go to content

【リオ五輪】米バスケットボール・チームはクルーズ船の上に滞在するらしい

あまりに有名だから?

1992年以来、米バスケットボール・チームは、オリンピックの選手村に滞在せず、その代わりに自宅のようにくつろげる、おしゃれで快適な場所で過ごす。

大半のアスリートたちが選手村で過ごす中、NBAのスター選手たちは、自らの人気と名声を主な理由に、別の宿泊施設に泊まる。そして、他の選手たちと離れて過ごす。

「率直に言います。米男子チームと女子チームが、選手村で過ごすことができると思う?取り囲まれちゃうでしょう。特に男子チームはね」ニューヨーク・タイムズにこう語ったのは、バスケットボール選手で、2回目のオリンピックに出場する、エンジェル・マコートリ―だ。

David Goldman / AP

クルーズ船「シルバー・クラウド」号に乗り込む米国男子バスケットボール・チームのケビン・デュラント(右)とデアンドレ・ジョーダン

マコートリ―曰く、この船は「とてもステキ」で「静か」だそうだ。

この船は、250人の警察官と防弾ガラスの壁で守られている。

一方、選手村に戻ると、アンドリュー・ボーガット(ダラス・マーベリックスでプレーする、バスケットボール選手。今年のゲームでは、母国オーストラリアの代表選手となっている)は、シャワー・カーテンをまとめている自分の画像を最近ツイッターに投稿した。

#IOCLuxuryLodging. Putting together a shower curtain so we can shower and not flood the place.

シャワーカーテンがないと、水浸しになってしまうので、いまセットできるようにしているところ。

あるリポーターが、NBAのスター選手であるカルメロ・アンソニー(彼は例の船に滞在している)に、宿泊施設の格差について聞いた。アンソニーは「2つの状況を比較」しないようにすると語った。

「選手村はいつだって、プレイヤーである僕たちが楽しみにしているものなんだ。みんなそこで過ごすことが楽しみなんだ。そこでの経験を楽しみにしている。だけど、僕たちが経験することと他の選手たちの経験とはまるで違うものなんだ」USAトゥデーによると、アンソニーはこう語った。

「船の上で過ごすというのは、僕たちにとっては大したことではないんだ。ホテルで過ごすのと変わりはないよ。同じことなんだ。僕たちはクルージングを楽しんでいるわけじゃない。港に停泊しているだけなんだ。設備はホテルで滞在するのと同じようなものだから、この議論の意味がまったくわからないよ。ベッドは大きくないし、部屋は狭い。船上にいることには不利な点もあるんだ」。

米国チームは以前、ギリシャのアテネで行われた2004年夏季オリンピックの際にも、クルーズ船で過ごした。

その際、アンソニーはその船があまり好きではなかったようで、レポーターにこう言った。「僕たちはあの船にはうんざりしてるんだ。誰にも会う機会がないからね」

その年、米国チームは銅メダルを獲得した。それは、いつもは金メダルを獲得するチームにとってオリンピック史上2度目のことだった。

史上、どのアスリートよりも多くの金メダルを獲っているマイケル・フェルプス。彼はついこの間、世界ランク一位のテニス・プレーヤー、ノヴァク・ジョコビッチに選手村でばったり会った。​

Meeting of greatness with @MichaelPhelps @DjokerNole. #SwimUnited #22medals #CareerGrandSlam

しかし、米女子バスケットボールのスター選手エレーナ・デレ・ドンが「夢のような生活」というように、船で過ごすも悪くないようだ。

Instagram: @de11edonne
友だち追加数

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss