年の夏の間、パーマーは寮への居住が認められていなかった」とする大学側の言い分だ。彼女の主張によれば、契約書に署名し、夏の間も寮に居住することを許されたという。

「私は、2016年春期の契約が切れたあとの夏も、寮に住み続けました。住居担当部署あるいはレジデンスセンターからその許可を得ていたからです。それに、2016年夏の入寮契約にも署名していました」とパーマーは語る。

BuzzFeed Newsがその契約の写しを見せてほしいと依頼すると、パーマーからは「裁判や弁護士を雇ったときのために、情報や書類は公開していません」という返事が返ってきた。

パーマーは現在、弁護士を探しているが、「私の期待を満たすだけの能力を持ち合わせた人は、まだ誰もいません」と言う。

テレビ局CBS2のインタビューの中でパーマーは、未払い金を支払うつもりはないと語った。それは「現実的」ではないと主張している。

パーマーは、授業料を納められなかったため、大学側から、卒業前の1学期の履修を取りやめるよう強要されたと主張する。よって未払い金を支払う義務はない、と主張する。パーマーはCBS2に対し、「(未払い分を)完済するのは現実的ではないと思います。それに、完済すべきとも考えていません」と述べた。「新学期が来るたびに、新しいチャンスだから履修登録をしたいという気持ちになるのです」とパーマーは続けた。「寮に残って今回の裁判を戦うべきだと考えています」彼女はBuzzFeed Newsに対し、自分は「GPA(成績評価指標)が2.0以上で成績は優秀」だと強調した。これは、ハンター校が条件の1つとして挙げていた点で、そのためパーマーは2016年春に入寮することができた。
newyork.cbslocal.com

パーマーは、授業料を納められなかったため、大学側から、卒業前の1学期の履修を取りやめるよう強要されたと主張する。よって未払い金を支払う義務はない、と主張する。

パーマーはCBS2に対し、「(未払い分を)完済するのは現実的ではないと思います。それに、完済すべきとも考えていません」と述べた。

「新学期が来るたびに、新しいチャンスだから履修登録をしたいという気持ちになるのです」とパーマーは続けた。

「寮に残って今回の裁判を戦うべきだと考えています」

彼女はBuzzFeed Newsに対し、自分は「GPA(成績評価指標)が2.0以上で成績は優秀」だと強調した。これは、ハンター校が条件の1つとして挙げていた点で、そのためパーマーは2016年春に入寮することができた。

現在32歳のパーマーは、2つの仕事を掛け持ちしながら寮に住んでいると話す。そして、今後も寮に住み続け、いずれは学位を取得したいと考えている。

訴訟では、大学側の担当者とパーマーの間で、パーマーが2016年秋の時点での授業料を納めて再び履修登録をした場合は、25番街の寮に住み続けることができるという同意がなされたとしている。

大学側は、パーマーは「未払い額を支払っていないし、履修登録もまったくしていない」と主張。30日以内に彼女を強制退去させようとしている。

広告

ネット上では、大学と元学生が繰り広げる法的な争いについて、好奇心に駆られた人々が意見を述べたり議論を交わしたりしている。

Facebook: kinfolkkollective

パーマーを擁護するあるFacebook投稿は、彼女の要望が受け入れられるべきだとし、その立場を支持するよう呼び掛けている。

これに対するトップコメントは、「彼女は誰のスペースも奪っていないし、特に誰かのコストにもなっていない」という内容だ。

別のユーザーも論争に加わり、以下のように述べた。

「私はハンター校に通っていた。ハンター校はコミュータースクール(学生の大半が自宅から通う都市型大学)であり、学生の大半はニューヨーク5区の在住者だ。だから、国内の他地域からこの学校に通うために来ていて今回問題になった8人(同じく大学側から寮の退去を迫られている)は、こうしたことが出来ている。寮は空いていて、誰かに迷惑なわけではない。私は彼女に対して怒りを感じない」

また、授業料と比べると寮費はかなり高く、その妥当性に疑問を感じるというコメントもあった。

その一方で多かったのは、きっぱりとけじめをつけるべきだという声だ。パーマーは寮を出て行かなくてはならないと言い切る。

戸惑う人や、冗談を言う人もいる。

I have so many thoughts lol https://t.co/Q331rf8HN2

言いたいことしかない。(笑)

「口がうまいヤツ」にカテゴリー分けしたよ。

広告

ハンター校の広報担当者はBuzzFeed Newsに対し、「特定の法的行為については答えられない」とする一方、「当校は、在学中の学生を最優先させている」と述べた。

また「コミュータースクールにとって、学生寮は大変重要な収入源だ」とした。

訴訟の全文は以下をご覧いただきたい。

この記事は英語から翻訳されました。翻訳:遠藤康子/ガリレオ、編集:BuzzFeed Japan

BuzzFeed JapanNews

Tanya Chen is a social news reporter for BuzzFeed and is based in Chicago.

Tanya Chenに連絡する メールアドレス:tanya.chen@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.